ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

地上の王者たる「ドラゴン」がゾンビとなったもの。

ドラゴンはその気位の高さから、人間の男性を取るに足らぬ存在であると見下し、男性と交わる事なく一生を終える者も少なくはない。

そうしたドラゴンの屍に魔物の魔力が集まり、夫となる男性を見つけられなかった事への後悔や、子を成す事ができなかった未練と結びつく事で、彼女達を「ドラゴンゾンビ」として蘇らせる。

そのため『図鑑』の分類上は爬虫類の魔物娘となっているが、生態としてはアンデッドの魔物娘に近く、その精神は理性やドラゴンの誇りが腐り落ちてしまっており、生前に得られなかった人間の男性との交わりと、子を成すことを求める「メストカゲ」となっている。


その行動は理性的であった生前とは異なり本能的で、人間の男性を見つけると性への執着のままに襲い掛かろうとする。

思考は単純化し、動きは若干鈍くなっているとはいえ、魔物の中でも最上位であるドラゴンの力は健在であり、彼女達に教われてしまえば人間の身では太刀打ちできない。


なお、理性は腐り落ちても肉体の腐敗は一切発生していないが、それでも生前の引き締まった身体から、いくぶんむちむちな(良い意味で)緩んだものへと変化が見られる。

この変化した身体は(体色こそアンデッド特有の不健康なものになってしまっているが)胸やお尻は適度な柔らかさと弾力性を併せ持ち、オンナの部分は過剰に分泌されるお汁によってつゆだく状態(隠語)、それでいて感度は生前と変わらず抜群…と、オスに媚びた都合の良い身体となっている。


上記のような肉体・精神的な特性から、ひとたびオスと交わろうものならば、相手がインキュバスと化し、自身の虜となるまで(そしてそうなった後も)徹底的に搾り尽くすのみの、まさにメストカゲ同然の魔物娘であるが、こうして襲い掛かるのも搾り取るのも彼女らからすれば「最愛のオスに甘えている」だけであるとされ、思考や行動が狂暴かつ単純なだけで、つがいとなるオスに対して強い愛情を持って接しようとする姿勢は他の魔物娘となんら変わらないといえる。


仮に運よく逃げ出したとしても、アンデッドとなった彼女達は疲れ知らずとなっており、オスと認識した相手をどこまでも追い続ける。

更に、彼女達が吐き出すブレスは「腐敗のブレス」となっており、これを浴びた者はドラゴンゾンビと同様に理性や抵抗の感情が崩れ落ち、生殖本能のみで動くようになってしまう。

このブレスの効果は男性の場合は時間経過で元に戻るが、人間の女性の場合はそのままアンデッドの魔物娘へと変貌することになる。


このように極めて凶暴な性質を持つ彼女達だが、男性の方から彼女達への愛情や性欲を示すと、それを受け入れ大人しくなる。

また、伴侶を「宝物」として守ろうとするドラゴンの本能も生前より強まっており、自らの伴侶に危害を加えられるような事があれば、半狂乱となって暴れ、上述した「腐敗のブレス」を吐いて回るという。


闇文明のドラゴン微妙なバニラとの面識は無い。


関連タグ編集

魔物娘図鑑 ドラゴンゾンビ

ドラゴン(魔物娘図鑑)

ゾンビ(魔物娘図鑑) アンデッド(魔物娘図鑑)


外部リンク編集

魔物娘図鑑-ドラゴンゾンビ

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 318998

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました