ピクシブ百科事典

ドレイコ

どれいこ

ドレイコとはハリウッド映画「ドラゴンハート」に登場した赤い竜の怪獣ことである。ここではドレイコとシリーズに登場するドレイク・ドラゴについてもまとめて言及する。
目次[非表示]

概要

ドレイコとは ファンタジー映画「ドラゴンハート」に出てくる竜の怪獣キャラクターで、通称「ドレイコ」として親しまれている。作中では、最初、主人公のドラゴンキラー・ボウエンと殺し合いの戦いを演じるがその後和解、ふたりで組んで「インチキなドラゴンハント」で賞金を稼ぐことになる。二人の間には次第に強い絆が生まれ、暴君アイノン打倒の一揆に参加していくことになる。

デザイン・外見上の特徴

後頭部には8本の大きな角がありスティラコサウルスに似たデザインになっている。
顔はカルノサウルスに似たデザインとなっている。
今までの竜のデザインは首長竜のように首が細長く頭部と前足が小さいものが多かったがドレイコは獅子やグリフォンのイメージをもとにデザインされているため、頭部と前足が大きく首が太く短くなっている。
首から背中にかけて大きなとげが並んでいる。
尻尾の先はひし形で攻撃の時、鍵爪状に展開し敵を切り裂き串刺しにすることができる。
蝙蝠のような皮膜の翼にはうろこ以外に羽毛も生えており始祖鳥羽毛恐竜を思わせる。
劇中では貴族を食べた骨が歯に挟まっている描写やボウエンと一緒に晩飯に肉を焼くシーンがあるので肉食あるいは肉食に偏った雑食と思われる。

色:赤竜だが劇中では背側は褐色~赤褐色・腹側は薄茶色・各部に黒い斑点が散らばる。

キャラクター・性格

非常に思慮深く多くの知識を持っている。人語を理解し流暢に話す。もともと人間に発音できるようなきちんとした名前が無かったがボウエンに「ドレイコ」という名前を付けてもらった。ボウエンが多くの竜を殺してしまったためドレイコは最後の一匹になってしまった。(そのためドレイコを殺してしまうとボウエンはドラゴンスレイヤーとしての職を失うことになる)死んだのちに星になることを希望している。
星になるために良い行いをしたくて瀕死のアイノンに自分の心臓を半分分け与え助ける。
しかしそのためアイノンとドレイコの間に命のつながりができてしまう。
暴君アイノンを抹殺するにはドレイコ自身もまた死なねばならない運命となる。

鼻から火球・火炎攻撃を行う。
潜水し 羽を使って泳ぐことが可能である。

ドレイコの声を演じているのはナイトの称号を持つイギリスの名優ショーン・コネリーである。

ドレイコの分身たち

  • ドレイク:「ドラゴンハート 新たなる旅立ち」に登場する小竜。ドレイコの忘れ形見で面影がある。爬虫類トカゲの中にはヨアソビトカゲ(イボヨルトカゲ)・コモドドラゴンなどメスだけで単為生殖が可能な種がある。第1作劇中でボウエンに向かって「あのメスのドラゴンはお前が殺したのか、いいやつだったのに」というセリフがあるのでドレイコはオスでドラゴンはオス単体でも子孫を残せるということになる。(ドレイコは最後の竜なので繁殖のパートナーがいないことになる。あるいは死んだメスドラゴンとドレイコの間に卵が産まれてずっと休眠していたかどちらかである。)
  • ドラゴ:「ドラゴンハート 最後の闘い」に登場するドラゴン。ヤギのような2本の大きな角がある。体のいろはダークグレー。ケナー社フィギュア「レザーソードラゴン」のデザインにやや似ている。ドレイコより細身で面長な印象。背中のとげも細くてシャープである。

映画「ドラゴンハート」シリーズの構成

  • 「ドラゴンハート 新たなる旅立ち」第2作・前作の続編
  • 「ドラゴンハート 最後の闘い」第3作・舞台・設定は新規のもので続編ではない。
  • 「ドラゴンハート 〜新章: 戦士の誕生〜」第4作


関連イラスト

関連商品

ケナー社(現在のハズブロ社)からアクションフィギュアが販売されていた。
ドレイコは小サイズと大サイズ(のちにリメイクされ「エレクトリックドレイコ」として)販売された。
他にもボウエンやアイノンなどの登場人物や映画未登場のオリジナルドラゴンがフィギュアで販売された。(レザーソードラゴン・グリフォンドラゴン・メデューサドラゴンなど。)
いずれも日本国内未発売となっている。
ガレージキットとしてはソフトビニール製のものが5千体限定でモノグラム社から発売されている他、レジンキットもいくつか作成されている。

別名・表記ゆれ


関連タグ

ショーン・コネリー

この記事のカテゴリ

怪獣ドラゴン

pixivに投稿された作品 pixivで「ドレイコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73

コメント