ピクシブ百科事典

ノガッパ

のがっぱ

ノガッパとは、『妖怪ウォッチ』に登場するキャラクター(妖怪)である。
目次[非表示]

概要

CV:矢部雅史

No139
種族プリチー
ランクD
スキルさぼりじょうず(さぼったときHPが少し回復する)
好物野菜(「2」以降は寿司)
こうげきパンチ
ようじゅつ水流の術
必殺技メガ滝落とし(敵の頭上に巨大な敵を発生させ敵全体にダメージを与える)
とりつく昼寝させる(とりつかれた妖怪はノガッパみたいにすぐ昼寝をしてしまう)

水辺に住むカッパだが歩くのが好きでよく散歩をしている。疲れると水筒の水をお皿にかけてリフレッシュ!(妖怪大辞典より)

今時なカッパと言った感じの妖怪。赤い水筒をかけている。
レベル32でたびガッパ(各地で修業をする水刃使いのカッパ)に進化する。
ドロップアイテムのひとつがきゅうりと、河童らしいアイテムを落とす。

ゲームでは第5章でフナを3匹を渡すと友達になり(ちなみに釣り竿はノガッパから貰う)、クマがどんこ池でなくした指輪を探してくれる。

「2」ではカラスに取られたカンチのメガウォッチがノガッパの元に落ちてきて、それをお腹に乗せたまま呑気に眠りながら川に流されていたり、ケマモト村の川辺で釣りを楽しみたいのにモレゾウに取り憑かれて漏れそうになり釣りができないことに困っており、主人公にモレゾウ退治を依頼する。

また、元祖限定のクエスト「河童とノガッパ」では、怪魔の呪いで石化した河童を自分の石像と勘違いしており、事実を伝えてから河童を連れてくと、ノガッパとバトルすることに(すぐ倒せるけど)。河童を超える為に主人公(ケータ/フミちゃん)にイセエビが食べたいと頼み、その後は強くなるためにナギサキの海で修業することに。

ベットで7回寝て(ゲーム時間で1週間)からナギサキの海辺の洞穴に行くと、なみガッパ(サーフィンが大好きでナンパも得意なチャラいカッパ)になったノガッパがそこにいる(どうやってなった!?)。彼とバトルで勝つと友達になってくれる。

アニメ

初登場は第2話「超有名なアイツ」から。
ラーメンのお皿を河童のお皿と勘違いしたケータ達の後ろから登場。アピールをしたものの最後まで気づかれなかった(後の話で彼の妖怪メダルが出たことから、あの後友達になった可能性がある)。
「なんでそれ言っちゃうの!?」では、バクロ婆に取り憑かれても自分の秘密もそのまま正直に話す素直な正直者であることと、あまり大したことない秘密しかしゃべらないため、バクロ婆を降参させる勝因を作っている。

ちなみに、好物はキュウリではなく寿司で(河童の好物であるキュウリはあまり好きではない模様)、これがゲーム版にも影響したようで、2では好物が寿司に変更されている。

27話「新型妖怪ウォッチを手に入れろ」
行列客の一人。

33話「ホンモノはどっちだ!?」
古典妖怪の河童と勝負をするハメに。
様々な泳ぎを披露したり、好きな食べ物を食べてアピールするも、河童には邪道を指摘される。
最後の相撲では苦戦するも、普段からお皿に保湿クリームを塗っていたおかげで太陽の影響を受けにくくなっていた。これが勝因となって河童に勝利。見事ホンモノと認められた。

が、どうやらケータ達は河童のかっこよさに惹かれてしまい、自由研究においては河童をカッコイイと称し、ノガッパを「河童っぽい奴」と称するという、何とも不憫なラストで終わった。

ノガッパ「今どきの河童は、俺っす!」

81話「妖怪 あつガルル」
天野家で勝手に「あつい系妖怪パーティー」を開催したあつい系妖怪達を追い払おうとしたケータに召喚される。
しかしあつい系妖怪達の余りの熱気に、少し近付いただけであっという間に干からびてしまった。

142話「妖怪テンパるンバ」
妖怪ダンス大会の参加者として登場。暴走して髪が増殖したテンパるンバに巻き込まれる。

コロコロ版

あまりの暑さで気を失ってるところをジバニャンと出会うが、ジバニャンに水筒の水を全部飲まれるというひどい仕打ちに見舞われる。水の恐ろしさを教えるためジバニャンに必殺技の「メガ滝落とし」を喰らわそうとする。

その時の台詞が「空よ、大地よ、この世に生きとし生ける者たちよ!!オレにちょっとずつ水分を分けてくれッス!!」とまるで某アクション漫画あの必殺技を出すかの感じである。

しかし、出す直前に皿が干からびて倒れてしまう。見兼ねたジバニャンに水を与えられるが、それはよだれであった。水で元気になったノガッパはジバニャンに激怒して逆襲したのであった。

ちゃお版


関連イラスト

ひまわりとノガッパさん
66



関連タグ

レベルファイブ 妖怪ウォッチ 河童

pixivに投稿された作品 pixivで「ノガッパ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45489

コメント