ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

CV土師孝也

プリンセス・プリンシパル』の登場人物。

アルビオン王国の内務卿。

諜報・公安・警察関係に強い影響力を持ち、女王にも意見できる立場にある。

王国のスパイの総元締めであるため、彼の謀略をチーム白鳩が妨害するという展開が多い。


国民からの人気が高いものの政治的な後ろ盾を持たないシャーロットのことをお飾りであると認識しつつも、王位継承権を持っている以上いつだれが担ぎ出しても不思議ではないと警戒している。そのため日本使節団の襲撃事件に巻き込ませようと工作したり、モスクワの王族と政略結婚させようとしたり、シャーロットの通う学園内に監視を配置し動向を探ろうとするなど謀略を張り巡らせている。


「プリプリ♥秘密レポート」第十五回のQ&Aでノルマンディー公の爵位は「王族中で最も信頼のおける者に与えられる」と説明されており、ノルマンディー公も王室の一員であることが明らかになっている。

作中においても王族の家族写真に映っていることや、王女であるシャーロットを「シャーロット」と呼び、また彼はシャーロットから「おじ様」と呼ばれている事、部下のガゼルから「殿下」と呼ばれているなど、明言こそされていないものの彼が王族であることが推測できる描写がなされている。


映画版第2章で女王が公安関係の問題について「それはウィリアムの領分でしょう」と口にしていることから、おそらくこれが彼のファーストネームであると思われる。


備考

現実のノルマンディーフランス北部に存在する地方で、イングランドを征服して王となったノルマン朝初代のウィリアム1世は元々この地方を治める「ノルマンディー公」だった。その後も父の代にノルマンディーを失ったヘンリー3世が公位を放棄するまで、この爵位は代々のイングランド王に受け継がれてきた。百年戦争でイングランドが一時的にノルマンディーを奪還した際も、当時の王に受け継ヘンリー5世はノルマンディー公を再び名乗っている。

作中でのノルマンディーの歴史がどのようになっているかは不明だが、作中における「ノルマンディー公」という地位の位置づけ、およびキャラクターとしてのノルマンディー公の肉付けはこうした現実世界における歴史を参考にしたものと思われる。


関連イラスト

ノルマンディー公ノルマンディー公におびえるメアリーちゃん


関連タグ

プリンセス・プリンシパル

内務省 内務卿

関連記事

親記事

プリンセス・プリンシパル ぷりんせすぷりんしぱる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23677

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました