ピクシブ百科事典

ハルディア

はるでぃあ

ハルディアとは、小説「指輪物語」の登場人物。

概要

エルフの国ロースローリエンの国境を警備しているエルフ。物語序盤にて、国境付近にやってきたフロドアラゴルンら指輪の仲間たちと遭遇。彼らがロースローリエンを離れるまでその案内を行った。
原作での出番はこれのみだが、映画版では第一部『旅の仲間』(原作準拠)に加えて第二部『二つの塔』でも登場。より高慢な性格に変更されており、当初は指輪の仲間たちを問答無用で射とうとした。その後は、圧倒的不利な状況下で角笛城に籠っているアラゴルンレゴラスギムリやローハンの人々の救援として登場。エルフの指揮官として、押し寄せてくるサルマンの軍勢と戦った。しかし、城門を破壊して侵入してきた敵との混戦の中、ウルク=ハイに背後から斬られて死亡。

映画のピーター・ジャクソン監督によれば、彼の死は作中世界におけるエルフが不老ではあっても決して不死ではないことを示すためだったという。映画版では、仲間の一人でエルフレゴラスが一部ファンから"無双"と言われるほどの圧倒的な強さを見せていたため、なおのことエルフの死を強調する必要があったのだと思われる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ハルディア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 155672

コメント