ピクシブ百科事典

もしかして→サリマン

概要

サルマンとは、J.R.R.トールキンの神話体系に登場するキャラクター。
映画版ではクリストファー・リーが演じ、ホビットシリーズが彼にとっての遺作となった。

イスタリの長であり、白のサルマンと呼ばれる。
見た目は人間老人だが、実際は人間ではなくサウロンやバルログなどと同じマイアールと呼ばれる下級神。

サルマンはアウレに仕えているが、冥王サウロンも元はアウレに仕えていたため、サウロンとサルマンは昔から上司と部下だった可能性がある。

イスタリで最も叡智に長け(これは単純な知識の話であり、良い判断をできる点ではオローリンが一番賢かった)大きな力を持っていたが、やはりイスタリの任務の辛さに翻弄された(人間の老人の体に入れられ、飢えやケガや病気や恐怖や不安や疲れに翻弄され、神だったころの記憶も知識も経験も曖昧になり、神の力を封じられ、サウロンやモルゴスの悪影響と直接魔法で戦うことも許されない)。

ガンダルフは火薬を花火に使ったが、サルマンは火薬を兵器に使った(ヌーメノールの兵器が火薬を使ったかは不明であり、火薬がイスタリによって中つ国にもたらされたかも不明)

ヌーメノールの没落と地球が丸くなった際に力をかなり落としたとはいえサウロンは強大であり、それに加えて任務の辛さ、ガンダルフへの嫉妬などが積み重なりついには堕落し敵対(とはいっても、サウロンへの二重スパイみたいな対抗策を練っていたのは事実らしい)、最終的にホビット庄を占領したがグリマに刺され、西方世界に戻ることなくこの世を去った。マイアールなので死なないが、刺されて死んで霊体になった際、突然吹いた(マンウェの?)風によって吹き消され、サルマンは失意のまま中つ国を幽霊に近い姿でダゴール・ダゴラスまでさ迷うことになる(辛い任務の末の堕落とはいえ、無実の動植物や民を殺したため)。

ヴァリノールに帰るのを許されないまま中つ国を放浪するのは、フェアノールの息子で唯一死んでおらずシルマリルに拒絶された後のマグロールにどこか似ている。マグロールが兄弟の様に自殺したのかは不明。

彼がダゴール・ダゴラスでヴァラールに許されて正義に戻るのかは不明。

なお、青のイスタリやラダガストが最終的に堕落したかは不明であり、現時点では唯一堕落したことが確定しているイスタリである。

関連タグ

指輪物語 ロードオブザリング 魔法使い 賢者

関連記事

親記事

イスタリ いすたり

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「サルマン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「サルマン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3249

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました