2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

バルフレアを狙う賞金稼ぎのバンガ族。手下として同族のギジュー、ブワジ、リノの3人を連れている。
作中では裏でジャッジ・ガブラスに雇われていた。

バルフレアとの初対面はルース魔石鉱でラーサーが投げた人造破魔石で怯み、この隙にヴァン達はラーサーの後を追う形で逃走することになる。

その後はモブのハンター狩りをしているようでベリトの討伐(実際はハンター狩りを止める為の囮捜査用の偽依頼)に向かったバルフレア達と再会、またもや手下を連れてリベンジするも敗れ、砂海へ落下していった。
この一件で死亡したかと思われたが、続編のRWではちゃっかり生存していた事が判明。
雇い主のガブラスが死亡し、手下にも見捨てられていた所をヴァン達に捕らえられ、ストーリー後半まで強制的に仲間にされる。

その他

ファイナルファンタジー14:新生エオルゼアでは、アライアンスレイド「リターン・トゥ・イヴァリース」に手下ともども登場。
古代国家イヴァリースの伝説を追うジェミノスを人質に取り、彼が持つ手記と聖石ドゥマを強奪。しかし聖石に魅入られてしまい、リドルアナ大灯台にて鬼龍ヤズマットに変化してしまう。

元は亡国・ダルマスカ王国の銃士で、ラスラ王子とアーシェ王女(夫婦ではなく兄妹となっている)に仕えていた。しかし30年前に王国はガレマール帝国に攻め入られ、ナルビナ城塞にて死を覚悟したラスラはバッガモナンらに命じ、アーシェを逃がそうとする。しかし計画は失敗してアーシェは死亡、ラスラも戦死した。
任務を果たせなかった後悔を引きずりながら、生きる為にバッガモナン達は盗賊となる。強い自責の念と、敬愛する主君を殺した帝国に対する遺恨は消えるものではなく、聖石による幻覚に惑わされ、ついには怪物になってしまった。

彼の死後、ギジュー達はダルマスカ・レジスタンス「レンテの涙」に身を寄せる事となる。その後、続編となる武器強化コンテンツ「セイブ・ザ・クイーン」でも再登場した。


関連タグ

ファイナルファンタジー12 バルフレア

関連記事

親記事

ファイナルファンタジー12 ふぁいなるふぁんたじーとぅえるぶ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「バッガモナン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「バッガモナン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7309

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました