ピクシブ百科事典

バトルスキンパニック

ばとるすきんぱにっく

脱げば強くなるゲーム

ガイナックスが1990年に発売したゲームエロゲーでは無い(性交シーンは無い)が、全裸が惜しげもなく出てくるので、宮崎県などでは同社の『電脳学園』シリーズと並び問題となった。

裸神活殺拳なる怪しい拳法の使い手・坂東ミミに降りかかる騒動がストーリーとなっている。「裸神活殺拳」とは脱げば脱ぐほど気が高まって強くなるという、よく分からない理屈の拳法である。
なお主人公はミミではなく、ミミのクラスメイトの有川ススムという少年であるが、要は狂言回し系主人公(=傍観者)なのでストーリーにはほぼ関わらない。というかトリプル巨乳プレスだけは代われ。
なお公式扱いかは不明だが、原作者が11年後に『MSXマガジン永久保存版2』で描いた漫画によると、ミミはススム以外と結婚するも5年前に離婚、同時期にススムはミミのライバルであった宮川サキと結婚して今は2人目が生まれる所らしい。

ゲームはカード式対戦バトルとなっており、「脱衣」カードで服を脱げば攻撃力は上昇、防御力は低下する。脱いだ相手には「恥」カードを使うことで羞恥心を責め、戦意喪失させて勝利することも可能。
余談だが、当時の雑誌投稿ゲームでは本作のカードバトルを模倣した作品が人気となった。

ちなみに男でも習得可能で、ミミの師匠はジジィだったが物語開始時点で既に死んでおり、残念ながら裸身活殺拳を披露する場面は見られなかった。主人公も一度だけ戦う場面があるが、そもそも裸神活殺拳を習得していないので脱いでも強くなるわけはなかった。

関連タグ

裸身活殺拳……正しくは「裸活殺拳」。ただしガイナックスつながりで『まほろまてぃっく』に登場したのはこちら。

pixivに投稿された作品 pixivで「バトルスキンパニック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 132993

コメント