ピクシブ百科事典

目次[非表示]

経歴

1963年8月23日生まれ。ソウル特別市出身。西江大学卒。
1988年、パン映画社の演出部として業界入り。翌年、『雨降る日の色彩画』の助監督を務める。
1992年、『月は…太陽が見る夢』で監督デビュー。
2000年、長編3作目となる『JSA』が同年の最高興行記録となる大ヒット。数々の映画賞を受賞し、一躍名の知れた存在となる。イ・ヨンエイ・ビョンホンソン・ガンホらキャスト陣も売れっ子になった。
2002年に『復讐者に憐れみを』、2003年に『オールドボーイ』、2005年に『親切なクムジャさん』を発表し《復讐三部作》とする。2作目の『オールドボーイ』は日本の漫画を原作としていることから、公開時は日本でも話題となった。
2013年、『イノセント・ガーデン』でハリウッド入り。
2017年、長年の功績が認められイタリアフィレンツェから文化芸術賞「フィレンツェ市の鍵」を授与、第35回ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭では功労賞を受賞した。

人物

  • いわゆるシネフィルで、大学在学中の1983年から監督デビューまでの約9年間は映画評論家としても活動していた。
  • デビュー初期はヒットに恵まれなかったが、『JSA』を皮切りに韓国を代表するヒットメーカーとなった。その転機については1999年の短編『審判』を監督中に、出演者たちの意見を聞くようにしたのがきっかけだという。


作品

長編

『月は…太陽が見る夢』1992年
『三人組』1997年
『JSA』2000年
『復讐者に憐れみを』2002年
オールドボーイ』2003年
親切なクムジャさん』2005年
『サイボーグでも大丈夫』2006年
『渇き』2009年
イノセント・ガーデン』2013年
お嬢さん』2016年

短編

『審判』1999年
『もし、あなたなら~6つの視線』「N. E. P. A. L. 平和と愛は終わらない」2003年
『美しい夜、残酷な朝』「Cut」2004年

テレビドラマ

『リトル・ドラマー・ガール 愛を演じるスパイ』2018年

関連タグ

映画監督 / 評論家

外部リンク

パク・チャヌク - Wikipedia

関連記事

親記事

映画監督 えいがかんとく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パク・チャヌク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 183

コメント