ピクシブ百科事典

パドラ=ヌス・ユール

ぱどらぬすゆーる

RPG『ファイナルファンタジー13-2』の登場人物。

概要

声:伊瀬茉莉也

カイアスと共にいた謎の少女。ライトニングの宿敵であるカイアスの仲間と思われるが、謎に包まれている。
銀髪で、幼い少女のような声をしている。
前作のFF13では、オートクリップ内の断章中に巫女パドラ=ヌス・ユールと名前だけ登場するが、どの時代のユールなのかは不明。

カイアスと同様に劇中、何度も倒れる描写がみられるが、これはユールが同一人物ではなくそれぞれの時代に存在するためであり、その理由を彼女は「エトロの眼をさずかったわたしたちがすべてを記録し、巫女の守護者であるカイアスがすべてを集積するため」と、説明している。

一族から時詠みの力を持って生まれた女の赤ん坊は代々ユールと名付けられ容姿も似ている。彼女達は守護者と呼ばれる護衛を持つ。
しかし時詠みの力は寿命を縮め、自らの死を視てしまってもその運命を掟により避ける事が出来ず歴代のユール達は若くして亡くなっている。年齢は14~17歳の間。

シナリオアルティマニアによればユールは世界で最初の人間の生まれ変わり。時詠みの能力を授かった時からその能力を持つ限り、何度でも同じ存在として転生するため、厳密に言えば歴代のユール達は魂が同じの同一人物である事に変わりはない。ただ性格や嗜好は異なる。

•AF200の花が好きなユールは時詠みで視たセラを呼ぶスノウを子供みたいで「なんて可愛い人」と思っていた。
•AF500(巨人戦争が起きた時代)のユールは一族の掟を嫌い出奔して男に捨てられた母親に虐待されていたからか人間嫌いでカイアスに引き取られても信用できず母親も含めて皆死ねばいいと思っていた。
•他にもどの時代にも属さないユールがいるらしい。ライトニング編のDLCでセラの死の原因だとライトニングを詰り黒い靄を纏っていたユール、セラが時を変える事を時空の狭間で問い詰めるユール、ライトニングの回想でオーファンズ・クレイドルの椅子に座っていたユールがいるが別時代の人物なのか、もしくは同一人物なのかは不明。
•本編やシークレットEDのユールに語りかけるようなカイアスの台詞からしてカイアスの計画に賛同していたユールも過去に何人かいたのかもしれない。

ここからネタバレ注意

ノエルの生きていたAF700年、最後のユールはノエルの最後の仲間でもあった。守護者であるノエルにとって彼女は主としてだけでなく同じ集落で育った幼馴染でもあった。
彼女も歴代のユールと同じように時詠みの力の影響で15歳で亡くなっている。
しかし彼女の死の直前に見た希望の未来はノエルにも大きく影響し、彼に希望を持たせ、ノエルはコクーン落下を企むカイアスと戦う決意を新たにする。
ただカイアスの死により混沌が世界に解き放たれ、歴史が大きく変わってしまった事で、彼女の視た未来が無くなってしまった可能性も否定はできない。

•小説によるとAF700のユールは明るく人懐っこくてよく笑う性格だった。村人達からも愛され村人達は彼女の事を気にかけてノエルに託して亡くなっていった。ノエルが誕生日を覚えていたのは予想外の反応で、時詠みの能力の危険さについてもカイアスと共に長年黙っていてノエルが知ったのはカイアスが去った後でユールが死ぬ直前だった。またカイアスに向かってユールが「あんたに会いたくて何度も戻ってきた」という台詞、小説でのノエル視点でのカイアスとユールの事はユールはカイアスの事を思っていたんだろうとノエルは思っていたと思う。
•フラグメントの「写本:世界の終わりの空」の独白はAF700のユール。そこで彼女はカイアスが出ていった後はノエルと二人だけの世界を望んでやり直そうと思っていた。しかしノエルの望む未来を知り、その後自らの願望を改めている。ちなみに共にいるセラとモーグリの事は無視なのは何かあるのだろうか…?
•アルティマニアΩによればノエルの恋人である。

関連タグ

ファイナルファンタジー13-2 カイアス・バラッド ライトニング セラ・ファロン ノエル・クライス

pixivに投稿された作品 pixivで「パドラ=ヌス・ユール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23629

コメント