ピクシブ百科事典

セラ・ファロン

せらふぁろん

セラ・ファロンとは、RPG「ファイナルファンタジーXIII」と、その続編「ファイナルファンタジーXIII-2」のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:寿美菜子

ライトニングで、スノウの婚約者。

ファイナルファンタジー13

18歳のハイスクール学生で、大学に進学予定であった。腕に姉とお揃いのアクセサリを付け、首にはスノウとお揃いのネックレスをかけている。
サブキャラクターとしての登場のみで、パーティーキャラではない。しかしメインキャラに劣らず重要な立ち位置の人物である。姉とは対照的に明るく優しい性格をしている。
姉と二人暮らしでごく普通の生活を送っていたものの、たまたま下界のファルシのある場所へ続く道に迷い込み、ルシにされる。その後、スノウと共にパージから逃れようとするも途中で再びファルシに取り込まれ、使命が分からぬまま救出に来たライトニング達の目前でクリスタル化してしまう。
出番らしい出番がないが、回想シーンには頻繁に登場する。

ファイナルファンタジー13-2

童顔で前作からほとんど顔が変わっていないので忘れられがちだが、21歳であり、旅に同行するノエルよりも3歳年上である。
FF8のメンバーが17歳前後、FF9のガーネットが16歳、FF10のユウナが17歳→19歳、FF12のアーシェが17歳…、ときて、まさかのライトニングと共に成人女性ヒロインである。ちなみに、FF7のエアリスティファも20代。
攻略本でも”少女”ではなく、”女性”と扱われている。

職業は教師。
可憐な顔をしつつも、しっかりとした自分の意志を持った芯の強い女性なのは、ライトニング譲り。怒った顔が彼女そっくりと評されるが、怒ったセラもかなりカワイイ!

回答や反応をプレイヤーが選択するところで、ウケ狙いな回答を選ぶと、見事なまでのKYぶりを披露してくれる。
(例:この何度も復活するボスをどうやって倒すクポ〜?
→「モーグリを投げつける!!!」「クポポ〜〜〜!!!!???」)

そして、なかなかのシスコンである(前作の展開もあるから無理も無いが)。
婚約予定のまま3年経ったスノウとは、諸事情により、まだ結婚していない。未婚である。

パーティーキャラとして使用でき、モーグリに変形させて戦う。前作の戦いが終わってからはネオ・ボーダムで子供たちの教師をしており、タイムパラドックスの影響によって周囲の人々に死んだかもしくはクリスタル化したと思われているライトニングの生存をただ一人信じており、その記憶も持っている。
物語開始後にノエル・クライスと出会い、ライトニングと再会する為に彼と共に旅立つことになる。この旅で時詠みの巫女の能力である「未来を見る力」を使い果たし、命を落とす。
更に、女神エトロの心臓を宿したカイアス・バラッドがセラたちとの戦いで自らを刺したことによって世界に混沌を溢れさせてしまう。


ライトニングリターンズ

主人公は姉に代わるが、『ファイナルファンタジー13-2』で死んでしまったセラをよみがえらせることが目的となる。
ライトニングの精神世界で現れる、セラは……?

余談

『ファイナルファンタジー13』が発売されるにあたり、彼女の着ている服が「しまむらで全て買い揃えられる」と少し話題になった。

関連イラスト

祝発売!
セラ


セラ・ファロン
「橙」HAND-PAINTED  セラ



関連タグ

ファイナルファンタジー13 ファイナルファンタジー13-2 ライトニング しまむら メタモルシューター

pixivに投稿された作品 pixivで「セラ・ファロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 257138

コメント