ピクシブ百科事典

パンク(ロックマン)

ぱんく

パンクとは複数の意味があるが、ここではロックマンシリーズのパンクについて解説する。
目次[非表示]

概要

RKN.002
ロックマンワールド3にて初登場したロボット。ロックマンキラー二号機である。
名前の由来は音楽ジャンルの「パンク」から。

性格は正々堂々とした武人肌だが、全身にトゲや重装甲をあしらった凶悪なデザインのせいで誤解を受けやすい。
アクセサリー集めが趣味で、PTAが嫌い。

主な武器は回転ノコギリ状のエネルギー弾「スクリュークラッシャー」。
戦闘ではこれを投げて攻撃してくる他、自身も回転ノコギリの姿に変形して突進してくる。

ロックマンワールド5では最終ステージのボスラッシュにおいて再登場し、ロックマン10ではDLC専用の追加ボスとして登場する。

獲得武器

スクリュークラッシャー
少し高めの短い放物線を描く回転ノコギリを放つ。
射程距離は短いが消費エネルギーが少ないので連発が効き、威力も高い。弾の軌道の特性から、上方にいる敵にも対応ができる。
10ではバラードの弱点となっている。

パンクの謎

後半の4ボスを倒した後に転送装置から出たロックマンはシャッター通路の先でワイリーと鉢合わせするが、突如背後の床からパンクが掘削して登場。その隙にワイリーは逃げ出してしまい再び掘った穴に消えたパンクを追って入って行くとパンクが掘ったと思われるボス部屋に到達。ところがパンクは何故かロックマンの反対側天井から掘削して登場する。…お前、部屋作った後何処に行ってたんだ?

概要(ロックマンエグゼ)

ロックマンエグゼ3(BLACKバージョン)にて、名人の第二のナビとして登場。
トゲトゲしい見た目はオリジナルと共通しているが、腕を分銅のような形状にして伸ばして攻撃することができる。
戦闘では肩の盾に閉じ籠ってトゲトゲボール姿に変形して突撃する「マッドローラー」と「ウェイブマッドローラー」、前方からの攻撃を盾で防御しつつ腕を伸ばして相手を背後から攻撃する「シールド&チェーン」、肩の盾を投げつける「ダブルゴーラウンド」を使用してくる。
また、彼のナビチップは戦闘に勝利してもゲットできず、過去に開催されていたイベント配信でしか手に入れられない。
腕を伸ばす能力は漫画やアニメでは相手を拘束する技としても使用される。

漫画版でも名人のナビとして登場。「○○だずぇ〜〜!」といった口調で、テンションが高い。
作中で初めてロックマンとネットバトルをした時は、わざと弱い素振りを見せては「せめてサイトスタイルで倒してくれ」と懇願。それを聞き入れたロックマンがサイトスタイルに変身しようとした隙を狙って不意打ちを行い、敵への甘さやネットバトラーとしてはまだ未熟さが残る熱斗とロックマンに名人と共に厳しい指導を施した。

アニメ版では熱斗の世界のパンクは登場せず、「BEAST」にてファルザー陣営のナビとしてゾアノパンクが登場。
名人の恩師の娘である蒼木真琴が開発しているコピーロイドを狙い、彼女の元にプログラムのメールを送ってコピーロイドを完成させる。
早速コピーロイドで実体化して真琴を拘束して町中を暴れ回り、彼女に他のコピーロイドの完成させるように脅す。
コピーロイドが完成したことで用済みとして真琴を始末しようとしたが、名人に阻まれ、CFロックマンとCFブルースと戦う事になる。
鳥を思わせる姿に獣化するも、CFロックマン達の猛攻にコピーロイドのボディが耐えられず左腕を失った上に、CFブルースに空高く吹き飛ばされ、CFロックマンのプログラムアドバンス「ハイパーバースト」でデリートされた。
だが、彼の暗躍によりファルザー軍にコピーロイドの生成技術が行き渡り、後にゾアノフレイムマン事件でグレイガ軍にもコピーロイドが行き渡ってしまう。これにより、ゾアノロイドが現実世界で活動できるようになり、戦闘が激化することになった。

なお、同じロックマンキラーであるバラードエンカーはナビにすらならなかった。何故だァッ!


関連イラスト

原作バージョン

いいね!
この二体ってどことなく似てるよね



エグゼバージョン

コミケで頒布したロックマンエグゼ本表紙(お蔵入りかも)



関連タグ

ロックマン
ロックマンワールド ロックマンワールド3
ロックマンキラー ロックマンエグゼ
エンカー  バラード(ロックマン)

・名人のナビ
ゲートマンパンクケンドーマンフットマン

関連記事

親記事

ロックマンキラー ろっくまんきらー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パンク(ロックマン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7671

コメント