ピクシブ百科事典

ビリー・サイアニス

びりーさいあにす

ギリシャ系米国人、居酒屋「ビリーゴートタバーン」のオーナーで、ビリー・ゴートの呪いの関係者。

概要

1895年生まれのギリシャ系米国人。姓はギリシャ読みでシアニス。1973年没。
アルカディア県パレイオピルゴスでうまれ、7歳で渡米。居酒屋で働き、禁酒法撤廃後に自らの居酒屋を経営。一匹のヤギとの出会いをきっかけに店の名前を「ビリーゴートタバーン」と名付ける。
シカゴに移住してからずっとシカゴ・カブスファンであった。

ビリー・ゴートの呪い

1945年10月6日、デトロイト・タイガースと対戦したワールドシリーズの第4戦がカブスのホームのリグレー・フィールドで開催された際に飼っているヤギのマーフィーと共に入場しようとしたが球団側に拒否され、「ヤギがリグレー・フィールドに入場できない限りカブスは未来永劫優勝できない」という旨の言葉を言い放つ。
ちなみに、カブスはその発言以来71年もワールドシリーズに出場できず、1908年以来108年も世界一になれなかったため「ビリー・ゴートの呪い」とも評された。

関連記事

親記事

実業家 じつぎょうか

兄弟記事

コメント