ピクシブ百科事典

プリンス・オブ・ウェールズ(宇宙戦艦ヤマト)

ぷりんすおぶうぇーるず

『宇宙戦艦ヤマトⅢ』で登場した、地球連邦の宇宙戦艦。地球連邦5大州の一つ、欧州が設計し建造したと思われる戦艦である。イギリス探査船団の護衛艦として同行したものの、行方不明になってしまったという不遇の戦艦の1隻。
目次[非表示]

概要

 『宇宙戦艦ヤマトⅢ』に登場した、地球連邦所属の宇宙戦艦。欧州で建造されたと思われる戦艦で、名前もイギリス海軍戦艦「プリンス・オブ・ウェールズ」に由来する。当艦は、葉巻型の艦体をしており、やや後ろに建てられた艦橋の位置や、主砲4基の内3基が前部に配置されているなど、これもイギリス海軍で建造されたネルソン級に通じるところがある。艦首先端の下半分を切り取って波動砲を据付けたという独特のスタイルをしている。
 また本艦は、アメリカで建造されたアリゾナと違い、武装は波動砲1門に連装主砲塔4基と簡略化されており、対空火器も見受けられず簡素な印象もある為、どちらかと言うと生産性を考慮したような印象を与える。
 後の戦艦に通じるところもあり、特に艦橋の構造は類似していると言えよう。その為、プリンス・オブ・ウェールズが基本形あるいは原型になっているとも考えられる。

スペック

プリンス・オブ・ウェールズ

  • 全長、不明
  • 全幅、不明
  • 全高、不明
  • 機関、1基
  • 兵装

・波動砲×1門
・連装主砲×4基
・その他

性能

 本艦は目立った活躍もなく、どういった経緯で消息を絶ってしまったのかも明らかにされていない。
 攻撃性能において、波動砲を装備しているのは勿論、旧イギリス海軍の戦艦にある主砲の前部集中配備を継承しているようで、前部甲板に3基6門、後部甲板1基2門を装備している。ただし、アリゾナやヤマトらと比べると、その砲撃能力は劣っている印象は拭えない。しかし戦艦として平均クラスであることを考えていたとすると、寧ろ真面かもしれない。
 防御性能において、装甲自体の性能は不明ながらも、曲線も混じった傾斜装甲をしているとも考えられる。特に正面砲撃戦における、傾斜装甲の効果は絶大であると推測される。
 航行性能において、明確な描写は無い。

経歴

 地球があと1年で住めなくなるという緊急事態にあって、地球連邦政府が新惑星の探査を可決。それと同時に各国の探査船団が編成されて急遽飛び立った。その中のイギリス探査船団の護衛を担ったのがプリンス・オブ・ウェールズである。
 しかし、他の探査船団と同様、イギリス探査船団も途中で消息を絶ってしまい、本艦も行方知れずとなった。恐らくはボラー連邦の襲撃を受けた可能性が一番高いと考えられる。

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦

pixivに投稿された作品 pixivで「プリンス・オブ・ウェールズ(宇宙戦艦ヤマト)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110

コメント