ピクシブ百科事典

アリゾナ(宇宙戦艦ヤマト)

ありぞな

『宇宙戦艦ヤマトⅢ』に登場した、地球各国が建造したと思われる護衛戦艦の1隻。名前からして北アメリカ州で建造された模様。スペックはヤマトやアンドロメダに勝るとも劣らないと考えられる。惑星の探査活動中に、ボラー連邦の襲撃を受けてたようで、耐えかねて撃沈してしまった模様。復活篇ではまさかの再登場を果たしているが、こちらは同型艦の『ペンシルバニア』である。
目次[非表示]

概要

 『宇宙戦艦ヤマトⅢ』に登場した護衛戦艦の1隻で、名前からも北アメリカ州で建造した戦艦であるとされる。デザイナーは、リメイク版『宇宙戦艦ヤマト2199』で監督を手掛けた出渕裕氏。ヤマトの様なフォルムをしつつも、艦体後半部はアンドロメダの雰囲気を醸し出している為、ヤマトとアンドロメダを足して2で割ったようなデザインをしてると言えるであろう。
 武装は波動砲(拡散か収束かは不明)1門に、三連装ショックカノン主砲塔3基、三連装ショックカノン副砲塔2基を備えており、武装数から言うとヤマトと同規模である事が伺える。が、アリゾナ場合は副砲が舷側に取り付けられているために射界が広く確保されており、上下に対しても攻撃が可能である。また珍しくも煙突型の兵装がある(ミサイルではなく対空パルスレーザー砲とされる)。
 後の劇場版『宇宙戦艦ヤマト復活篇』(ディレクターズ版)では、最後においてアリゾナの同型艦が数隻登場しており、ペンシルバニアと呼ばれているのが分かった。

スペック

アリゾナ

護衛戦艦 アリゾナ


  • 全長、不明
  • 全幅、不明
  • 全高、不明
  • 機関、波動エンジン×1基、補助機関×4基
  • 武装
・三連装ショックカノン主砲塔×3基(前部に1基、後部に1基)
・三連装ショックカノン副砲塔×2基(舷側に2基づつ)
・艦首前部ミサイル(魚雷)発射管×12門(再装填可)
・煙突型パルサスレーザー砲×1基
・連装対空パルスレーザー砲×6基
  • 同型艦、「ペンシルバニア」

性能

 暗黒星団帝国との戦争以後、地球連邦の5大州がそれぞれ建造した戦艦の1隻であり、他の戦艦よりも武装率が高い戦艦でもあるのが特徴。
 攻撃性能において、先述したとおり他国の戦艦に比べて武装面ではトップに立つ。主砲と副砲の口径が如何なるものかは不明ではあるものの、その砲撃力は極めて高いと考えられる。特に本艦の場合は、正面に対する砲撃集中化が高く、主砲6門に副砲6門の計12門で狙える為、かなり強烈であると見られる。また、魚雷発射管が艦首方向に12門も配備されている。
 防御性能において、本艦は戦闘シーンが無いままボラー連邦に撃沈されてしまっているため、どエ程までに強固な装甲を有していたのかは不明である。また、本艦がヤマトに劣る点で言うと、対空火力にある。パルスレーザー機銃が6機しかなく、煙突の物も含めてたとしても、対空性能は低いと推測できる。
 航行性能において、明確な描写はなされていない。

経歴

アリゾナ

 北アメリカ州で建造、就役したとされる宇宙戦艦。地球が残り1年の内に、太陽の超新星化に巻き込まれてしまうとの結果を受けて、地球連邦政府が至急新居住となる惑星の探査に乗り出した。その探査船団を護衛する戦艦が当てられたが、このアリゾナも含まれていた。
 ヤマトの後を受けて新惑星発見の為に飛び立ったが、ここで異常事態が生じてしまう。何と船団諸共、アリゾナも消息不明となったというのである。さらに他国の船団も次々と消息を絶ってしまった。原因は不明であると考えられたものの、後にヤマトがスカラゲック海峡星団に到達した折、そこで無残な姿に成り果てたアリゾナの姿が発見されている。
 ヤマトらの調査によると、アリゾナの被弾ヶ所からはボラー連邦特有のボラーチウム100が検出された。この事から、アリゾナと船団は、ボラー連邦の艦隊による襲撃を受けたことが発覚した。同時に船団消失の原因がボラー連邦の妨害であったことも判明した。

ペンシルバニア

宇宙戦艦ペンシルバニア


 アリゾナの同型艦の1隻。何隻が建造されてきたのかは不明であるが、10隻前後は存在している模様。ペンシルバニアは、移動性ブラックホールからの避難の為に、太陽系に残る地球市民の救助に当たっていた。武装がどうなっているのかまでは詳細不明であるが、もしかしたらアンドロメダ「A12」同様に、艦橋砲に準じた砲塔を備えている可能性もある。

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦 戦艦

pixivに投稿された作品 pixivで「アリゾナ(宇宙戦艦ヤマト)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1504

コメント