ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

前身は2001年1月25日、橋本真也が設立したプロレス団体『プロレスリングZERO-ONE』。(同じ読み方)
2004年11月25日、がZERO-ONEを引き継ぐ形で『プロレスリングZERO1-MAX』設立、2009年1月1日に現在の名前に改称。

プロレスリングZERO-ONE

2000年4月7日、新日本プロレス東京ドーム大会で橋本真也小川直也との5度目のシングル戦で自身の引退をかけ、敗れ引退を表明。
しかし熱心なファンである兄弟から送られた百万羽の折り鶴をきっかけに8月に引退撤回。
10月9日、新日本プロレス東京ドーム大会で復帰後、他団体との対抗戦に意欲を燃やして新日本に団体内組織「新日本プロレスリングZERO」の設立を表明したが上層部と対立、11月13日に橋本の完全独立宣言とともに新日本を解雇される。

翌年1月25日、橋本は大谷晋二郎高岩竜一、営業部の中村祥之など自身の趣旨に賛同して新日本を退団、退社したスタッフと共にZERO-ONEを設立、橋本が代表取締役社長、中村が専務取締役に就任。
3月2日、両国国技館で旗揚げ戦を開催。ノアの協力、小川の参戦、武藤敬司が率いる全日本との対抗戦なども有り規模を拡大する。
2003年5月、テレビ東京が月1回のペースで「破壊王プロレスZERO-ONE」と題して地上波放送を開始。
2004年8月に橋本が左肩手術のため欠場するとFEG(当時「K-1」を始め「DREAM」「Dynamite!! 〜勇気のチカラ〜」などの格闘技イベントを主催)による主力外国人選手の引き抜きなどして興行不振になり、新日本との対抗戦実現を巡って橋本と所属選手、フロントとの意見対立も表面化。
11月25日、橋本は記者会見を行い活動停止を発表、この時の負債は約1億円で全て橋本が自ら被った。

最終所属選手

橋本真也
大谷晋二郎
田中将斗
佐藤耕平
崔領二
高橋冬樹
明石鯛我(現:土井一央)
高岩竜一
星川尚浩
葛西純
佐々木義人
山笠Z"信介(現:炭谷信介)
浪口修

プロレスリングZERO1-MAX⇒プロレスリングZERO1

2004年11月25日、プロレスリングZERO-ONE活動停止により橋本ら3人を除く選手とスタッフがZERO-ONEを引き継ぐ形でプロレスリングZERO1-MAX(プロレスリング・ゼロワン-マックス)を設立。運営は元社員だった中村が起こした『ファースト・オン・ステージ』。
2005年1月10日、後楽園ホールでプレ旗揚げ戦を開催、1月23日、後楽園ホールで旗揚げ戦を開催。
2008年1月、ZERO1-MAX総合格闘技部門「ランズエンド・ZERO-ONE MAX」を発足。
2009年1月1日、団体名をプロレスリングZERO1(プロレスリング・ゼロワン)に改称。ZERO1総合格闘技部門の名称をランズエンド・ZERO1に変更。
2016年10月1日、ZERO1の運営がファースト・オン・ステージからドリームオンステージに移行。

所属選手

大谷晋二郎
高岩竜一
田中将斗・・・元・FMW。
日高郁人・・・元・格闘探偵団バトラーツ
佐藤耕平
菅原拓也・・・闘龍門の8期生
火野裕士・・・KAIENTAI DOJO(現・2AW)出身
SUGI・・・闘龍門の11期生
ヤス久保田
ヒデ久保田
横山佳和
クリス・ヴァイス
岩崎永遠
北村彰基

元所属

太字は現役
葛西純(現:プロレスリングFREEDOMS所属)
村浜武洋
山笠Z"信介(現:若鷹ジェット信介、プロレスリングLAND'S END所属)
横井宏考
高橋冬樹
大森隆男(現:全日本プロレス所属)
佐々木義人
星川尚浩
高野忍(元プロ野球選手。)
浪口修
斎藤譲
柿沼謙太
高西翔太
山上康弘(プロレスリングZERO1九州)
クレイグ・クラシック(現:クラシック・キッド)
橋本大地(現:大日本プロレス所属)
夕陽(プロレスリングZERO1野良犬道場)
ジェイソン・リー(現:DRAGON GATE所属)
崔領二(現:プロレスリングLAND'S END代表)
RYO(ランズエンド・ZERO1、崔領二の実兄。現:プロレスリングLAND'S END所属)
藤田峰雄
将火怒(旧:植田直幹、植田使徒、デーモン植田)
磐城利樹
ブッファ
クリス・オンドーフ
ジェームス・ライディーン(現:ディラン・ジェイムス)
福島昇治
KAMIKAZE
ショーン・ギネス
ハートリー・ジャクソン
小幡優作

関連記事

親記事

プロレス ぷろれす

子記事

兄弟記事

コメント