ピクシブ百科事典

ペイズリー

ぺいずりー

模様の一種。植物をモチーフとした独特の曲線的な形状をしている。
目次[非表示]

概要

ペイズリーとは模様の一種である。
各種の植物などをモチーフとした、曲線的な形状であり、その形はミドリムシ霊魂などに例えられることもある。日本では「勾玉模様」「松毬(しょうきゅう)模様」と呼ばれることがある。
衣類をはじめ各種の織物に広く用いられる。

発祥はインドカシミール地方、またはペルシアと言われている。ペルシア語では「ボテ」と呼ばれていた(フランス語ではこれに従いペイズリー模様を「ボテ」と呼ぶことがある)。
もともとは樹木をそのままモチーフにした単純なデザインだったといわれるが、時代が下るにつれ、次第に複雑な模様を描き込むようになり様式化されていった。
やがて17世紀にインドやペルシアの織物がヨーロッパへ紹介されると、それらに織り込まれていたペイズリー模様は人気を博し、フランスイギリスなど各国でペイズリー柄のが作られるようになった。

名称の由来はイギリススコットランドにあるペイズリー市とされる。19世紀にここでペイズリー柄のショールが大量生産されたことから、都市の名前がそのまま模様の名前にもなったものである。

応用例

近代的な雑貨(特に低年齢層、若年層、マニア層に向けたもの)では、ペイズリー部分をひよこや髪の長い女性にするなど、様々な応用例が見られる。
ペイズリー部分の大きさにも様々なものがある。

表記ゆれ

ペイズリー柄

関連タグ

模様 パターン エスニック エキゾチック
勾玉 雫型
唐草模様 フローラル
しましまとらのしまじろう キャラの名称。

関連記事

親記事

模様 もよう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ペイズリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16842

コメント