ピクシブ百科事典

ボクはしたたか君

ぼくはしたたかくん

『ボクはしたたか君』は新沢基栄による漫画作品である。
目次[非表示]

概要

週刊少年ジャンプにて1988年50号から1990年15号まで連載。
単行本はジャンプコミックスで全5巻、愛蔵版といえるジャンプコミックセレクションで全4巻。
それなりの人気はあったが、作者の持病の腰痛の悪化で連載中断のまま終了してしまった。

あらすじ

変態少年流石したたかとその妹流石あざやかが如何彷(いかさま)市の大沢城(おおさわぎ)小学校に転入してから色々と起こる騒動を描いたギャグ作品。

登場人物

主要キャラクター

主人公。厳つい風貌とは裏腹に非常に小柄な体型。
非常に根に持ちやすい性格で、やられたらあらゆる過激な仕返しで倍返しにするとんでもない男。

したたかの双子の妹。非常識な兄に手を焼いているものの、時に自分も大ボケをかますことがある。
したたかが勝手にライバル視しているクラスの人気者。あざやかとはちょっとした恋人同士。
ヒロイン。あざやかとは親友同士で笑顔が可愛く、天然ボケな性格。クラスメイトから嫌われているしたたかに唯一好意的に接してくれる優しい女の子であり、したたかから好意を寄せられている。
粗暴な性格だが悪い性格ではなく、運動神経が良い。したたかから一の子分扱いされている。
勉強は苦手で運動音痴だが、手先は器用。アキラと共にしたたかから一の子分扱いされている。
(自称)したたかの宿命のライバル。だが、したたか本人から「一緒にされたくない」と思われている。父と二人暮らしでかなりの極貧生活を送っている。

大沢城小学校

したたか達の担任の先生。したたかやコタローといった問題児に頭を悩ませているが、自分もかなりのトラブルメーカー。

大沢城小学校校長。実はヅラで、周囲には秘密にしていたが、偶然を秘密を知ったしたたかによって全校中にバレてしまった。

流石家

したたかの父。冒険家兼フリーライター。初期では息子のしたたかとはある理由から険悪な仲だった。

したたかの姉。亡き母に代わって家事一切をこなす流石家の母親役。良識の持ち主でおっとりしている。
したたかの弟。気の弱い性格だが、クラスでいじめられた自分の為に敵討ちをしてくれた兄のしたたかを何だかんだで慕っている。
したたかの妹にして、流石家の末っ子。非常にお転婆な性格。兄のしたたかにあらゆる勝負で勝利する末恐ろしい才能と兄以上の怪力の持ち主。

その他

海の兄。自動車整備士。重度のシスコンで、妹に手出しする男には容赦しない。しとやかに惚れている。

関連タグ

漫画 週刊少年ジャンプ 新沢基栄

がきデカ:(奇面組」の頃より新沢基栄が作風などで影響を受けていた、と公言していた漫画作品。

pixivに投稿された作品 pixivで「ボクはしたたか君」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1498

コメント