ピクシブ百科事典

ボブ・マーリー

ぼぶまーりー

ボブ・マーリーとは、ジャマイカのレゲエ歌手。

概要

1945年2月6日生で、本名はロバート・ネスタ・マーリー。
イギリス軍人だった父と当時18歳の少女だったジャマイカ人の母の間に産まれる。

父が既に高齢だったこともあり早くに亡くなり、その後は母とスラムで育った。
ローティーンの頃から音楽に傾倒し、1963年にバンド「ウェイラーズ」を結成。20代頃にはラスタファリの教えを受ける。
ルーツロックレゲエの代表格として国内外で幅広い人気を得るが、一時期政治的な活動のトラブルに巻き込まれて狙撃され、暫くジャマイカを離れていた時期もある。

1978年にジャマイカに帰国、海外でもライブを行い来日公演も行った。

1980年代前後からガンを患い、ドイツで療養していたが1981年に帰国途中容態が悪化、5月11日カリブ海を臨むフロリダ州病院で36年の短い生涯を終えた。

関連タグ

レスポール:彼が使用していたのは「スペシャル」のカスタムモデル。後年ギブソンからも発売された。
エリック・クラプトン:彼の楽曲「アイ・ショット・ザ・シェリフ」をカヴァーした。

pixivに投稿された作品 pixivで「ボブ・マーリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2543

コメント