ピクシブ百科事典

マルモ

まるも

漫画「ドラゴンクエストモンスターズ+」に登場する女賢者。

概要

生まれながら強い魔力を持っていたため両親にうとまれ、いつしか「悟りの書」の中に迷い込む。
同じく勇者(DQ3)のため賢者になろうとするミルト(当作品における勇者の妻になる)と共に修行を励むが、
ルイーダの酒場に登録される「賢者」が彼女でなく自分になったため、”自分の魔力のせいで、ミルトを悲しませてしまう”と思ってしまい、賢者になることを黙って辞退。悟りを閉じて人間界に戻った。

人と付き合うのが苦手(うるさいと言う)のため、物質系モンスター(種族は後述)で固めている。
悟りの書へ迷い込んだ際、師に恵まれ、一人とはいえ良心的な友人(ミルト)もできたが、あくまで賢者としての修業を積んでいたため、人付き合いの苦手さなども重なって、モンスターマスターとしての知識を得る機会がなかった。そのため、下記のモンスターをわずかな接触時間で仲間にできるほどの才覚を持ちながら、後述の出来事が起こるまで自分がモンスターマスターである自覚すら乏しい状態で過ごしていた。

賢者の実力があるので戦えるようだが、実戦経験はほぼ無い様子。主にメラゾーマやマヒャドなどの上級呪文を使う。
ロンダルキアを模した世界に長らく、爆弾岩メタルドラゴンのろいのランプと共に引き籠っていたが、クリオとの出会いによって自らの足で再び歩き出すようになる。
この際に、邪配合によって1つに合成されたかつてのハーゴンの配下3匹を倒すべく、共にいてくれたモンスター全員がメガンテを発動して失っており、名前をつけていなかったため生き返らせる事ができなかった。

新装版の追加エピソードでは、クリオ(卵)と共に旅を続けておりその道中で「そのさきの扉」に入ったテリーと出会う。
かつての性格は払拭され、明るい表情を見せたり口数が多くなったりとだいぶ印象が違う。
作中に出てきた他国マスター(スカラベ・ヴィルト・ディノ)とは会った事があるらしい。
モンスターマスターとしての実力もかなり伸ばしているようで、多くの経験を積んだテリーにさえ「強そう」と思わせた程。

関連タグ

DQM+ ドラゴンクエストモンスターズ+ さとりのワンピース

関連記事

親記事

ドラゴンクエストモンスターズ+ どらごんくえすともんすたーずぷらす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マルモ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112866

コメント