ピクシブ百科事典

メカ・グラキエス

めかぐらきえす

メカ・グラキエスとは『ULTRASEVEN X』に登場するロボット兵器(機械生命体)の名称である。別名は巨大機械生命体。
目次[非表示]

データ

登場作品:『ULTRASEVEN X』
最終回 Episode12『NEW WORLD』登場

別名:巨大機械生命体
体長:89メートル
体高:33メートル
体重:9万トン
出身地:不明

ネタバレ
ここから先はULTRASEVEN Xに関するネタバレを含みますので、未見の方はご注意ください。

































































概要

 戦闘能力がさほど高くないグラキエス達が、自らを護るために姿を模して制作した防衛兵器。
 3機存在しており、普段は光学迷彩で姿を隠しているが敵を発見すると姿を現し、紫の糸状の捕獲光線と火炎弾で即時に排除に掛かる。
 グラキエスの本拠地がある能朱湖周辺を警護しており、「AQUA PROJECT(アクア プロジェクト)」の重要施設を破壊するためにやって来た、ジンとエレアの前にその姿を現し、襲い掛かって来た。

 フォーメーションを組み、三位一体の見事な連係プレイでULTRASEVENXの不意を突き、無敵無敗を誇った彼に、1度は勝利すると言う快挙を達成するが、この影響で眠っていたセブン本来の意識が覚醒してしまった。
 本来の力を取り戻したウルトラセブンXと再戦するも、本領を発揮した彼の前にはなす術も無く、遥か上空まで持ち上げられ、急降下で地面に叩き付けられ2機が大破、破壊を免れた残る1機も「エメリウム光線」で破壊された。

関連タグ

ULTRASEVENX

関連記事

親記事

小型集合体グラキエス こがたしゅうがったいぐらきえす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メカ・グラキエス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 364

コメント