ピクシブ百科事典

メフィラスの食卓

めふぃらすのしょくたく

特撮バラエティ番組『ウルトラゾーン』のドラマパートで放送された短編ドラマ。同作の数ある短編ドラマの中でも屈指の名作の1つに数えられている。
目次[非表示]

食事をしよう 食べたまえ

概要

特撮バラエティ番組『ウルトラゾーン』第18回のドラマパート。

地球人の心に挑戦しようとするメフィラス星人(初代と侵略の手口が似ているが同一人物かは不明)が、地球人会食を重ねることで、絆や愛情について理解を深めていくという内容になっている。

なお、メフィラスは会食をする際には地球人の言葉を話していたが、主人公の世捨て人の男と会話をする際には口元が発光するのみで声は出さず、何を話しているかは男の反応を通してしかわからないようになっている。

また、ラッキョウを食べる一幕も描写されている(その際すさまじい音を立てる。ただし、食べているところは直接的には映されていない)。

ストーリー

地球侵略を画策したメフィラスは、とある世捨て人の男と接触し、地球を引き渡すよう要求する。だが、その男は、「自分は定住していないので地球全体が自分の家」「あんたも帰る場所がないなら好きな場所に住めばいい。地球はあんたのものだ」と告げ、自身の食卓を「かつての俺のすべてがあったテーブル」「誰かと食う飯がなぜうまいのかわかったら戻るべきところへもどりな。あんたならまたやりなおせる。」と告げてメフィラスに差し出す。

メフィラスは男に言われたことを真に受け、あっという間に日本を制圧してしまう(ただし、世捨て人の男に「ここだけは勘弁してくれ」と言われたため、男の住んでいる地域の周辺には一切手を出さなかった)。しかし、男が言っていた「食事は1人より誰かと一緒に食べたほうが美味い」という言葉の真意が理解できず、それがどういうことなのかを確かめるために、男からもらった「ぱぱ大嫌い」と書かれた古い食卓を用意し、様々な人間を呼び出して共に会話をしながら食事をした。

食卓


(↑あくまでイメージです)

一人目に呼んだ若者は道に弁当を捨て(この弁当はその後世捨て人の男が拾って食べ残しを食べていた)、他人任せで生きているくせに他人などいらないと言い放った挙句、殴りかかってきたバカなDQNだったため異空間に追放する。

二人目に呼び出した総理大臣は、「国民の、子供たちの未来を奪わないでくれ」と綺麗事を並べるくせに、本来守るべき国民の一人のはずの世捨て人の男を「下賤の者」呼ばわりして見下し除外している事に欺瞞を感じ、「君では誰も救えんよ」と切り捨てて、巨大総理大臣にしてしまった。

次に赤ん坊を呼び出したが、「さすがに無理があるか」と母親である女性も後から呼ぶ。そして、彼女たちとの対話を通して、「かけがえのない家族との食にこそ価値がある」という事が男の言葉の真意であることに気付く。実はこの母子は世捨て人の男の分かれた家族(男のとその?)であり、この食卓の裏には女性が子供の頃に描いたと思われる落書きでびっしりと埋め尽くされていた。

後日、メフィラスは再び男の元を訪れて食卓を返却すると、男の言葉の真の意味に気付いたことと自分にも兄弟がいることを告げ、男に食卓の裏側を見せる。

そこには「ぱぱ大好き。帰ってきて」という新しい落書きが描かれていた。

男は驚き、「こんな自分でもまたやりなおせるのか」と感極まって泣き崩れる。
そして、メフィラスは号泣する男を見つめていた…(この時、男に何か言葉をかけていると思われる描写がある)。

スタッフ・キャスト

スタッフ

監督田口清隆
脚本:松野拓行

キャスト

世捨て人:渡辺哲
総理大臣:保積ぺぺ
弁当を捨てた男:飯田隆裕
赤ん坊:宮崎龍真
母親:奏谷ひろみ
ニュースの声:江藤博樹
メフィラス星人の声:外島孝一
スーツアクター:外島孝一、福島弘之

関連項目

ウルトラシリーズ ウルトラゾーン メフィラス星人 イイハナシダナー

pixivに投稿された作品 pixivで「メフィラスの食卓」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9927

コメント