ピクシブ百科事典

メルソティ・キューブネルラ

めるそてぃきゅーぶねるら

メルソティ・キューブネルラとは「エンジェル・ハウリング」における登場人物である

概要

先帝の第三皇子。弟帝と呼ばれている。精霊アマワとの契約者。
中肉中背で表情も皮肉交じりではあるが快活、言葉数も多い。
帝都を崩壊させるため裏で糸を引いていた黒幕の一人。
リス・オニキスマリオ・インディーゴオニキスの老人たちなど強力な部下を従える。
8年前に帝宮で精霊アマワと契約した。その際起きた火事により公式には死亡したと発表されていた。しかし実際はペスポルドの手を借りてアスカラナンに逃亡。帝都を離れてからはアスカラナン、神秘調査会の後ろ盾の元、帝都を崩壊させる計略に参加した。

コメント