ピクシブ百科事典

マレ監

まれかんまたはまれゆう

『ツイステッドワンダーランド』の登場人物マレウス・ドラコニアと主人公・監督生のCPタグ。
目次[非表示]

「お前は僕を恐れない……そんなお前を失う事が、僕は恐ろしくなり始めている…」

※ゲーム本編・イベント・カードのボイスのネタバレを含みます。

注意点

監督生の定義の問題でCPタグがtwst夢と併用出来るのか、賛否が分かれるところではありますが、監督生を夢主として扱っている人も居るのでtwst夢と併用する事も推奨しています。
版権CPとしても扱えますが、夢作品か版権CP作品か、明記する事が必要とされます。

性別設定もあれば女監督生男監督生と、解るように明記する事。
男設定の場合⇒ツイ腐テの記事も参照。

概要

監督生受けの一つで、先輩(3年生)×後輩(1年生)のカップリング。
マレウスが年齢不明の妖精族の王子にして最高身長なので、物凄い歳の差・異種族・身分差・(設定によっては)身長差……と、要素が盛り沢山である。

本編

ファーストコンタクトは第2章「荒野の反逆者」。
真夜中に目が覚めた監督生がオンボロ寮の外に出ると散歩をしていたマレウスと出逢った。
この時マレウスは「知ってしまえば後悔する」という理由で名を名乗らなかった為、その後話を聞いたグリムから『ツノ太郎』と名付けられ、監督生もそう呼ぶようになってしまった。
当然マレウスは驚くがそれを許した。
廃墟だからとオンボロ寮を気に入っていたマレウスだったが、住人の存在を知った後もよくオンボロ寮の前に現れ、監督生と会っている。
因みにマレウスは本来なら全生徒が集まる入学式やマジフト大会で監督生と出会う、若しくは監督生が本名を知る筈だったのだが前者は連絡ミスによるマレウスの欠席、後者は監督生が怪我によるトラブルで保健室行きとなった為叶わなかった。
第4章では直接会う事は無かった代わりに終盤にてリリアを通してホリデーカードを監督生に渡していた。
リリアは「何れパーティを開く時があったら招待してやってほしい」と言っていた。
差出人はイニシャルで『M・D』となっていた為、監督生は誰だか戸惑っていたのだが、敢えて『ツノ太郎』と名乗らなかったのは、何れはマレウス・ドラコニアとしての自分を知ってほしいという意志の表れだろうか…?

そして第5章……

総合文化祭前日の深厚、ホリデーウィーク突入前以来の再会を果たした。
この時監督生は『M・D』がツノ太郎であると気付く(尚、本名まで察する事は出来なかったが、後にこの話を聞いたは………)。
総合文化祭のVDCの観覧チケットを渡すとマレウスは謹んで受け取り、おやすみを言って去って行った(ちなみにこの時初めて名前を呼んでちょっと接近していた)。
リリアによると「言葉には出さんがとても喜んでいた」そうな。
そしてついに監督生がツノ太郎=マレウス・ドラコニアだと認識するが、その後も「慣れちゃった」or「ダメだった?」と言う旨の選択肢のあと、ツノ太郎呼びを続行することを許可された(尚、この時マブダチ二人他寮の人達も揃っていた中での状況で、その珍妙なあだ名を口にした途端、辺りが驚愕に包まれたのは言うまでもない)。

この「夜に人知れずに二人っきりで会っている」というシチュエーションにさながら本家の実写映画版の様だとロマンを感じてるファンが多い模様。

スケアリー・モンスターズ!

このイベントでマレウスのオンボロ寮、そして監督生への特別とも言える思い入れが観られた。
ハロウィーンイベントにてディアソムニアのスタンプラリー会場をオンボロ寮にする事を提案し通した。
『廃墟だから』という住人が居るのをお構いなしとしたような理由だったが、それには『監督生にハロウィーンを楽しんでもらいたかったから』というのもあったようだ。
それがマジカメモンスターこと迷惑ゲストの被害に巻き込まれる事態になってしまいマレウスは責任を感じ胸を痛めたのだが、ファン的には充分だったのではないだろうか。
しかしこれだけでは終わらなかった。
マジカメモンスターの脅威が去ったハロウィーン最終日のパーティにて、グリムを探してオンボロ寮の前まで来た監督生を追い掛けてきて「ナイトレイブンカレッジのハロウィーンは楽しかったか?」と確認してきた。
選択肢はあるが、監督生が肯定する旨を伝えると満足そうにし、本人も今年のハロウィーンは特別なものになった事、オンボロ寮の敷地を貸してくれた礼、監督生に最後迄楽しんでほしいという事、そして特別な挨拶を伝えて去って行った。
彼にとっては瞬きの間である筈の7日間の出来事は、トラブルに逢いつつも思い入れのある場所でまた思い入れのある人の子と過ごせたという、”特別な瞬間”だったのだろうか。
とまあ、本編以来の交流がここに来て投下されたのであり、その威力に墓入りしたファンは数知れず

ニューイヤーキャンペーン2021

七日目のニューイヤーストーリー、ディアソムニア寮が一同に会した時。マレウスは監督生に何か話したい事があったのだそうだが日を改める事に。
強烈なドラコニアンが「若様はご多忙でいらっしゃるのだ!」と叱ってきたが本人は「時間が無いというワケではない」と否定していた。
それはつまり監督生と二人きりの時に話をしたいという事だったのか……?と、新年早々また墓が増えたようだ。

誕生日(2021)

インタビューという形式で二人の対話が繰り広げられた。
マレウスの城には自分が毎年植えて育てた薔薇園があるようで、「茨の谷に来ることがあれば見せてやる」と、ナチュラルに城に招待する事を約束したり、特に何の感慨も湧かないものだった誕生日が監督生(とみんな)のお陰で楽しいと感じていたり、そもそもカードのグルーヴィー前イラストにあるその人の縁のあるアイテムが並ぶ法則性の中、ホリデーカード(本編に出たのとは絵柄が若干違う)が出て来たり、滅多な要素がこれでもかと散りばめられている。
また、別の妖精族の誕生日の話だが、彼の両親が妖精と人間の異種族同士である事が発覚した時、そういう前例があると明らかになって「未来のマレ監じゃん」「マレ監ワンチャン」「マレ監の希望じゃん」と、ファンの中では別ベクトルで盛り上がったらしい(別のCP達にも言える事だが)。

熱砂の国のアリアーブ・ナーリア

本編5章公開後初のマレウスがメインキャラになっているイベント。
監督生はカリム、マレウスはリリア(本人不在)の誘いで熱砂の国の花火大会に招待される。他の学友達も一緒だが、初めて学外で行動を共にする事になった。監督生(ついでにグリムも)は相変わらず「ツノ太郎」呼びしており、マレウスもそれを許容している。
基本的に団体行動をとっていたので今回は二人きりになるようなシチュエーションは無かったが、食べ歩きやショッピングなど観光を一緒になって楽しんでいた。マレウスが車酔いした(と勘違いした)時には袋を用意したりと監督生の面倒見の良さも描写されていた。
それだけなら普通の友達同士と変わらないが、ファンの間ではいきなり爆弾を落とす事に定評のある若様。親交を深める言い伝えがあるシルキーメロンを監督生が食べようか悩んだ時「僕と親交を深めるのが嫌だとでも?」と圧をかけてきた。ケイトがそのメロンをみんなで食べてる写真を撮ろうと提案した時は断ってるのでそれが余計に監督生への態度の違いを感じさせたようだ(このメロンの件は選択制なので、周りの反応を観る迄気付かなかったファンも居た)。グリムを交えての掛け合いには「夫婦に見えた」という声もあり、本イベントがデートそのものだと捉えられている。この花火大会の由来である身分差同士の結婚を祝した行事が舞台である事も拍車をかけているようだ。
お決まりのカードのホームボイス(グルーヴィー後)も必聴。

ホームボイス

マレウスのカードにも注目すべき点が多くある。

  • 「一緒に」というところに所有欲を感じる何かしらのお誘い文句(それも結構ある)に、角を触っても構わないだとか何かと気を許しているようなホームボイス。特に『おめかしバースデー』なんかでは何かと時間を共有したがるような台詞がちらほら。

  • 『おめかしバースデー』のホームタップにて「そんなに僕の世話ばかり焼かなくていいぞ」など誕生日パーティーを監督生に楽しんでもらいたい気持ちを大変満足そうな笑みで口にしている。若様はどれだけの墓穴を掘る気なのか?

  • (全てが監督生に向けているとは限らないが)飛行術の「後ろに乗るか?」や錬金術の「学園長より僕に訊け」という、どう聞いても気を惹こうとしてる授業ボイス。

  • 「今日も僕に会いに来たのか」とか上から目線な言い方をしつつも「今日はどんな話を聞かせてくれるんだ」と、自分自身も監督生が来てくれる事を期待していたようなログボ画面ボイス。一日一回な上ランダム選出でアルバムでボイス再生も出来ないので確認する事が困難なのがネック。

  • 上述のエピソードレベルを上げた時の意味深極まりない台詞。更には限界突破でも聞き捨てならない事を言っている。

このゲームは厳密にはそういうゲームではないのだが、なんというか……一人乙女ゲー状態。
マブダチ二人や回を追う度に接点が出来ていくその他生徒達と比べると異質で親密なこの関係は公式が最大手と言われているとか……。
話が展開されていく度に墓穴が増えていく事態に、迫りくる第7章にファン達は早くも恐れをなしている。

余談

  • 呼び方

二次創作ではマレウスの監督生への呼称が「人の子」であるという設定があるが、公式では初めて出会った時にマレウスが監督生を「人間の子供」だと認識した瞬間だけであり、それ以降は専ら「お前」呼びだった。
しかし『スケアリー・モンスターズ!』で「人の子」、第5章以降は「ヒトの子」表記でと明確に呼称として用いている。
二次設定が公式化したケースかもしれない。

  • こんなところでも…?
2021年9月ツムツムの方でこの作品とのコラボイベントが実施された。学園中を巡って生徒達に会いに行くというミッション、ラスボス(の様なポジション)を務めたマレウスが居たのはオンボロ寮。廃墟マニアなので居てもおかしくはないのだが、それ以上にファンの間では「外部作品でも公式がマレ監を推してくる」という解釈が広まっているようだ。

関連作品

【女監督生】

マレ監♀log / twst夢
【マレ監♀】『お妃オーディション!』



【女監督生/デフォルト名呼び】

【それはとても優しい竜の呪い】※なんでも許せる方向け
【マレ監♀】ちぐはぐプロポーズ!



【男監督生】

マレ監(♂)詰め#2
ツイステ ログ3



関連タグ

twst夢 ツイ腐テ 監督生受け 女主人公受け
人外×人間

関連記事

親記事

監督生受け かんとくせいうけ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マレ監」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「マレ監」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61065511

コメント