ピクシブ百科事典

リド監

りどかんまたはりどゆう

『ツイステッドワンダーランド』の登場人物リドル・ローズハートと主人公・監督生のCPタグ。
目次[非表示]

「君は不思議な子だね。みんな僕を怖がるのに、ちっとも臆さない……別に、態度を改めろと言ってるワケじゃないよ」

※ゲーム本編やホームボイスのネタバレを含みます。

注意点

監督生の定義の問題でCPタグがtwst夢と併用出来るのか、賛否が別れるところではありますが、監督生を夢主として扱っている人も居るのでtwst夢と併用する事も推奨しています。
非夢向けの版権CPとしても扱えますが、夢作品か版権CP作品か、明記する事が必要とされます。

性別設定もあれば女監督生男監督生と、解るように明記する事。
男設定の場合⇒ツイ腐テの記事も参照。

概要

監督生受けの一つで、先輩(2年生)×後輩(1年生)のカップリング。
ルールを破りさえしなければ穏やかなリドル
本編第1章では衝突していたものの打ち解けてきた現在では後輩二人と行動を共にしてる事が多い監督生を彼等と同等に見てると窺える。
トラブルメーカーのグリムに苦労してる事には共感している模様。
また、シルバーがホームボイスで「馬術部に見学に来てくれたら喜ぶだろう」と言っており、他者から見ても好意的に接しているようだ。

本編

リドル自身はグリムの印象が強すぎてか入学式を抜け出した監督生の事をあまり認識してない様子だった。
もしされてたら首を刎ねられたに違いない(監督生は魔法が使えないので意味は無いが。
魔法が使えない人間にこの手のユニーク魔法を掛けた場合どうなるのかは不明)。
本編第1章で、パーティ用のケーキを盗み食いして首を刎ねられたエースのお詫びの付き添いで"何でもない日のパーティ"に参加する事になった(アポを取る等の描写は無かったが他寮生が参加する事自体はルール違反ではないようだ)。
しかしお詫びとして用意したマロンタルトは「"何でもない日のパーティ"に持ち込む事」がルールに反したからと破棄されてしまう。
監督生はルールを守る大切さは理解してるものの、相手の気持ちも考えず押し付ける横暴な振る舞いには憤慨し、従う事を拒否した。
リドルも監督生の事を「大して魔法も使えない親から生まれてロクに教育も受けられなかった」「不憫」と嘲っていた。

第2章ではマジフト大会間近に生徒達が不審な怪我をする事件を追っていた監督生に、幼馴染みが怪我をした事を切っ掛けに協力してくれた。
この時には監督生とリドルの関係は良好なものに。
登校時にはタイが曲がっているのをその手で直していたりと先輩らしい指導もしていた。

第5章の総合文化祭当日では、運営委員として学園中の見回りをするリドル(トレイ付き)が監督生とグリムを誘っており、VDCの時間まで一緒に周っていた。
「展示に興味があるなら、一緒に来ても構わないよ」とやや上からな誘い方ではあるが第1章のあれから監督生に大分優しくなっているようだ。

ホームボイス

授業に勉強やお茶にクロッケーにエースの部活の見学など色々誘ったりしている。『実験着』では「……(予習するのに解らないところが)無いなら来なくてもいいけど」とツンデレっぽい言い訳も。
『運動着』で「運動が苦手そう」などと失礼な事を言われてムッとしたりはするが多少丸くなってるようでそれ程怒らなくはなった。
寧ろムキになってそうでないと証明しようとする。
『なりきり花婿』のホームボイスでは身の上話を聞かせてくれたり、いきなり服を捲っても(!?)驚きはしつつも怒らず穏やかに対応していた。
『見習いシェフ』ではリドルの料理を気に入ったらしい監督生を見て「君がどうしても言うならまた振る舞ってあげよう」と、やはりやや上から目線な言い方をしつつも本人も嬉しそうにしている

関連作品

【女監督生】

twst絵まとめ
ほぼリド監まとめ


センシティブな作品
リド監(顔あり)【不思議な子】



関連タグ

twst夢 ツイ腐テ 監督生受け 女主人公受け

関連記事

親記事

監督生受け かんとくせいうけ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リド監」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13577626

コメント