ピクシブ百科事典

リド監

りどかんまたはりどゆう

『ツイステッドワンダーランド』の登場人物リドル・ローズハートとその主人公(プレイヤー)のCPタグ
目次[非表示]

「君は不思議な子だね。みんな僕を怖がるのに、ちっとも臆さない……別に、態度を改めろと言ってるワケじゃないよ」


※ゲーム本編やホームボイスのネタバレを含みます

注意点


監督生の容姿や設定は作者によって異なる為twst夢と併用する事を推奨する。
性別設定もあれば女監督生男監督生と、解るように明記する事。
男設定の場合⇒ツイ腐テの記事も参照。

概要

グリムの印象が強すぎてか入学式を抜け出した監督生の事をリドルはあまり認識してない様子だった。もしされてたら首を刎ねられたに違いない(監督生は魔法が使えないので意味は無いが。しかし魔法が使えない人間にユニーク魔法を掛けた場合どうなるのかは不明)。
本編第一章で、パーティ用のケーキを盗み食いして首を刎ねられたエースのお詫びの付き添いで"何でもない日のパーティ"に参加する事になった(アポを取る等の描写は無かったが他寮生が参加する事自体はルール違反ではないようだ)。しかしお詫びとして用意したマロンタルトは「"何でもない日のパーティ"に持ち込む事」がルールに反したからと破棄されてしまう。監督生はルールを守る大切さは理解してるものの、相手の気持ちも考えず押し付ける横暴な振る舞いには憤慨し、従う事を拒否した。

第二章ではマジフト大会間近に生徒達が不審な怪我をする事件を追っていた監督生に、幼馴染みが怪我をした事を切っ掛けに協力してくれた。

ルールを破りさえしなければ穏やかなリドル。後輩二人と行動を共にしてる事が多い監督生を彼等と同等に見てると窺える。第二章では登校時、タイが曲がっているのをその手で直していたりと先輩らしい指導もしていた。トラブルメーカーのグリムに苦労してる事には共感している模様。
ホームボイスではお茶やクロッケーにエースの部活の見学に誘ったりしている。「運動が苦手そう」などと失礼な事を言われてムッとしたりはするが多少丸くなってるようでそれ程怒らなくはなった。寧ろムキになってそうでないと証明しようとする。

関連タグ

twst夢

関連記事

親記事

twst夢 ついすてゆめ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リド監」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 532618

コメント