ピクシブ百科事典

モズグス様

もずぐすさま

「ベルセルク」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:小山力也(アニメ第2作)

漫画『ベルセルク』に登場するキャラクター。
作中世界における一神教(法王教)の司教であり、異端審問官の職にある。
苛烈な審問で恐れられており、裁いた者を500人以上磔刑や車輪轢きの刑に処してきた事から、「血の経典」の異名を持つ。

普段は温厚な司教であるが、異教徒・異端者には一切の容赦がなく、怒った時は凄まじい顔芸を見せつつ経典の背で相手を撲殺する。
一方で異形の者であっても、経典に則って異端と見なされない者であれば慈悲深く扱う。
皮膚病のために迫害された者たちをもいとし子として受け入れてきたため、彼らから深い忠誠心を抱かれている。

顔の輪郭が真四角という奇怪な容貌をしているが、これは「頂礼」という全身を床に叩きつける礼拝方法を毎日欠かさず続けてきた結果。また、頂礼が原因で膝に障害を負っており、走る事ができない。

最後は使徒もどきと化してガッツと交戦。「もどき」でありながら、戦闘力は使徒と遜色なく、ガッツも追い詰められた。
本人はこの変貌を神がもたらした奇跡と信じて疑わなかった。

名前に「様」はもちろんないのだが、その特異なキャラクター性からファンが多く、彼らからは様付けで呼ばれる。

表記揺れ

モズグス

関連タグ

ベルセルク
ところ天の助 - 漫画『以下略』で似ていると指摘された。
サナギマン - 使徒もどき形態の元ネタ。ドラゴンころしの一撃を食い止め「剛力招来!! 超力招来!!」と叫ぶシーンがある。

pixivに投稿された作品 pixivで「モズグス様」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 249447

コメント