ピクシブ百科事典

ユーリ・ノルシュテイン

ゆーりのるしゅていん

ユーリ・ノルシュテインはロシアのアニメーション作家であり「映像の詩人」と呼ばれる世界的な巨匠である。
目次[非表示]

概要 

 
 1941年9月15日生まれ。少年時代から芸術家を志し、10年制中学校を卒業後に家具工場で数年間はたらき、1961年にサユーズムリトフィルム国立映画スタジオに入社する。
 入社後にロマン・カチャーノフ監督の『チェブラーシカ』などにアニメーターとして参加した後、1968年に『25日・最初の日』で監督としてデビューする。それ以降は『ケルジェネツの戦い』や『あおさぎと鶴』などのロシアの民話や伝説に基づいた作品を数多く発表するようになる。
 1975年に発表した『霧の中のハリネズミ』と1979年に発表した『話の話』は、今もなお世界的な評価を受け続けている代表作である。
 現在は30年以上前からゴーゴリの短編小説『外套』のアニメ化作業を続けているが、未だに完成していない。そのかたわらで、テレビCMや児童番組のアニメ制作も行っている。

作風


 切り紙アニメを得意としている。その製作は、もっぱらモスクワにあるアトリエで愛用品である年代物の製作機械で行われている。
 

日本とのかかわり


 たびたび来日しており、人形アニメーション作家の故川本喜八郎と親しい間柄にあった。その川本喜八郎が企画し、国内外の名だたるアニメーション作家を集めて製作された松尾芭蕉の連句アニメーション『冬の日』では開巻の句のアニメ化を任された。またアニメージュ文庫刊行の『話の話』のフィルムブックの解説は高畑勲が手がけており、こちらとも深い親交がある。
 さらには大地丙太郎の『十兵衛ちゃん2-シベリア柳生の逆襲-』に声優として出演した経験まである。

関連項目


ロシア/ソ連
ノルシュテイン:表記揺れ

pixivに投稿された作品 pixivで「ユーリ・ノルシュテイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7938

コメント