ピクシブ百科事典

目次[非表示]

cv:遊佐浩二

概要

シュテルンビルトの司法局ヒーロー管理官と裁判官を兼任している人物。
『HERO TV』内で起きた器物破損等の被害状況の諸事情を考慮して、賠償金などの判決を公平に裁く。仕事の過程で頻繁にその辺の物を壊しまくる、通称「正義の壊し屋」の鏑木・T・虎徹も度々彼には世話になっている。
他にもヒーローが犯人と面会をする際に、立ち会う事もあるようだ。

ルナティック柄……ゲフン、特徴的なカラーリングのネクタイをしている。

ちなみに実は第1話からさりげなく登場しているキャラである。

関連イラスト

裁判官
月の裁定者



関連タグ

TIGER&BUNNY 裁判官 

他の記事言語

Yuri Petrov





以下ネタバレ注意

その正体は、"殺人者"もとい"犯罪者"を死をもって裁く、ダークヒーロー・ルナティック
独自の美学や正義を持ち合わせており、ヒーロー達の正義を"実に弱く脆い"と内心では嘲笑っている。もちろん彼の「正義」はヒーロー達とは決して相容れないものである。

一応はヒーロー達と敵対する気は無いので、自分の「裁き」の邪魔さえしなければ彼の方から手出しをする事は無い。彼の立場上、ヒーロー達の正体は最初から全員を把握しているのだが、彼らをプライベートで襲ったり動きを封じたりといった事もしない。
ただし、逆に言えば自分の邪魔をするのであれば、ヒーロー達を攻撃する事にも殺す事にも一切の躊躇いは無いとも言える。

そんなヒーロー達の中でも、自身の正義を真っ向から否定して、ルナティックのヘルムを砕いた虎徹に対して並々ならぬ興味を持っている。
表向きの仕事では、それ以前から彼とは頻繁に交流していたので、元々彼には興味を持っていた可能性も高い。

ユーリの正体については、まず声優とネクタイで大体の人は察しただろう。


以下16話・25話のネタバレを含みますので閲覧には注意して下さい




















16話にて、ユーリの衝撃的な過去が明かされた。

ユーリの父親は初代ヒーローのMr.レジェンドであった。
しかし、「伝説」と呼ばれた彼もまた、中盤以降の虎徹と同様に能力の減退に悩まされており、市民からの期待と能力減退からくる不安の間で板挟みとなった結果、栄光の影で無残に歪んでいた。
他のヒーローに追い詰めさせた犯人を自分が逮捕して記録を更新するという八百長に手を出し、酒に溺れて、家庭では日常的に妻に暴力を振るう程に落ちぶれてしまっていたのである。
そんな父の姿を見たユーリは、かつて父が自分に語った「悪を見て見ぬふりをしてはいけない」「それを止められるような強い男になれ」という言葉を胸に、母を助けて、変わり果てた父を止める為に間に割って入った。
しかし、レジェンドは暴力を止めなかったばかりか、息子のユーリにまで暴力を振るおうとしたが、その瞬間にユーリのNEXT能力は覚醒し、彼はそのまま父・レジェンドを青い炎で飲み込んで焼殺してしまったのである。その際に、憎悪に満ちたレジェンドに顔を掴まれた為に、ユーリの顔面にはレジェンドの手形の火傷の痕が残った。

幻覚
ルナティック


普段は化粧で隠しているが、その痕はルナティックの仮面に模された手形と同じものである。

この事件後、ユーリが父親を手にかけてまで守った母親は精神を病んで、幸せだった頃の記憶の中に逃避し、父親を殺害した現実のユーリを「死神」と呼んで憎しみを顕にするようになった。
また、ユーリ本人も時折現れては自身を責めるレジェンドの幻影に苦しめられ続けている。

だからこそ、「悪に堕ちた父親を殺害した」という自身の行いを正当なものだったと証明する為に、彼はルナティックとなり、悪人や犯罪者達を死をもって「裁く」ようになったのである。
自身の過去の行いの象徴である「手形」のついた仮面を被り、「タナトス(死神)の声を聞け」と犯罪者達に宣告を行いながら。

当初は「タナトスの声を聞け(笑)」「グローブついてんぞ(笑)」と、なにかとネタにされがちであったルナティック=ユーリだったが、その過去や背負った十字架はあまりに重く凄惨なものであった。

その為に、現在でも彼の救済を求めているファンは多い。

一方で、純粋にヒーローだった頃のレジェンドの影響を強く受けて、自分とは真逆のヒーローとなった虎徹=ワイルドタイガーには前述した件も含めて思うところがあるらしく、能力の減退にも誰よりも早く気づいたり、データが消されていた時にはハッキング紛いの事をしてまで探したりと、傍観者としてのスタンスを崩される事が多い。

ルナティックとしては本来は夜にしか活動しない方針であるにも関わらず、虎徹が容疑者としてヒーロー達に追い詰められた際には、日中にルナティックとして助けに向かうという行動をとった。

【T&B21話】天は自ら助くる者を助く



最終回では、一度は能力減退からヒーローを引退したものの、自分の能力減退を隠さずに公にした上で、2部リーグに「ワイルドタイガー・ワンミニット」として復帰した虎徹の事を(モニター越しに)嬉しそうに微笑みながら見つめているユーリの姿が描かれた。
分かりやすい救済描写はなかったものの、父と同じように能力を失いつつありながらも、前向きにあくまでもヒーローとしての道を選び取った虎徹の姿に、多少は救われた事を祈るばかりである。

イボに当てる5秒前


ただし、彼がマーベリックを殺害した事によって、結果的にウロボロスの実態の解明を困難にしてしまったのは皮肉である。
逃げ場のなくなったマーベリックは、自身の能力を使って自身の記憶と自我を破壊してしまう(つまり廃人になってしまう)のだが、彼の記憶操作は完全なものではないので修復可能である。
つまり、虎徹の娘である鏑木楓の能力など、マーベリック自身の能力を何らかの手段で利用できれば、ウロボロスの情報を何かしら得られた可能性があったのである。

劇場版The Rising

本編後も司法局に務めてヒーロー関連の業務をこなしている。
二部リーグで奮闘するワイルドタイガー=虎徹の事を相変わらず気にかけているらしく、二部リーグを撤廃しようとするシュナイダーの方針には難色を示す場面も見られた。

終盤では、ある人物に裁きを下す為に、ルナティックとしてヒーロー達の前に出現する。
紆余曲折を経てヒーローに復帰した虎徹と激しい空中戦を展開して、互いの信じる正義をぶつけ合い、激闘の末にタイガーの猛攻によってボウガンを失って左腕も負傷する。
戦闘を中断して、そのままあえて虎徹をバーナビーが戦う現場に放り出して、成り行きを見守る事を選んだ。

そして、タイガー&バニーの戦いを最後まで見届けて逃走した。

関連イラスト

【T&B】XVIII  -THE MOON-
thanatos



上記の件もあって虎徹と一緒に描かれる事も多い

Rainy Day
とろろ



関連タグ

ルナティック 
鏑木・T・虎徹 ワイルドタイガー Mr.レジェンド レジェンドシンドロームコンビ
哀しき悪役 必要悪 ダークヒーロー

関連記事

親記事

TIGER&BUNNY たいがーあんどばにー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ユーリ・ペトロフ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ユーリ・ペトロフ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15624442

コメント