ピクシブ百科事典

ラオコーン

らーおこーん

背景の話は意外と知られていない、石膏像でお馴染みの彼。
目次[非表示]

概要

ラオコーンとは、ギリシャ神話のイリアス叙事詩に登場する城塞都市トロイア預言者である。

Laocoon


トロイア戦争の際にギリシャ側の計略を見抜きトロイの木馬内に潜む関係者を炙り出す為木馬にを投げ付けたが、直後に神が遣わせた大蛇に二人の息子共々絞殺された。
この事態を目の当たりにしたトロイアの市民は「木馬はアテナへの供物である」と云ったシノンの偽情報を信じ込み木馬を城内に引き入れる契機になったと云う。
大蛇を差し向けた神はアテナとする説が最有力であるが、作品によってはアポロンポセイドンである事もあり判然としない。

ラオコーン像

Pixivに於いてこのタグが使用されるのは、専ら大蛇に巻き付かれる彼と息子たちを象った彫刻デッサンである。

オリジナルは1506年にローマで発掘されたもので、バチカン美術館に所蔵されている。発見以降度々修復によって姿が変遷しており、大きく分けて3つのバージョンが存在する。

<
ラオコーン像模写
ラオコーンの右腕がもげている発掘当時版。胸像のモデルになりやすい
Laocoon
伸びた右腕と息子達の腕が付け足されたルネサンス
Gruppo del Laocoonte.
20世紀に発見されたオリジナルの右腕を継がれている最新版

関連作品

ラオコーン式体の洗い方

※イラストはイメージです
3巻の表紙に登場。腰にタオルを巻いてシャンプーハットを被り、風呂用の椅子に腰掛けながら頭を掻き毟っている。
当然ながら本編には一切絡んでおらず、熱心なギリシャ神話愛好家である作者の夫は激怒したと云う。

関連項目


表記ゆれ

pixivに投稿された作品 pixivで「ラオコーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35258

コメント