ピクシブ百科事典

ラゴウ

らごう

ラゴウは複数の意味を持つ。
目次[非表示]

曖昧さの回避


もしかして…ラゴゥ?

3の概要

CV:森川智之

メタルファイトベイブレード4Dのラスボス
ハデス王よりネメシスを託されたブレーダーの末裔で、その精神と力を継ぐレジェンドブレーダー。
黒き太陽の申し子と呼ばれている。

アニメでの活躍

大道寺の手引きでマヤの遺跡まで案内され、そこで最凶の破壊神と呼ばれるベイ「ディアブロネメシス」を手にする。
ネメシス完全覚醒後に太平洋からハデス王の「失われた王国」を浮上させ、その力で大自然のバランスを崩し、世界各地で天変地異を引き起こす。

その後、単身で乗り込んできた竜牙を破り、鋼銀河をはじめとするレジェンドブレーダーを圧倒し、絶望の淵に追い込むが、湯宮ケンタが竜牙の星の欠片を受け取り、レジェンドブレーダーに覚醒したことで形勢が逆転、プルートのベイ「フュージョンハーデス」が敗れた後、レジェンドブレーダーが展開した「ゼウスの結界」によってネメシスを封印される。
そしてプルートともども瓦礫の下になった。


「ありえるはずがない… まだ終わらんぞ… このままで…終わると思うなあぁぁぁ!!!!」

完全に封印されたと思われたが、「ゼウスの結界」が完成し、封印される直前に前述のフュージョンハーデスの欠片が結界に突き刺さり、封印が不完全になったおかげで結界を破り、復活。

しかし、その姿は最早ラゴウの面影を全く残しておらず、ただ全てを破壊するだけの化け物になり果てていた。

ディアブロネメシスの圧倒的なパワーで銀河達を窮地に追い込むが、諦めずに立ち向かう銀河に動揺。

最期は世界中のブレーダーの光を受け取った銀河とビッグバンペガシスの「スーパーコズミックノヴァ」に身体を貫かれ、ネメシスともども奈落に落ち、封印された。

漫画版での活躍

アニメとは設定が少し異なり、破壊神ネメシスの分身で、人の邪悪な欲望の集合体という設定。

数100年前に地球に落下した隕石から作り出され破壊と滅亡の限りを尽くすが、とある1人のブレーダーとの戦いに敗れ、地球を追放される。
悠久の時間をかけその力を蓄えながら地球に向かっていたが、アルティメットブレーダーズ準決勝の銀河とクリスの戦いのエネルギーに引き寄せられ予定より早く地球に落下する。

圧倒的な力で周囲を破壊し、挑んできた銀河にネメシスの力を見せつけ、銀河たちを含む周囲の者を滅ぼそうと必殺転技「天地崩壊(アルマゲドン)」を発動するもティティの介入で失敗。
予定よりも早く地球に来訪し力を行使し過ぎた為に一週間の眠りにつき、覚醒後は、銀河の故郷「古馬村」で対戦し、圧倒的力で一度はビッグバンぺガシスを破壊して銀河を倒す。

地球の完全破壊を目論むが、銀河の呼び掛けで集まった世界中のブレーダーの心で復活したぺガシスと究極転技「コズミックノヴァ」によって敗北し、消滅する。

使用ベイ

  • ディアブロネメシスX:D

アタック、ディフェンス、スタミナ全ての能力が高水準のベイ。
ディアボロウィールを4Dボトムと融合させることで、攻撃モードからバランスモードにモードチェンジすることが可能。

漫画版ではペガシスやレオーネ、エルドラゴをはじめとする歴代ベイの特徴を併せ持ち、力を極限まで高めることで地球全体を破壊するまで威力が増す。

アニメ版では、レジェンドブレーダーの力に加え彼らが戦ってきた全てのベイの力を持つ。

必殺転技は、上空に巨大な暗黒のエネルギーを発生させて爆発させる天地崩壊(アルマゲドン)
その名の通り、周囲全てを滅ぼし、下手をすると死人が出ると言われる威力を持つ。


3の関連イラスト

原作ラゴウ様



3の関連タグ

メタルファイトベイブレード メタルファイトベイブレード4D ネメシス
ラスボス 破壊神

pixivに投稿された作品 pixivで「ラゴウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8896

コメント