ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ラビドリードッグ

らびどりーどっぐ

『装甲騎兵ボトムズ』に登場するATの一種。 ラビドリードッグとは、「狂犬」を意味する。
目次 [非表示]

概要

TVシリーズでキリコが最後に搭乗した機体で、形式番号はX・ATH-02-DT。

ストライクドッグの改良型・量産試作型のカスタム機で、ワイズマンの人工天体内で開発された。キリコにとっては唯一の「専用機」である。


本編終盤の最終決戦のみの出撃であるため登場期間こそ少ないものの、自身の乗機を乗り捨てるのが恒例であったキリコ唯一の「専用機」であること、そしてその専用機が死んだライバルの後継機という、他のロボットアニメでは見られない関係であることから高い人気を持つ。


機体解説

ストライクドッグとの違いはセンサー系がスコープドッグの様な三連ターレット式となり、左腕のアイアンクローが大型化されている点である。

砂漠のクエント星で使用されたため、脚部はサンドトリッパーとなっている。また、バックパックには爆雷投下機能がある(ア・コバに配備されていたATH-12も同様の装備だったが、標準仕様となったのか、周囲が荒野のア・コバに合わせたセッティングなのかは不明)。

製造数自体の少なさもあってかバリエーションは少ないものの、プレイステーション用ゲーム『鋼鉄の軍勢』では雪上戦使用のATH-12-SNCフィアズリードッグが登場している。また、宇宙戦用にストライクドッグと同様のバックパックと脚部に換装することも可能だと推測される。


イプシロンのストライクドッグと同様、キリコの搭乗のみを想定したカスタム、チューニングが施されており、凄まじい戦闘能力を発揮する。ツヴァークの軍勢と共にギルガメス・バララント連合軍の大部隊を正面突破するという離れ業をやってのけた。


激しい戦いで消耗したため、今までのATの例に漏れず最後は乗り捨てられてしまった。しかし、敵に破壊されることの多かったこれまでのATとは異なり、限界まで動き続け、原型を留めたまま(左腕が破壊された程度)機能を停止。神の後継者キリコを無傷でワイズマンの元へと送り届けた。


バリエーション

ATH-12

クエントでの戦いの後、秘密結社から接収したデータを元にメルキア軍が復元し(※)、量産した機体。ストライクドッグの量産機としてはこちらが本来の姿である。


紫色の機体がOVAビッグバトル』に多数登場したが、ニーバの駆るエクルビスに呆気なくやられてしまう。機体性能は申し分ないのだろうが、流石にPS専用機には適わなかった模様。


32年後の赫奕たる異端以降には登場しないが、これにはいくつか説があり、

 1.上記のエクルビス戦の結果から性能を疑問視され、計画を白紙撤回された。

 2.開発に関わった秘密結社が元々マーティアル教団から破門されたセクションであったため、教団から横槍が入り計画を破棄せざるを得なくなった。

 3.使用されている専用の新型ミッションディスクに欠陥が見つかり、これを解決出来なかったことから生産停止になった。

 4.画面に出ていないだけで少数が量産されており、特殊部隊などで運用されている。

などがある。

 また、小説青の騎士ベルゼルガ物語』に登場するカラミティドッグは、3のミッションディスクの問題を解決して、更に本機を発展させたものという説がある。


※ DVD-BOXのブックレットでは、キリコが使用した機体について「元々ギルガメス軍が開発していた本機のデータをワイズマンが入手してキリコ用にチューンアップした」ものと説明されている。どちらにしてもTVシリーズに登場したものとOVAに登場した機体では性能に差が有るようである。また、ギルガメス軍が開発していたとしても秘密結社の持つブルーティッシュドッグストライクドッグの運用データが必要だったはずなので、上記の説明も間違いとは言えない。


関連タグ

装甲騎兵ボトムズ アーマードトルーパー

関連記事

親記事

アーマードトルーパー あーまーどとるーぱー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51192

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました