ピクシブ百科事典

ラプンツェル_ザ・シリーズ

らぷんつぇるざしりーず

ラプンツェル ザ・シリーズとは、ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」のその後を描くテレビアニメシリーズ。前日譚のディズニーチャンネルオリジナルムービー「ラプンツェル あたらしい冒険」から短編映画「ラプンツェルのウェディング」の直前までのストーリーを描いている。
目次[非表示]

概要

「ラプンツェル ザ・シリーズ(Tangled: The SeriesまたはRapunzel's Tangled Adventure)」とは、ディズニー映画塔の上のラプンツェル」の続編であるアメリカテレビアニメ。通称「ラプザ」。
日本ではディズニー・チャンネルにて2017年8月11日に放送開始。Dlifeでも同年から放送された。2020年4月5日からはテレビ東京ディズニー・サンデーにて放送されている。

映画のその後から短編スピンオフ「ラプンツェルのウェディング」までの空白期間を補填するストーリーであり、アートスタイルは貼り絵調の2D風アニメーション。
殆どの声優陣が英語版・日本語版共に映画から続投し、挿入歌も引き続きアラン・メンケングレン・スレイターが全て描き下ろしている。
映画に参加した伝説的アニメーターのグレン・キーンの娘クレア・キーン(ラプンツェルが描いたイラストを担当した事で知られている)が、映画と同様にビジュアルプロデューサーで参加している。

ラプンツェルの故郷コロナ王国が舞台の本作では、金色の髪が一時的に復活。
新キャラクターにもう一人の主人公の侍女兼護衛カサンドラなどが追加され、映画で明かされなかったラプンツェルの髪の力の秘密と王国をめぐる波乱万丈のストーリーが展開される。
同時期に公開された「アナと雪の女王2」との共通点も指摘されている。

あらすじ

ラプンツェルとフリン改めユージーンがコロナ王国に帰還して6ヶ月後。
家族とお城で暮らし始めたラプンツェルだが、王族のしきたりになじめず、今までのように自由に外に出られずにストレスを貯めていた。
そんな中、お城での幸せな結婚生活に舞い上がるユージーンに突然プロポーズをされて激しく動揺してしまう。
心配した侍女カサンドラの誘いでお城から抜け出してコロナの壁の外に連れ出されたラプンツェルは、「太陽のしずく」があった場所で光り輝く謎の黒い岩を見つける。
ラプンツェルが黒い岩に触れると、切ったはずの髪がまた伸びてしまった。

髪が復活したラプンツェルはユージーンとカサンドラと一緒に悪者からコロナ王国を守り、日常を送っていく。
しかし、謎の黒い岩は少しずつコロナ王国を覆い始め……

登場人物

ラプンツェル
(吹き替え:中川翔子/英語:マンディ・ムーア)
コロナ王国のはだしのプリンセス。本作ではビーズの髪留めを使っている。自由と冒険を求める18歳。
アリアナ王妃にもらった絵日記をつけている。好物はピンク色のカップケーキ。レモネードが苦手(性格の不一致)。
天真爛漫で意志が強く友達思い。長い間塔の中に閉じ込められていたため、好奇心旺盛で世間知らず。時には心ならず友達を傷つけてしまうこともある。
復活した金色の髪は、癒しの力が消えた代わりに物理的な切断が不可能になり、防御と戦闘に活用している。
髪の長さは70フィート(約21メートル)。
美術と音楽方面の才能は勿論、超人的な身体能力と戦闘センス、電気工学と物理の知識を持ち、王国の法律を全て暗記する天才肌。
フレデリック国王に過保護に扱われるのが不満。
王女で次期女王の責任に押しつぶされそうになりながら、ユージーンやカサンドラと苦難を乗り越えていく。

ユージーン・フィッツハーバート
(吹き替え:畠中洋/英語:ザッカリー・リーヴァイ)
ラプンツェルの恋人でよき理解者。約24歳。元大泥棒のフリン・ライダーだが、ラプンツェルを救った功績でお城に居候中。雪が大嫌い(女王のつとめ)。
ガサツでお喋りでナルシストなお調子者だが、ラプンツェルを人生の全てと断言してずっと傍で支えることを誓っている。今はプロポーズの返事を待っている(あたらしい冒険)。
将来の義父フレデリック国王達に信頼されようと奔走しており、シーズン1では衛兵に犯罪者の手口を教える講師に就職(衛兵フィッツハーバート)。
かつてはランスと大陸を旅して盗みを働き、器用でフランス語に堪能。未だにお尋ね者の地域が存在する(ピンコスタの目)。
シーズン2ではラプンツェルの髪の謎を紐解く冒険に同行し、自らの思いがけない過去に遭遇する。
英語版ではラプンツェルを「ブロンディ」「サンシャイン」と呼んでいる。
カサンドラには「フィッツハーバート」と呼ばれる。

カサンドラ
(吹き替え:園崎未恵/英語:エデン・エスピノーザ)

カサンドラ


衛兵隊長の娘。ラプンツェルの頼れる侍女兼護衛。ラプンツェルの4歳上の22歳。訓練したフクロウを飼っている。
ラプンツェルと正反対の性格で、クールで勇敢な皮肉屋の美女。努力家で忍耐強く責任感があり、意外と子供っぽいところも。趣味は武器収集。
ユージーンとの共通点はラプンツェルにぞっこんなこと(Dch公式CM)で、嫌いなものはラプンツェルとユージーンの関係。よってユージーンとは犬猿の仲で口喧嘩が絶えない。
9歳の頃から衛兵隊と訓練を積んだ武術の達人で、ラプンツェルと行動を共にできる唯一の存在。父親の言いつけで侍女をしているが、本当は衛兵として活躍して父に認められたいと思っている。
特別な存在として評価されているラプンツェルに劣等感を感じている(勇者の挑戦)。誰にも言えない過去を持つ(カサンドラ対ユージーン)。ラプンツェルとは初めての女友達同士(はじまり)。
英語版ではラプンツェルと「ラプ」「キャス」と呼び合っている。

パスカル

★


ラプンツェルの大親友のカメレオン。
ユージーンには「カエル」と呼ばれている。
幼い頃に母親を毒蛇に食べられ、自分も噛まれて塔に流れ着き、ラプンツェルの髪の魔法に救われて一緒に暮らしていた(パスカルの物語)。
新しい友達ができたラプンツェルに蔑ろにされていると感じ、ちょっとした復讐をする(パスカル国王)。

マキシマス
お城の警備を仕切る衛兵隊の白馬。愛称はマックス。
カサンドラの愛馬フィデラに恋をしている。ライバルは黒馬のアクセル(マックスの敵)。
好物のリンゴを目にすると、我を忘れてしまいがち。
コロナ王国の法律書を暗記して持ち歩いている(マックスとユージーン大海の冒険)。

フレデリック国王
(吹き替え:狭山陽規/英語:クランシー・ブラウン)
ラプンツェルの父。国民思いの国王だが、ラプンツェルには過保護で頑固。軍隊の訓練を受けている。
ラプンツェルを二度も失うことを恐れ、何度もお城の中に閉じ込めようとした。
ラプンツェルを連れ帰ったユージーンを評価している(国王のいたずら)。
実は「太陽のしずくを抜き取ると闇が目覚める」と警告されていたが、アリアナ王妃とラプンツェルを救うために従わなかった(太陽のしずくの力)。
若い頃は運動音痴で卵収集が趣味だった(王と王妃の思い出)。

アリアナ王妃
(吹き替え:斎藤恵理/英語:ジュリー・ボーウェン)
ラプンツェルの母。聡明で冷静沈着なラプンツェルのよき理解者。
過保護な夫を嗜めており、ラプンツェルに心のまま生きるよう諭して日記をプレゼントした(あたらしい冒険)。
ユージーンによれば性格が読めない。盗賊時代のユージーンに襲われた過去がある(昔の友達)。
若い頃はラプンツェルと同様に活発で好奇心旺盛だったようで、妹ウィローと一緒に冒険をしていた(ウィローの旅)。

ヴァリアン
(吹き替え:内匠靖明/英語:ジェレミー・ジョーダン)

ヴァリアンくん


発明家の天才少年。14才。本人曰く「魔法じゃなくて魔術」。助手はアライグマのルディガー。
ラプンツェルの髪を調べている。フリン時代のユージーンのファンで「ライダーさん」と呼んでいる。今はカサンドラに夢中(髪のひみつ)。
人の役に立つ発明をして父親のクィリンに認められたがっているが、失敗を繰り返して悪い噂を流されてしまい焦りを感じている。
色々背伸びしたいお年頃。発明スイッチが入っている時はマッドサイエンティストじみた高笑いをする。
カサンドラとは同じ悩みを共有する友達で、黒い石から作った元素にカサンドリウムと名付けてプレゼントする(夢の発明品)。
英語版ではカサンドラを「キャシー」と呼ぶ。

ランス・ストロングボー
(吹き替え:田中美央/英語:ジェームズ・モンロー・アイグルハート)
ユージーンの孤児院時代からの親友で、8年前に男爵に裏切られて投獄されるまでは大泥棒コンビとして活動した(昔の友達)。
本名はアーンワルド・シュニッツェル。
陽気で根は優しい小悪党。子供と小動物が好きでクモを怖がっている。
ユージーンと再会してからは泥棒から足を洗い、アッティラの代わりに「アヒルの子」のコックに就職する(小さな大泥棒)。
シーズン2でもラプンツェルの旅に同行した。
人前で歌うのは苦手(迫りくる恐怖)。

ビッグノーズ
(日本語:石原慎一、英語:ジェフリー・タンバー)
「アヒルの子」の常連の元犯罪者。
恋人に沢山書いている詩を語りだすと止まらない。

アッティラ
(日本語:多田野曜平、英語:スティーブン・ブルーム)
「アヒルの子」の常連の元犯罪者。
念願のパン屋をオープンするが、ひょんなことから冤罪を着せられてしまう(プリンセスの事件簿)。

ショーティー
(吹き替え:多田野曜平/英語:ポール・F・トプキンス)
神出鬼没の年齢不詳の老人。本人曰く「まともじゃない」。
シーズン2のラプンツェルの冒険にも同行した。

フックフット
(英語:ジェフ・ロス)
ピアニストとして世界を飛び回っているフックハンドの弟で、左足がフックになっている。
実はプロのダンサーを目指している(兄弟の夢)。
シーズン2ではラプンツェル達の冒険に同行し、人魚のセラフィーナと恋に落ちる(フックフットの物語)。

警護隊長
(吹き替え:藤沼建人/英語:MC・ゲイリー)
衛兵隊の隊長でカサンドラの父。部下の名前はピートとスタン。
犯罪者を憎む王国の忠実な兵士。カサンドラに過保護で衛兵の仕事をさせることには消極的。
ユージーンを認めておらず泥棒時代の「ライダー」と呼んでいたが、衛兵の仕事を手伝った功績を認めて本名「フィッツハーバート」に改めた(衛兵フィッツハーバート)(小さな大泥棒)。

モンティおじさん
(吹き替え:西村太佑/英語:リチャード・カインド)
王国中の人気者の菓子屋の店主。
誰にでも気さくで優しい人格者。ただしラプンツェルについては伝統を壊すからと嫌っており、ラプンツェルも悩んだ末にモンティを嫌うことを選択する(みんなの人気者)。

アングリーとレッド
(英語:ヴィヴィアン・ヴェンサー&ルビー・ジェイ)
「見えない襲撃者」と呼ばれる大泥棒の孤児コンビ。アングリーとレッドはランス発案のあだ名。アングリーは勝ち気で疑り深く、レッドは無口でおとなしい。
男爵の宝物を盗んで追われていたが、衛兵の仕事で身元を預かったユージーンとランスに救出され、盗んだものを返して一度王国を離れる(小さな大泥棒)。
本名はキーラとカタリーナ(オオカミ男の呪い)。

ザビエル
(英語:アドウェール・アキノエ・アグバエ)
王国の鍛冶屋。歴史や伝説に詳しい。
ユージーンとカサンドラの口喧嘩に悩むパスカルとマックスに性格を変える薬を授けた(性格の不一致)。
ラプンツェルたちにデマニタスの伝説と彼が作った天気を変える機械を教える(女王のつとめ)。

ミセス・クローリー
(吹き替え:/英語:パット・キャロル)
お城の掃除婦のおばあさん。
常に不機嫌。好きなものは平穏と静寂。

マザー・ゴーテル
(吹き替え:剣幸/英語:ドナ・マーフィ)
故人のため回想にのみ登場。
かつてラプンツェルを塔の中に閉じ込めた悪人で、ラプンツェルのトラウマ
デマニタス卿を突然裏切った三人の弟子の一人がゴーテルに酷似している。

レディ・ケイン
(吹き替え:壹岐紹未/英語:ローラ・ベナンティ)
ラプンツェルを誘拐されたフレデリック国王が警備を強化し、こそ泥の父が捕らえられて二度と帰らなかったため、王家を憎んでいる(あたらしい冒険)。

アンドルー
(吹き替え:/英語:ディーン・ウィンターズ)
コロナ王国に併合されたかつての敵国サポリアの生き残り「サポリアの分離主義者」のリーダー。
ユージーンが敗北感を感じるイケメン。
コロナ王国に伝わる「エルツ・デゾンの日記」を狙ってカサンドラに近づいた(カサンドラの秘密)。
英語版ではカサンドラを「キャシー」、ラプンツェルを「ラプ」と呼ぶ。

トレヴァー国王
(吹き替え:内田直哉/英語:ブラッドリー・ウィットフォード)
隣国エクイス王国の国王。フレデリック国王のライバル。アザラシのトレバー二世を溺愛している。
フレデリック国王に「コロナよりエクイスが上」とたびたびいたずらをふっかけている(国王のいたずら)。
アリアナ王妃に片思いしている(国王と王妃の思い出)。

スタビントン兄弟
(吹き替え:飯島肇/英語:ロン・パールマン)
ユージーンへの復讐の機会を伺っている犯罪者。
ラプンツェルがユージーンとカサンドラを仲良くさせようと閉じ込めた牢獄の真下に収容されていた(カサンドラ対ユージーン)。
ユージーンを「ライダー」と呼んでいたが、ついに「ユージーン」に改める(父と息子)。
過去のスタビントン兄弟の体に閉じ込められたラプンツェルとパスカルが、ティーンエージャー時代のユージーンとランスと冒険をした(過去への旅)。

男爵
(吹き替え:/英語:ランス・ヘンリクセン)
泥棒時代のユージーンの雇い主で、ヴァルダロスを支配する犯罪者の大物。
側近はイタチのアンソニー。遅効性の毒を持つクモを飼っており、裏切り者をじわじわと苦しませて始末する。
ヴァルダロスに到着したユージーンとランスをさらい、ランスを毒グモで刺して解毒剤と引き換えにユージーンに娘との結婚を強要する(コロナの壁を越えて)。

スタリアン
(吹き替え:/英語:イヴォンヌ・ストラホフスキー)
ユージーンの元婚約者で男爵の愛娘。セクシーな茶髪の美人泥棒。
かつてのユージーンの犯罪のパートナー。
泥棒フリン・ライダーとしてユージーンに惚れ込んでいたが、結婚式の日に置き去りにされてしまう。

ベック
(英語:ブリット・ロバートソン)
ヴァルダロスに住む詐欺師の少女。
男爵の手下に金を貰ってユージーン達を騙したが、ラプンツェルに頼まれてユージーンの救出を手伝う(コロナの壁を越えて)。

クエイド
(英語:レグ・E・キャシー)
ヴァルダロスの伝説の保安官。
泥棒時代のユージーンとランスを最初に捕まえた。
住民の裏切りで男爵に町を奪われてしまい、引退して蜂を育てていた(クエイドの帰還)。

アディラ
(吹き替え:塩田朋子/英語:ケリー・ヒュー)

[Disney] TTS-Dark kingdom trio

(画像中央)
黒い岩の剣を操る謎の女戦士。カサンドラも敵わないほどの戦闘能力とユージーンも敵わないほどのサバイバル能力を持つ。
カサンドラには警戒されているが、ランスには「背の高い天使みたいな魔女」と呼ばれて一目惚れされている。
コロナ王国を旅立ったラプンツェルたちに巻物の欠片を渡し、「闇の王国」へと導く(コロナの壁を越えて)。
気管支炎を患っている(帰らずの森)。

ヴィゴール
マダム・カナルディストに飼われている猿。
未来予知の力を持っているが、曖昧で理解が難しい(預言者ヴィゴール)。
映画のエンディングにも登場している。

デマニタス卿
遥か昔に存在したコロナ王国の伝説の科学者。
天気を変える機械を作ってザン・ティリが起こした吹雪を止めた(太陽のしずくの力)。
「太陽のしずく」と「月の石」の秘密にまつわる巻物を記していたが、その力が悪用されることを恐れて巻物を4つに分断した(コロナの壁を越えて)。

ザン・ティリ
遥か昔、コロナ王国を滅ぼそうとした悪の魔法使い。
「大いなる木」の力を自分のものにして大暴れしたが、デマニタス卿の魔法の槍で大いなる木の力を封印された(ラプンツェルと大いなる木)。
現在はデマニタス卿に退治されて異世界に追放されている。

ヘクター
(吹き替え:/英語:キム・コーツ)
闇の王国に仕えるブラザーフッド騎士団のメンバーで、アディラの元仲間。サイと二匹のジャコウネコを飼っている。
エドマンド国王の命令に従い、闇の王国に近づく者を攻撃する(ラプンツェルと大いなる木)。

エドマンド国王
(吹き替え:/英語:ブルース・キャンベル)
「太陽のしずく」と対になる「月の石」を守っている闇の王国の国王。
世界を守るために「月の石」の秘密が漏れないよう守護していた一族の末裔。
25年前に月の石を破壊しようとして闇の王国を崩壊させてしまい、誰も闇の王国に近づかせないようにした(コロナの壁を越えて)。

関連イラスト

魔法の花
ザ・シリーズ



別名・表記

ラプンツェルザシリーズ ラプンツェル・ザ・シリーズ Tangled_The_Series

関連タグ

海外アニメ ディズニー 塔の上のラプンツェル カートゥーン

外部リンク

ラプンツェル ザ・シリーズ|ディズニー・チャンネル - ディズニー公式サイト
ディズニー・サンデー ラプンツェル ザ・シリーズ テレビ東京アニメ公式 - テレビ東京公式サイト

関連記事

親記事

塔の上のラプンツェル とうのうえのらぷんつぇる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ラプンツェル_ザ・シリーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9883

コメント