ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:ドナ・マーフィ(日本語吹替:剣幸)

ディズニー映画塔の上のラプンツェル』に登場する女性。主人公・ラプンツェルが暮らすに出入りできるただ一人の人間
塔に出入りする時は歌うように彼女に語り掛けて長い髪を下ろしてもらい、それを昇降機代わりに使っている。

外の世界に憧れるラプンツェルには歌を交えて"外の世界がどんなに恐ろしいことに満ちているか自分が娘をどれほど大事に思っているか、そしてラプンツェル自身がどんなに無力か"などと言い含め、彼女を塔から出すのを避けている。本人が言うように娘が心配だからか、それとも何か隠し事があるのか…。

「また来るわね、私のお花ちゃん!」



その本性、そして末路











以下ネタバレ注意








「そうやって私を悪者にするのね。──だったらなってやるわよ」

わかってね お母様はいつでも



実は彼女とラプンツェルの間に血の繋がりは無く、全くの他人である。その正体は太陽からこぼれ落ちた滴によって誕生したという「どんな病気や怪我も治す金色の花」の力で何度も若返り、生き続けてきた魔女。本作のディズニーヴィランズ(といっても冒頭に登場しているため、その正体は丸わかりなのだが…)。
ちなみに実年齢は400歳。

“金色の花”を誰にも見つからないように隠して独り占めし、長年に渡って若さと美貌を保ち続けた。
ある日、ラプンツェルを身籠った王妃が病気を患い、魔法の花を探していた国中の人々によって花が見つかり、摘まれてしまう事態が起こる。 
そこで、ゴーテルは"金色の花"の力を髪に宿して生まれた王女・ラプンツェルの存在を知り、城に忍び込んだ。
最初は髪の一部を切ったが、髪を切った途端に力が失われてしまったため、ラプンツェルを誘拐してしまう。
そして、18歳になった彼女が逃げ出すまで、塔に閉じ込めて世話をしていた。

母親と偽ってラプンツェルを育てたのも、その髪に宿った花の能力を利用するためだった。ラプンツェルの髪の毛が一房だけブルネットになっているのは、上記のようにゴーテルが切ったため。
城に忍び込んだ描写から、元々誘拐するつもりではなく、髪の毛だけを回収して立ち去るつもりだったようだ。
尚、ゴーテルは度々ラプンツェルにキスしている描写があったが、キスしているのはあくまで髪の方であって、一度も額にした事はない

ラプンツェルの髪を梳かすのが日課で、彼女を時々「お花ちゃん」と呼ぶのも、実の娘のように可愛がっているというよりは“金色の花”の代用品として見ているため。
『塔の外には怖い人がいるのよ』『髪の力を狙っている悪人から守っている』等と言っていたが、全てブーメラン発言である。既に内容を知っているものからすればギャグで言っているかと思っただろう。

18歳の誕生日を迎えたラプンツェルに入手に3日かかる絵の具の材料をねだられるが、しばらくしてラプンツェルが塔から消えたことに気付く。
塔の中でラプンツェルのティアラとフリンの手配書を見つけ、フリンに裏切られたスタビントン兄弟を利用することを思いついた。
ユージーンの本名を明かしたフリンに髪の秘密を打ち明けたラプンツェルにティアラを突きつけ、彼の愛を試せと迫るが、兄弟を利用して改心したユージーンを船に磔にして衛兵に送ってしまう。
ラプンツェルにはユージーンがティアラを持って逃げたと偽り、自身が教えた髪の力を狙う兄弟からラプンツェルを助け、娘の安否を心配して駆けつけた演技をして彼女の連れ戻しに成功した。
こうして、ラプンツェルに信用できるのはお母様だけと錯覚させて依存させる筋書きを仕立て、これまで通りの生活に戻ったかに見えた。

しかし、塔に戻ったラプンツェルは鏡の前でティアラを被った記憶を思い出す。
塔の壁に描いた太陽に王国の紋章を重ね、ユージーンとの冒険で見た王家の肖像画と図書館のディズニープリンセスの物語、誘拐される前の記憶を繋げて自分の正体に気付いた彼女は、ゴーテルに誘拐・幽閉されて髪の力を利用されていた真実に辿り着いた。
ラプンツェルに問い詰められたゴーテルは罪を認めず、ラプンツェルに拒絶の意思を示され、上記の台詞を口にして彼女を強制的に監禁する

ラプンツェルを助けに来たユージーンをおびき寄せ、鎖に繋がれた彼女に困惑している彼を背後からナイフで突き刺し、逆らったラプンツェルを責めて逃亡を図るが、「彼を助けさせてくれるなら一生逆らわない」と約束されて仕方なく了承する。
しかし、ユージーンがラプンツェルに治癒される寸前で髪を切り落としたため、髪の魔法の力は消えて止まっていたゴーテルの時間が動き出した。
急速に老化する自分の姿に動揺したゴーテルは、パスカルが引っ張った髪(小説版では塔の窓)につまずいて塔の上から転落する。
落ちる途中で寿命が尽きたのか、肉体はと化し、地面に落ちたのは彼女が身に纏っていたローブだけだった。

ここまで見るとゴーテルは美への固執のために人々を利用するのを厭わないディズニーヴィランズらしい悪女と言える。
その一方で(髪の力を利用するためとはいえ)赤の他人の子供を世話し続けるというのは、簡単に出来ることではない。
わざわざ"自分の娘"として育てる以外にも、終盤のように監禁する道もあったはず。
切れ者の彼女が今までそうせず、ラプンツェルの好物のヘーゼルナッツのスープを作ったり、髪の魔法が切れるリスクを冒して絵の具の材料を調達しようとしたのは、少なからず愛情を感じていたからかもしれない。
しかしながら、ゴーテルはラプンツェルにしたことは、「あなたを愛しているのはお母様だけ。髪の力は狙われている。誰も信じるな」(実際にはラプンツェルは両親に愛されて彼女のために毎年国中の人々がランタンを飛ばし、ゴーテルが髪目的で彼女を誘拐した)などと嘘を教えて幽閉し、冗談を免罪符にマウンティングを繰り返して自己肯定感を下げ、「私を悪者にしたいのね」と責めて罪悪感を植え付け、ゴーテルに都合が良い『良い子』でいるように束縛する精神的虐待なのである。
ゴーテルは実際には髪目的の誘拐犯だが、ラプンツェルにとっては毒親になってしまっているのだ。

まぁ彼女視点で物語を見ると、誰のものでもない黄金の花に魅せられそのおこぼれに与っていたら一人の女の治療のために強奪されたようなものであり、彼女は人になった花を奪い返した…とも言える。
王国や財産には興味を示さず、黄金の花以外には全く見向きもしてないことから、王妃が病気になっていなければ花が摘まれることもなく、悪事を働くことはなかっただろう。ある意味彼女も王妃を襲った病の被害者といえる。

ちなみにゴーテルとユージーンには美しい容姿、ナルシスト、話術に長けた嘘つき、王女に纏わるものを盗む、仲間への裏切り、良心に背いて生きている等の共通点があるが、自分の思い通りにラプンツェルを変えようとしたゴーテルとラプンツェルの為に自分を変えたユージーンの違いによって正反対の結末を迎えている。

余談だが、もし仮にゴーテルが塔の上から転落しなければ、偽の聖杯の水を飲んだドノヴァンのようにラプンツェルの目の前でミイラ化した可能性が高く、考えようによっては『転落』の過程を踏んだ為に比較的人間らしい死を迎えることができたと捉えられる。






映画の続編である『ラプンツェル・ザ・シリーズ』によると、ラプンツェルにとってゴーテルの存在はトラウマであり、塔はパスカルとの思い出と辛い思い出がつまった場所になっていた。
ゴーテルには子供嫌いの傾向があるようで、ラプンツェルに留守番をさせていつもどこかに行っていたようだ。
余談だが、『ザ・シリーズ』では王国が滅亡の危機に瀕していたり、実はラプンツェルから消えていなかった太陽の滴の力を狙う悪い魔法使いが登場などしているため、外の世界は危険というゴーテルの言い分にそれなりの説得力が生まれてしまっている。

関連項目

塔の上のラプンツェル 育ての親 毒親 ヴィランズ 吐き気を催す邪悪

哀しき悪役…視点を変えれば王妃の病のとばっちりを受けたとも言える。
イントゥ・ザ・ウッズ…声優のドナ・マーフィがラプンツェルの魔女を演じたことがあり、若返りの魔法が登場する点が共通する。

関連記事

親記事

ディズニーヴィランズ でぃずにーゔぃらんず

兄弟記事

コメント