ピクシブ百科事典

クロード・フロロー

くろーどふろろー

クロード・フロローとは、『ノートルダム・ド・パリ』の登場人物で、ディズニー映画『ノートルダムの鐘』のヴィランズ。
目次[非表示]

概要

ヴィクトル・ユーゴー作『ノートルダム・ド・パリ』と、それを原作としたディズニー映画『ノートルダムの鐘』に登場する人物。
役職はそれぞれ異なり、原作ではパリのノートルダム大聖堂の助祭長で、アニメ映画では判事としてパリの治安維持を務めている。
何れの作品においても、主人公カジモドを養育し、ヒロインのエスメラルダへの愛で葛藤する姿
が描かれている。

性別男性
年齢16歳→36歳※
出身地フランス
嫌いなものジプシー
※年齢は原作に基づく。

性格そのものは実直で真面目。アニメ版ではとにかくジプシーが嫌いで、彼らの排斥を推し進め、自らも邁進している。但し当時は『ジプシーは動く犯罪者集団』とみなされており、基本殺しても罪には問われなかった。

劇中での活躍と顛末

正義の為に 〜20年前〜

本編開始から20年前、船でパリに密入国して来たジプシー達を有無を言わさず逮捕し、そのうち一人の女性の抱えていたものを『盗んだ物』と信じて没収しようとし、追跡の末に殺してしまう。
彼女の抱えていたものは、幼いカジモドだった。
布に包まれた彼を怪物と称し、『地獄に送り返す』為に井戸に投げ込んで殺そうとするが、現場がノートルダム寺院の前だったので見かねた司祭に止められ、渋々その子をカジモド(出来損ない)と名付け、寺院内で世話をすることになる。

変わらぬ正義

彼はカジモドに『外の世界はお前を認めない』と言い、『母に捨てられたお前を私が助けた』と信じこませ、寺院に閉じ込めていた。
さらに、戦地からフィーバス隊長を呼び寄せ、パリ市内のジプシーを根絶やしにするために彼らの隠れ家『奇跡の法廷』を潰すことに協力させようとした。
(このとき、ジプシーを寺院の外壁にいた虫に例えていた)

狂気に囚われて

道化の祭り内で晒し物にされたカジモドを助け、鮮やかな逃走術で自らに恥をかかせたエスメラルダ
を『聖域』であるノートルダム寺院に追い込む。
だがこの時既に、フロローの心情に変化が現れていた。彼はエスメラルダに恋をしてしまったのだ
しかし、自らが悪とみなしていたジプシーの女に恋心を抱いたという事実に懊悩し、彼女を手に入れようとして暴走を始める···
彼女が落としたスカーフに頬ずりをしたり、カジモドの助けで脱出したエスメラルダを探すために、彼女を匿った粉屋に住人を閉じ込めた状態で、見せしめにするために家に火をつけて焼き殺そうとしたり、その命令を拒んだフィーバスを死刑にしようとしたのだ···
結果的にエスメラルダ捜索の為にパリ中に火が放たれ、街が火の海となった。

狂気の果てに

カジモドを利用してジプシーの『奇跡の法廷』を見つけだし、そこにいたジプシー全員を逮捕、翌日にノートルダム寺院前で全員の処刑を実行すると宣言した。
そして、エスメラルダに、このままでは火炙りになるが、私になら助け出せる、と自分の女となるよう要求。
しかし、エスメラルダがそれを拒否したので、火炙りを決行。
だが、カジモドが彼女を救出し、寺院内に逃げ込ませてしまう。
カジモド「ここは、『聖域』だぞー! ここは、『聖域』だぞー!」 
激怒したフロローは寺院への攻撃を決行。
しかしその隙に、エスメラルダと共に囚われていたフィーバスの解放を許してしまい、フィーバスの呼び声に応じた民衆が武装蜂起し、ノートルダム寺院前で、大規模な戦闘が発生してしまった。
大激怒したフロローは、カジモドを殺すことを決意。カジモドがエスメラルダの看病しているところをナイフを持って襲いかかるが、カジモドの反撃にあい失敗、その後、目を覚ましたエスメラルダを守ろうとしたカジモドに、自らが殺したカジモドの母を重ね、その事をカジモドに告白、動揺した隙にマントで視界を奪い寺院から落下させようとする。しかし、自らも、落下しそうになり、隣の柱に移動、カジモドの手を掴んでいたエスメラルダを斬りつけようとするが、神の怒りを買い、乗っていた足場が落下し絶命する。
最期まで、自らの正義を信じて疑わなかった

関連イラスト

フロエスとか実写版とか色々
Judge Claude Frollo


関連タグ

ノートルダム・ド・パリ ノートルダムの鐘
ディズニーヴィランズ
エンリコ・プッチ
自らの悪を悪と思っていない、教会関係者繋がり。
名護啓介
一つの可能性。
絶対正義、敵とみなしていた存在に恋をした繋がり。
転落死

関連記事

親記事

ノートルダム・ド・パリ のーとるだむどぱり

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クロード・フロロー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3583

コメント