ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

19世紀小説ノートルダム・ド・パリ』、およびこれを原作とする映画等の作品に登場する人物である。ちなみに物語の舞台は15世紀

背骨が曲がり、の上に大きながある醜悪容姿ゆえに、不完全である』という意味の"Quasimodo"という名を与えられているが、内面純粋で心の優しい青年である。
ノートルダム大聖堂撞きを職務とするため、聴覚にも障害がある。

原作版

ジプシーの母親は、産まれた赤ん坊の醜さに他人の女の子の赤ん坊と交換してしまったのだが、これがエスメラルダらしい。このノートルダム大聖堂の前に捨てられていた醜い赤ん坊を助祭長(Archdeacon 助司教とも)クロード・フロローに拾われ、カジモドと命名された。
大聖堂の鐘突き堂に半ば軟禁状態で育てられ、パリ市民から怪物と見なされたために自身の唯一の保護者であるフロローを盲目的に慕っており、彼の命令なら悪事にも手を染めるが、本来は優しい性格の持ち主。
鐘突き堂で生活する内に難聴になり、フロローから手話の訓練を受けている。

ある日、外出中にジプシー踊り子エスメラルダに心を奪われたフロローは、信仰恋情の狭間で葛藤しつつも、カジモドにエスメラルダの誘拐を命ずる。
しかし衛兵フェビュスによって誘拐は阻止され、捕らえられたカジモドは裁判の後、鞭打ちの上、晒し者として木の台に拘束されて広場に繋がれる。市民に罵られ、責め立てられる中、エスメラルダだけはカジモドの善良な心を信じ庇おうとする。
この時、初めて人間の優しさに触れたカジモドは、彼女に恋をした。

しかしフロローは、フェビュスとエスメラルダの密会を知り、激しく嫉妬するあまり、ついにフェビュスを刺し、しかも殺人未遂の罪をエスメラルダに擦り付け、魔女裁判にかけてしまう。

死刑の宣告を受けたエスメラルダは、カジモドに救い出され、大聖堂に匿われる。
最初、カジモドの容姿を恐れ、また彼の意図が判らないこともあり脅えていたエスメラルダだが、やがて二人の間に友情が生まれ、カジモドは主人であるフロローからもエスメラルダを護り続けた。

フロローは暴徒と化した市民を大聖堂に向かわせ、混乱に乗じてエスメラルダを連れ出し、助命と引き換えに自らの愛人になるよう迫るが、エスメラルダはこれを拒否する。
衛兵に引き渡されたエスメラルダは処刑され、大聖堂のの上からそれを見届けたフロローは、欄干からカジモドに突き落とされてしまう。
残されたカジモドは、絶望の叫びを上げ、ノートルダムから姿を消してしまう。

後に、集団墓地から掘り起こされたエスメラルダのに、異様な骨格の男の骸が寄り添っており、これを引き離そうとしたところ、二人の骨は砕けてとなって消えたという。

ディズニー版

1996年、ゲイリー・トルースデールらによって長編アニメ映画「The Hunchback of Notre Dame」として翻案されたのが、俗にいうディズニー版となる。
原作が子殺し、欲望、暴力、天罰など、おおよそディズニーらしからぬテーマを扱い、その上でG指定(全年齢対象)に収まる様、各所の変更が為されている。が、それでも最も重く暗い映画という評判は拭い難い。

こちらでは、カジモドは聴覚に障害がなく自由に話すことが出来、コブで塞がった左目が部分的になり、両目が見える状態になっている。
またエスメラルダの正体がアグネス(カジモドを捨てた母親が彼の代わりに手に入れた健康な赤ん坊)であるというエピソードもカットされ、母親は事故とはいえフロローに殺されたことになっている。
さらにフロローは、カジモドを大聖堂から外出する時に連れ出し、市民の前に姿を出させたりせず、外に出たら迫害されると教えるのみになった。

エスメラルダとの出会い、彼女を誘拐するという件もフロローの言い付けを破って外出し、市民にリンチを受けるという内容に変わり、裁判に掛けられることもない。
何よりカジモドとエスメラルダが物語の最後まで生存するという変更点がある。

映画版

『ノートルダム・ド・パリ』は映画・バレエミュージカルと、複数の媒体で描かれており、古いものでは1905年に発表された"Esmeralda"という10分のショートフィルムがある。
またディズニー長編作品『ノートルダムの鐘』のように、人物の設定や物語の展開を大胆にアレンジしたものも多い。

以下の記述には、現代においては不適切と思われる内容を含みます。

いずれの場合でもカジモドの人物像は大きく変わらないのだが、1923年の『ノートルダムのせむし男(The Hunchback of Notre Dame)』は、ユニバーサル・ピクチャーズによるホラースリラーSFの作品群(いわゆるユニバーサル・モンスターズ)の起点となっている。

その結果として、カジモドをベースとした殺人鬼・せむし男が怪人怪物キャラクターの一人として挙げられることがあった。15世紀のパリで不当に冷遇された男が、今度は20世紀合衆国モンスター扱いである。
特にコミックアニメーションゲーム等の作品に起用されるケースが多い。英語発音の『クァシモド』表記が用いられることもある(災禍の中心など)。

また怪人せむし男にはカジモドの他にイゴールをベースとしたパターンもあり、マッドサイエンティスト助手ドラキュラ伯爵召使いなどの役どころが多い。

日本では『投げ唄左門二番手柄 釣天井の佝僂男』(1954年大映)『南蠻寺の佝僂男』(1957年・大映)『怪談せむし男』(1965年東映)などの映画作品がある。

いずれにせよ、単独で主役級の活躍が見込めるほどの個性的な能力はなく、現代においては『せむし』という表現自体が不適切とされていることもあり、せむし男の系譜は既に断絶しているかに見える。

が、右手にを握り締め、左手にはカンテラを提げ、上体を屈めて忍び歩く殺人鬼像に見覚えがある人は少なくないだろう。
せむしを他の身体的特徴に置き換えたパターンは(必然的にせむし男とは呼べないが)スリラーやサスペンスの分野で連綿と受け継がれている。

かのジェイソン・ボーヒーズも、(Part2とPart3に限って言えば)せむし男の系譜を受け継いだキャラクターといえなくもない。原作におけるカジモドとの共通点も多い。
クロックタワー(特に第一作)のシザーマンも参照。

なお、1945年の映画"House of Dracula"は、かつて『ドラキュラせむし女』という邦題が用いられていた。

関連タグ

ノートルダム・ド・パリ ノートルダムの鐘
クロード・フロロー

関連記事

親記事

ノートルダム・ド・パリ のーとるだむどぱり

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カジモド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20939

コメント