ピクシブ百科事典

ラース・フォン・トリアー

らーすふぉんとりあー

ラース・フォン・トリアー (Lars von Trier) は、デンマーク出身の映画監督。
目次[非表示]

概要

1956年4月30日、コペンハーゲンに生まれる。
本名はラース・トリアー。フォンのミドルネームは映画学校時代に同級生につけられたあだ名が元。
1984年、『エレメント・オブ・クライム』で長編映画デビュー。
1992年、映画製作会社ツェントローパを設立。

その作品はカンヌ国際映画祭で高く評価され、1996年に『奇跡の海』でグランプリを、2000年に『ダンサー・イン・ザ・ダーク』でパルムドールを受賞した。
2009年には『アンチクライスト』が「カンヌ史上もっともショッキングな映画」と評され、物議をかもした。
2011年に『メランコリア』を出展した際、アドルフ・ヒトラーに理解を示す発言をしたことでカンヌから追放処分を受けた。

作品

『エレメント・オブ・クライム』1984
『エピデミック』19877
『メディア』1988
『ヨーロッパ』1991
『キングダム』1994
『奇跡の海』1996
『イディオッツ』1998
ダンサー・イン・ザ・ダーク』2000
『ドッグヴィル』2003
『ラース・フォン・トリアーの5つの挑戦』2003
『マンダレイ』2005
『ディア・ウエンディ』2005
『Direktøren for det hele』2006
『それぞれのシネマ』「職業」2007
アンチクライスト』2009
『メランコリア』2011

関連タグ

映画監督
デンマーク

外部リンク

ラース・フォン・トリアー - Wikipedia
ラース・フォン・トリアー - 映画.com
ラース・フォン・トリアー(Lars von Trier) のプロフィール - allcinema

pixivに投稿された作品 pixivで「ラース・フォン・トリアー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 429

コメント