ピクシブ百科事典

ラーデビル

らーでびる

ラーデビルとは、OVA『ファイナルファンタジー』に登場する物語の黒幕の名称である。

CV/緒方賢一

概要


OVA『ファイナルファンタジー』の黒幕である正体不明の怪人物。

数少ない描写から、その正体はFF5の部隊となっている『惑星R』以外のよりやって来た異星人だと推測されるが詳細は不明である。

長きに渡り“宇宙の真理”を探し求めて宇宙を彷徨い、『惑星R』の衛星の1つである『黒い』にて遂に探し求めていた“暗黒神デスギュノス”を見つけだし、自身がデスギュノスへと進化して宇宙を支配する野望を達成する為に暗躍。

デスギュノを起動する為に必要不可欠な地・水・火のクリスタルの制御方法の知識を得るべく埋葬された直後のシドの墓を暴いて彼の脳髄を手に入れると、それを止めようとしたミドを殺害。

その後、暫く行方を眩ませていたが(おそらくその間に様々な下準備をしていたものと推測される)、それから200年後の世界において『黒い月』に本拠地を構えて遂に本格的に行動を起こし、世界各日に配下であるデス兵士たちを送り込み地・水・火のクリスタルを奪い、更に風のクリスタルを狙って体内にクリスタルを持つリナリーを執拗に付け狙う。

機械人間が融合したかのような醜い容姿の怪老人で、動くことが出来ないのか常に巨大なロボット兵器=デスギュノスの頭頂部に座り続けており、にはチューブのようなものを当てている(恐らくデスギュノスの残骸に自身の体を組み込んだためだと思われる)。

なお、物語の終盤において遂に暗黒神デスギュノスへと進化を果たすが、それに変化していく場面がものすっっっっっごくおぞましいグロ表現(特に内蔵器官が増殖する所とか、とか‼)である為、初めて見る際は絶対にFF屈指のトラウマになる事間違いなしである(さらに本人はデスギュノスに変貌後、人間が醜いと言い切っているが、はっきり言って変化後のアンタの方が以前より醜くなっているので“あんたに言われる筋合いはない‼”)。

関連項目

ファイナルファンタジー5 みんなのトラウマ

コメント