ピクシブ百科事典

リオ・ストラトス連界鉄道

りおすとらとすれんかいてつどう

リオ・ストラトス連界鉄道(Rio Stratos Crossover Railway)とは、pixivユーザー・七瀬スカーレットによる架空鉄道の一社である。
目次[非表示]

概要

リオ・ストラトス連界鉄道とは、pixivユーザー・七瀬スカーレットによる架空鉄道である。
正式な社名は『リオ・ストラトス連界鉄道会社(Rio Stratos Crossover Railway Company 英略称RSCR)』。利用者からは『リオスト』と呼ばれている。

異世界の存在と時空を渡る術が大衆に知れ渡った世界の集合体『世渡世界(せいとせかい)』同士を空間軌道によって結ぶ『連界鉄道(れんかいてつどう)』の一つ。
数ある連界鉄道の中でも最大の路線網を持ち、総営業キロは兆を越えるとされる。

様々な文明水準の世界を一手に結び、その車窓風景や客層・車両も変化に富む。また、人間に限らず多くの種族を社員として受け入れ、世渡世界有数の雇用主となっている。

鉄道事業の他、自動車(バス・乗合馬車ほか)・船舶・航空(航空機・飛行船・飛空艇ほか)・都市開発・工業・小売・ホテル・リゾート開発等の事業も(基本的に直営にて)展開し、交通に関しては鉄道と密接な連携が図られている。

当初は創業地でもあるリオに本社が置かれていたが、現在本社および経営に関わる各機関は終着地シエル=ストラトスに移転している。ただし本店所在地は現在もリオである。

車両について

RSCRで活躍する車両は、本社部局により設計・開発された『制式車両』、各管理局が地域特性に合わせて設計した『地域固有車両』、他社局から受け入れた『譲受車両』、その他の4形態に大別できる。

軌間は1435mm(標準軌)が過半数を占め、1000mm、1067mm、1520mm、1668mm、1676mm等地球世界でも一定の採用規模を持つ軌間がある程度の勢力を展開する。
架線電圧は直流3000v、交流25kvを主体とし、地域によって直流1500v、交流20kv等の区間がある。大部分の制式車両を初め、本線系の長距離列車に充当される電車・電気機関車は交直両用車が基本とされている。

連界鉄道共通の特徴として、人の造った全ての機械に宿る機械の心(以下「心」と記します)と呼ばれる種族が視認でき、社員として認められている点がある。
RSCRでは心にも給与を支給しているほか、貨車や通勤型車両などの例外を除く制式車両と地域固有車両には、心が寝泊りするための自室も設計段階で用意されている。

制式車両

千の時空を超える機関車の心たち―サニー&ルナ


時空(とき)をかける標準客車の心たち――オルカ&ナナ


流麗なる特急専用機、失敗から立ち直ったディーゼル機


純陽の長女――セリカ


RSCRの中央部局(ストラトス総局)の設計部およびそれに準ずる部局で設計および承認を得た、スタンダードな車両たちの事を指す。線内で会える大部分の車両は制式車両である。
『制式』とは言っても、投入される地域の国情・文化、メーカーの提示した設計・デザイン等も幅広く取り入れられるため、多種多様なデザインが展開されている。

投入される文化圏によっても若干の差異はあるが、『前照灯はおでこ1灯、窓下に2灯。こめかみに1対の急行灯。貫通扉(もしくは前面中央)に社紋レリーフ』という前面デザインは共通しており、地域固有車両・譲受車両に関してもこの点は極力揃えられている。

地域固有車両

魔動の三等車――ヒノカ


南国出身・展望三等車の心――シルファ


制式車両では応えられない地域特性に応じるために開発されたり、その世界特有の文化・文明を取り入れた車両たちのことを指す。
一管理局内で完結する列車に充当する車両は管理局の独自開発・導入が認められており、中には局外からの直通列車を除き固有車両で統一された管理局もある。

関西特有の輸送事情に合わせて開発・導入された国鉄117系が、現実世界における近似例と言えよう。

開発から管理まで導入する管理局に一任され、本社部局ではその在り方を関知しない。
そのため、RSCRの在籍車種を網羅するにあたって最も難関と言える車両群でもある。

譲受車両

世界樹に降り立った最新鋭―未来―+3人


異界に返り咲く彗星の心――ティアナ


RSCRでは、独立世界(異世界の存在を知らない世界。我々の住む世界も独立世界の一つである)で廃車される車両を密かに引き取り、常習的に『再雇用』させている。
当地での解体直前に精巧に造った変わり身と実車をすり替える手法が取られる。
また、引き取った車両を種車として制式車両の新造車に転生させる事例も多数ある。

『まだ活躍したくてもその意思を誰にも伝えられない』独立世界の車両への配慮とされているが、導かれた心からは冗談交じりに『拉致』と呼ばれている。

『拉致』によってRSCRに導かれた車両形式が、制式車両に編入されて増備されることもある。

路線について

創業路線にして最重要幹線の大連界本線(だいれんかいほんせん)を筆頭とし、社名でもある『リオ~ストラトス間』を結ぶ路線が7路線存在し、これらの路線を幹として大小様々な路線が時空間を縦横に展開する。更に、それらの路線から時空移動を伴わない幹線や支線が拡がり、さながら毛細血管のような様相となっている。
多くの地方鉄道や長距離鉄道、時には当地の国鉄さえも統合してきたこともあり、長距離輸送を担ういわゆる「ヘビーレイル」のみに留まらず、地域輸送を担う電気鉄道路線や都市内の軌道線・中量交通なども多く存在し、地域・世界によってはRSCRが鉄道輸送を独占していることも多い。

一部都市においては、市営の地下鉄や軌道線などの運行を受託したり、施設を現地自治体に保有してもらう上下分離が盛んにおこなわれている(営業キロについては、後者だけでなく前者もRSCRの営業キロに含む事が多い)

総営業キロは先述のとおり兆キロを超えており、連界鉄道最大である。

  • 大連界本線 Grand crossover Line
ユネ(『はじまりの街』)-リオ-ベネト-東京-ピリカナイ-サンクト・グリモワール-レモネード-カンバセシリア-ネオクヌート-フォルクローレ-ユグドラシル-シュガーハート-スティーム・ジャック-アルフシティー-アイシア-オリエント・アダムス-シエル=ストラトス(『聖なる都』)

ユグドラシル-アマツカゼ(ユグドラシル支線)
他小規模支線・別線多数

RSCRの創業路線であり、文字通りRSCR代表する一級幹線である。全線電化。
当初はリオから時空宗教「聖ストラトス教」の聖地であるシエル=ストラトスを目指す巡礼・参拝路線としての性格が強かったが、シエル=ストラトスが世渡世界の行政上重要な拠点として発展し、また度重なる延伸(途中区間に新線区間を挿入する形態)を行ったこともあって参拝路線としての性格は薄れ、旅行・ビジネスから短距離の地域輸送まで多くの顔を持つ路線となった。

本線の総営業キロは20万kmを超え、全線を通し乗車した場合の所要時間は急行利用でおよそ半年。
所用時間が長いためいくつかのショートカット路線が開業し、一部の優等列車は途中区間でショートカットを行う。また、臨港線や貨物線など多数の支線・側線を各地に持つ。

近年輸送力が逼迫しつつあるため、以下の平行路線によって輸送力の増強・分散が進んでいる。

大連界高速線 Grand Rapid Line
大連界本線の線増路線として開業した一級幹線2路線のうち、旅客主体の路線。大連界本線とはほぼつかず離れず並行しているが、一部区間で独自区間を通る。
「高速線」という名の通り、最速度270km/hと定められた高速鉄道路線で、同路線を基幹として各世界に高速線が展開されている。

軌間が同じであるため大連界本線を始めとした在来線(RSCRにおいては『普通鉄道線』と呼称)と同一レベル上にホームが置かれていたり、普通鉄道線⇔高速線間の直通も盛んにおこなわれている。

主力車両はTH1000系を筆頭とする『トライホープシリーズ』。
最近対応車による500km/h運転が一部の超特急で開始された。

新大連界本線(フォルクローレ新線) Folclore New Line
大連界本線の線増路線として開業した一級幹線のうち、貨物主体の路線。
リオで本線から分岐し、レモネード・フォルクローレで交差する路線を描く。

仮称『第二大連界本線』として計画され、全線交流25kv60Hzで統一された直線主体の高規格新線だが、貨物輸送の分散を目的としていることもあり、最高速度は大連界本線と同様の250km/hとなっている。
フォルクローレ新線とセットで大連界本線と接続する連絡路線が一体整備されている。

  • ハインベル本線 Heinbell Line
リオ-ハインベル-シトリ-グラウブルク-シエル=ストラトス

ハインベル-レンネンハーフェン(リンデール支線)

リオ~ストラトス間第二の路線である。一級幹線、全線電化。
総営業キロは大連界本線より若干短く、大連界本線とほぼ並行している。
一部区間に狭軌(1067mm)区間を挟むほか車両限界も小さい(25m級大型車のみの編成が入線不可)こともあって、幹線としての地位は今一つである。
  • ノースホワイト本線 Northwhite Line
リオ-アムンゼン-ウスケシ-ピリカナイ-レタルモイ-ヤムワッカナイ-シルフィア-シエル=ストラトス

リオ~ストラトス間を結ぶ路線としては3番目に全通した一級幹線。一部区間を除き非電化。
上記3路線の中では最も営業キロが短いが、気候のきびしい酷寒地ばかりを結んでいる。このため、一部区間を除いて特別な耐寒装備を持った『80系客車』と80系に準ずる耐寒装備を持った客車以外の運用が認められていない。
  • 時空大環状線 Grand Loop Line
ユネ-エメロード-アイシア-アマツカゼ-ヴィクトリア-ラガーディア-カータレット-ユネ

『はじまりの街』ユネを起点とし、上記区間を経てユネに戻る一級幹線。一部区間を除き電化。
ユネとストラトス世界アイシアで大連界本線と接続し、大連界本線の外周を結ぶ環状線である。
ダイヤも全線を一回りして起点に戻る環状運転を主体に組まれている。
リオ~ストラトス間以外の路線としては最も本数の多い幹線の一つとされ、大連界本線と同様輸送力分散に向けて新線の計画が各地で進められている。
  • 時空中央本線 Spacetime Central Line
エメロード-カンバセシリア-カティーサーク-アマツカゼ-カータレット

時空大環状線~大連界本線~時空大環状線にかけての内周を縫う路線のうち、特に重要な地位を占める一級幹線の一つ。
エメロード~アマツカゼ間は大環状線の内周を、アマツカゼ~カータレットは大環状線の外側に出る。広大な土地を持つ世渡世界『グランディア』と大連界本線の間を大幅に短絡する路線として栄えている。
  • 銀河本線 Galaxy Line
ネオクヌート(コピオス・メガロポリス・ターミナル)-ユメミ-オリオン-プレイアデス-アンドロメダ-グレートウォール-アリシア銀河中央

大連界本線経由地・『重層都市』ネオクヌートのコピオスで分岐し、当該宇宙に存在する「アリシア銀河」のアリシア銀河中央を結ぶ一級幹線。全線電化。

時空移動の技術を応用した銀河鉄道路線で、銀河本線を基幹として同じ宇宙に多数の路線網を展開しており、コピオス管理局がこれらの路線を統括する銀河総局として機能している。

この時空移動技術の応用により1億光年をおよそ1か月で結んでおり、コピオスからおよそ3億光年離れたアリシア銀河までを急行で3か月で結んでいる(空間軌道および地上設備にこれらの技術が使用されているため、車両の設計・構造は一般的な鉄道車両と変わらない。大連界本線を初めとする他路線からの直通や、銀河本線⇔他路線間の心の転属もある)

ほぼ全区間にわたって『ギャラクシー・セントラル鉄道(GYC)』という銀河鉄道が並行しており、銀河本線とは競合関係にある。RSCRの特別急行『ミルキーウェイ特急』とGYCの『22世紀特急』の競合はコピオス~アリシア間の名物となっている。
  • ローゼンクロイツ本線 Rosenkreutz Line
リオ-クリームヒルト-ローゼンクロイツ-リード・ソーサリィ-シエル=ストラトス

工業が発達したローゼンクロイツ世界が生み出した軌間3000mmの超大型規格『ギガントバーン』を採用した一級幹線。全線非電化。
ローゼンクロイツ本線を基幹としていくつかのギガントバーン路線が存在する。
大連界本線の輸送力逼迫もあってリオ~ストラトス間輸送の新ルートとしても白羽の矢が立ち、近年リオおよびストラトス側の新線区間が全通した。

一部主要駅では一般規格の本線系と隣り合わせのホームで接続することもあり、一般車とのサイズ差をよく確認する事が出来る。
  • エルマート本線 Elmart Line
エルマート-アメリ-カーマイン-アマツカゼ

時空大環状線の内周を縫う二級幹線のうちの一路線。主要幹線としては唯一、軌間762mmのナローゲージ路線である。全線電化。
ナローゲージ路線のため最高時速は70km/hと低く、所要時間は『普通鉄道線でひと月かかるところをふた月』掛けている。近年一等車が廃止され二等級制に移行しているものの、優等列車は20両以上の長大編成を組むなど標準軌の本線系と引けを取らない顔を見せる。
  • マリンフォード線 Marineford Line
東京-フローライト-マリンフォード

大連界本線の東京とマリンフォードの間を結ぶ営業キロ約2000kmの二級幹線。全線電化。
全線通し乗車すると半年の旅路になる大連界本線を大幅にショートカットする路線のひとつで、この路線を経由してリオ~ストラトス間を結ぶ列車が多数設定されている。

経由路線のほとんどは現代地球世界と同じ文明水準で、大連界本線からのショートカット列車を除くと現代的な顔ぶれが多い路線である。
  • ネオクヌート線 Neoqnoot Line
マリンフォード-マリンフォード南(ナニワ)-ネオクヌート(アクアスフィア・ターミナル)

大連界本線をショートカットする二級幹線の一つ。全線電化。
マリンフォードを起点とする現地私鉄を出自とする路線だが、現在は大連界本線と接続され、マリンフォード線でショートカットしてきた大連界本線の優等列車も多く受け入れている。このため、長距離優等列車と地域輸送列車を分離するための線増工事が展開中である。
  • オンネシリ本線 Onnneshiri Line
ポロスゼリ-レラ-

寒冷な気候の世界を行く二級幹線。現状では唯一線路のつながりがない孤立路線で、ポロスゼリ~ベネト・コトリナ=フロリアン・エルマート・サンクト・グリモワールへの連絡航路によって本線系のネットワークと接続している。
現在計画中の新時空大環状線(仮称)がポロスゼリに乗り入れるルートで建設中で、完成すれば孤立路線ではなくなる予定である。
  • ブライトンリゾート線 BrightonResort Line
レモネード-ブライトンリゾート(セントラル)

大連界本線の経由する常夏の諸島『レモネード諸島』のある島に築かれた富裕層向けリゾート地・ブライトンリゾートと諸島の中心都市レモネードを結ぶ二級幹線。
路線等級こそ『二級(亜幹線)』扱いだが、目的地の性質上二等車・一等車のみの連結された急行と特別急行のみが運行される特異な路線である。
レモネード発着の列車が中心だが、大連界本線に直通する特別急行『ノスタルジックAトレイン』が3か月ヘッドで運行されている。
  • フェアリーテイル線 Fairy Tail Line
フェアリーテイル-シルフィード-リリパット・ブランシュ-アマツカゼ

大連界本線から分岐し、時空大環状線の間を縫う二級幹線の一つ。軌間381mmの非電化路線で、過半数の列車が蒸気機関車牽引となっている。
妖精の暮らす世渡世界を中心に結んでおり、乗客乗員も多くは妖精である。
  • リリパット本線 Lilliput Line
リリパット・ゲート-リリパット・ブランシュ-カータレット

フェアリーテイル線よりさらに小さな軌間127mm(5インチ)の二級幹線。
通常の人間サイズではまず利用できない同線の利用者は、我々のおよそ12分の1程度の身長しかない小人たちである。身長を同じくする小人の世界をいくつか結び、起終点で大連界本線と時空大環状線に接続する(普通鉄道との接続駅では、事故防止のため乗降場が明確に分けられている)
リリパット本線に接続する路線の中には、小人視点での軽便鉄道規格として軌間45mm(1番ゲージ)等の路線も存在する。
  • ショールグラトー線 ShollGrott Line
ショールグラトー(『古の都』)~トロワブラン(『先導する都』)

大連界本線の経由する世界の一つ『ロリタリエ大陸』の東端に位置する二都市間を結ぶ営業キロ約30kmの支線。全線直流600V電化。

大連界本線がトンネルによって一直線に結ぶ両都市間の地域輸送を担うインターアーバン路線で、軌道区間の運行に対応した地域固有車両と、地球世界の京都を出身とする譲受車両で構成される。
  • セレスト線 Seleste Line
アマツカゼ-ザイル-セレスト

世渡世界『グランディア』において最も謎に包まれた秘境とされる深さ約10000m~の大地溝『グラン・クレバス』に分け入り、地溝探索者たちのベース基地となる底の街・セレストに向かう全線電化の支線。
地上の基地となるザイルまでは本線系の車両も乗り入れる平坦線だが、地溝内は120‰の急勾配が続き、アプト式ラックレールに対応した地域固有車両のみが直通する。
  • サンクト・グリモワール市街軌道線 SanktGrimoir Tram Line

魔動の町娘――トワ


サンクト・グリモワール・ユニオン駅-トラスポルト車庫前-皇立学苑構内(他多数)

自社沿線の大都市に多数展開される市内線(軌道線)の中でも、特に個性の強い路線群のひとつ。
魔術文明系の世渡世界『グリモワール』の界都(世界首都)である都市、サンクト・グリモワールの市内線である。営業所は全8か所で、勾配の大きい地区向けの鋼索軌道線も2路線ある。

全線非電化ではあるが、グリモワール世界で独自に発達した『魔動車(魔力でモーターを動かす鉄道車両。ヘビーレイルにおいてもグリモワール世界の地域固有車として在籍する)』で全車両が統一されている。また、郊外路線向けの準高速仕様車や大連界本線への直通列車など車種も多彩である。

スプリングフィールド線
アルフシティー本線
アルフショアー本線
銀聖本線
フィエスタ環状線
ネオクヌート内環状線
プラウダ本線
ストーリア線
リロイ・ジャック本線
桂私本線
桂都水瀬線
グラウブルク海上線

他事業について(交通関係)

以下に連界鉄道・軌道以外の交通事業について解説する。
運賃設定は種類に応じて分けられているものの、運賃体系そのものは鉄道線と同様の三等級制でまとめられており、自社の交通は全て一枚の乗車券で一体利用ができる。

  • 道路交通
当該世界の文明水準によって、乗合馬車とバス・トラック事業が展開される。
連界鉄道路線の補完・先行・代行・培養を四原則とし、各管理局の自動車部や馬車部によって運行されている。
自動車交通の存在する路線においては、時空国道を介した連界高速バスなどもあり、同業他社との共同運行や競合も盛んである。(日本国鉄のバス部門と運行形態や塗装は非常に類似している。国鉄バスを引退・解体された車両たちが鉄道車両たちの例にもれず『拉致』されて活躍中の模様である)
  • 船舶事業
線路の接続が困難な区間の接続・水上を介して連界鉄道間を短絡する連絡航路を筆頭に、車両航送を行わない客船・貨物船事業も広く行われている。
連絡航路については現在線路による接続がないオンネシリ本線ポロスゼリと本線系の各路線を結ぶ航路が署名である。
  • 航空事業
航空機(『エアプレーン線』)と硬式飛行船(『エアシップ線』)による界内・連界路線を筆頭に、一部の世界には飛空船や宇宙船による長距離路線も存在する。

他事業について(その他)

以下にRSCRが主に沿線にて展開する事業について解説する。
壮大な長距離ネットワークを築くRSCRだが、民営鉄道ということもあって日本の私鉄が行うような多彩な関連事業を展開している。
いずれの事業も基本的には直営で、各管理局が専門の部署を設けて経営している。

  • 小売事業
主要駅の駅舎内、または隣接地に『リオスター百貨店』を出店している。
過度な高級路線に走らない変わりに品揃えを充実させた地域密着・庶民派の百貨店として知られ、キャッチフレーズは『マッチ箱から魔道具まで、何でも揃う百貨店』。
このほか、いわゆる『民衆駅』型の主要駅に出店される地下街(ステーションデパート)や、一部管理局が独自ブランドで管内に展開するスーパーマーケット・コンビニエンスストアなどがある。
  • ホテル・旅館事業
メインブランドは『リオホテル』。百貨店と同様主要駅の駅舎内か隣接地に置かれたシティホテル形態の物と、沿線の保養地・観光地に置かれたリゾートホテル形態のものがある。
また、単一ブランドの旅館や、一部管理局が独自展開するビジネスホテル形態の物もある。
  • レジャー施設事業
大連界本線上にあり、ある諸島に動物園・遊園地・各種レジャー施設を一体開発した総合レジャーランド『リオ・リゾート』や、先述した富裕層向けリゾート『ブライトンリゾート』が有名。
このほか、自社沿線外に展開されたものとして、ニコニコ鉄道(横瀬支社)沿線の埋立地にリオホテル・リオスター百貨店とレジャー施設を一体整備した『リオーネ島』などがある。
リゾートホテル形態のリオホテルには、ビーチ・プール・遊園地などを併設したものも多い。
  • 都市開発事業
日本の大手私鉄が行う大都市郊外のベッドタウン開発も盛んだが、RSCRはいわゆる『成長管理型』ニュータウンと、『田園都市構想』に則った職住近接型ニュータウンを得意とする。
これらのニュータウンにはいずれも『○○・ガーデン』という名称が与えられ、都市内交通として地域固有車・または譲受車による中量交通が一体整備されていることが多い。
(例として、大連界本線ハーフムーン・ガーデンには元桃花台新交通100形が保存車もろとも『拉致』(=地球世界に残った車体は変わり身)され、同地で増結・増備されて活躍している)
  • 配電事業
RSCRでは、特定の企業による統制が行われていない地域を中心に、自社発電所による電力の自給自足が行われている。この電力を沿線地域に供給し、配電事業として広く展開している。

他連界鉄道について

連界鉄道はRSCR一社に留まらず、多くの鉄道が存在する。
これらの連界鉄道事業者は基本的に『連界鉄道協会(日本民営鉄道協会やアメリカ鉄道協会に相当する業界団体。以下連鉄協)』に所属し、連鉄協によって『一級連界鉄道(大手私鉄に相当)』『二級連界鉄道(準大手私鉄に相当)』『三級連界鉄道(時空間移動を伴う中小鉄道)』『地域鉄道(時空間移動を伴わない、世渡世界内の鉄道)』に分類されている。以下に、連鉄協に属する主な鉄道と、特にRSCRとの関係が深い鉄道について記述する。

一級連界鉄道

  • リグリア・オルコット&ストラトス連界鉄道(LOSR)
  • ラガーディア・レーゼイ連界鉄道(レーゼイ商会)(LGRR)
営業規模第三位。世渡世界中に名を轟かせる商業ギルド『レーゼイ商会』の鉄道部門。コーポレートカラーは赤。現在もレーゼイ家をトップとする同族経営が行われ、二代目総帥エルーシュカ・レーゼイが全経営権を握っている。
平行路線に対する積極的な攻勢スタイルで知られ、RSCRとは一部区間では相互直通が行われる一方、一部区間では競合関係にある。
また、とある景勝地の観光開発に関してかつてRSCRと激しい競合が繰り広げられたことも有名である(当時を知る者からは『戦争』として語り継がれている)
  • ネオ・クローシェ王立連界鉄道(NCSR)
  • セント・アルト・グランエル連界鉄道(AGSR)
  • コロンビア・パシフィック連界鉄道(CPCR)
  • グランド・リリス連界鉄道(GLSR)
※以上6社とRSCRを加えて『大手七大連界鉄道(セブン・シスターズ)』と呼ばれることが多い。
  • ハラ・シャングリラ連界鉄道(HSGC)

二級連界鉄道
  • オクトフルール・グローリア鉄道(OFGR)

【PFT】オクトフルール・グローリア鉄道【メンバー募集】


レギリア世界エインペトラルを起点に、8つの世界を結ぶ二級連界鉄道。
俗に『フルーツティー』と呼ばれる三色塗装で知られる。
RSCRを初め大手七大連界鉄道の一部との間で直通列車が運行されている。

  • オーロ・パシフィカ連界電気鉄道(OPCE)
RSCRの系列ながら独立を保つ路線の一つ。時空間に飛び出した『連界インターアーバン』の中でも最大級の規模を持つ路線である。
当然ながら貨物と他社から乗り入れるごく一部の列車を除いて電車で統一され、積極的な高速化と新機軸の導入で知られる。

三級連界鉄道
  • セシル・ヴァルト連界鉄道(SCR)
  • パトリシア=コンフェティ公国電気鉄道局(CER)

【C88・COMITIA113新刊】 コンフェティ・ファミリア


時空間や世渡世界の海上を船のように旅する小さな島国『パトリシア=コンフェティ公国』の国内地域輸送を担う鉄道路線。
時空間移動を伴う自社路線を保有していないが、RSCRと接続して時空外の都市への直通運転を行うことから三級連界鉄道として加盟している。
総営業キロ20kmに満たない規模に対して200両近い車両が在籍し、その心たちが駅務や車掌乗務なども広く担う点が有名である。

  • コトリナ・フロリアン伯有電鉄(CFER)
上記・パトリシア=コンフェティ公国の外地であるコトリナ島の地域輸送を担う鉄道路線。
こちらは自社の時空間航路による対外輸送を担い、RSCRとの接続も行われていることから、CER同様三級連界鉄道として名を連ねている。

地域鉄道
  • コーデリア急行鉄道(CE)
ナターリア大陸世界ネオ・コーデリアとルミノ=ヴィオラを、ほぼ大連界本線と平行する民営鉄道。一部列車がRSCRと直通している。
  • イーストアリア電鐵(EE)
同じくナターリア大陸世界ネオ・コーデリアとイーストアリアを結ぶ民営鉄道。
並行する大連界本線が旧街道に沿って大回りする区間をトンネルで短絡し、ダイヤによってはRSCRの急行よりも早く両都市間を結ぶインターアーバンである。沿線で百貨店・都市開発・リゾート開発も行っている。
  • ミムラス電鐵(ME)
世渡世界アルザス東方の都市・ミムラスとその衛星都市を結ぶインターアーバン。
時速160km/hを誇る特急『シルフィード・ライナー』がミムラスの自社ターミナルからRSCRカンバセシリアまで直通している。
パトリシア=コンフェティ公国を治めるコンフェティ家が経営に参画しており、MEからCERへ車両の譲渡例がある。
  • ラブプリンセスアイランド鉄道(LPIR)
RSCR大連界本線の支線に接続し、果実と織物産業で有名な島々を結ぶ軽便鉄道。
収穫シーズンともなれば多数の貨物がRSCRを介して発送されている。
  • セレノア電気鉄道(SNE)
世渡世界グリモワールの大陸最西端都市・セレノアとその近郊を結ぶ民営鉄道。
セレノア市内の高架電車とインターアーバン路線で構成される。
連界路線を除いて魔動車で統一されているグリモワール世界の地域鉄道において、唯一の電気鉄道である。
  • グリモワール魔動鉄道(GMSR)
世渡世界グリモワールの大陸内に路線を展開する民営鉄道。
グリモワール世界においてRSCRに次ぐヘビーレイル網を持つ鉄道で、RSCRの強力なライバル会社となっている。路線自体は非電化で、全ての動力車が魔動車で統一されている。
  • ナセル・グリモワール鉄道(NcGS)
同じく世渡世界グリモワール内の民営鉄道。
サンクト・グリモワールと大陸中部のナセル地方を結ぶ路線が主体となっている。
GMSRと同様、全ての動力車が魔動車で統一されている。

関連項目

架空鉄道 異世界 擬人化 鉄道

外部リンク

放課後の辺境工房~新・窓際の掘立小屋。
七瀬スカーレット(twitter)
twitterハッシュタグ『リオ・ストラトス連界鉄道』

関連記事

親記事

架空鉄道 かくうてつどう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リオ・ストラトス連界鉄道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22271

コメント