ピクシブ百科事典

リヒャルト

りひゃると

リヒャルトとはドイツ語男性名(英語のリチャード Richardに相当)。本項では「幻想水滸伝5」に登場するキャラクターについて詳述。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 第二次世界大戦中のドイツ海軍の駆逐艦。→ リヒャルト・バイツェン
  2. 強殖装甲ガイバー』の登場人物。→リヒャルト・ギュオー
  3. ゾイド-ZOIDS-』の登場人物。→トーマ・リヒャルト・シュバルツ
  4. 今日からマ王!番外編の登場人物。→リヒャルト・デューター
  5. 少女小説「身代わり伯爵」の登場人物。→リヒャルト・ラドフォード


概要

CV:折笠愛

誕生太陽暦431年生まれ
年齢17歳
出身リンドブルム傭兵旅団

リンドブルム傭兵旅団ヴィルヘルム支隊隊員。
ヴィルヘルム隊の突撃隊長で、「剣王」と称される凄腕の剣士である。
ヴィルヘルム支隊副長であるミューラーを心酔している。
どこか気の抜けた口調と温和そうな見た目に反して、攻撃・技術・命中・回避・速さが極めて高くで、「剣王」の名に恥じぬ性能をしている。
固有紋章はつばめの紋章(20%の確率で即死、即死しなかった場合は2倍ダメージ)。
協力攻撃パートナーは、ハヅキ(剣聖) ニック、ロイ(美少年)。


リムスレーアの闘神祭に参加した(ミューラーが冗談で出てみろと言ったため)が、1回戦で睡眠薬を盛られて敗退している。闘神祭初日終了後、医務室に寝てる姿が確認できる。不正を暴くイベント後、もう一度、医務室に行くとリヒャルトとミューラーの面白い会話が聞ける。この時に二人に会っていると、後で会った時の会話が少し変わる。
闘神祭の後は、ミューラーから「滝に打たれて修行して来い」と言われたため滝つぼにいるが、「冷たいのは嫌」という理由で滝の水に打たれる修行はしない。

仲間になる方法は、ヴィルヘルムとミューラーを仲間にした後 、滝つぼの奥に行きリヒャルトに話しかける。 黙っていてくれと言われるが本拠地の宿屋の客間にいるミューラーに話しかけ、また滝つぼにいってリヒャルトに話しかける。
仲間加入時のレベルは主人公+10


お喋りであるが、なぜミューラーにべったりなのか、どういういきさつがあったのかだけは語ろうとしない。
リヒャルトを戦死させることによってミューラーとの過去が明らかになる。

幼少時に剣の達人で異常者だった父に、剣の訓練と偽って虐待を受けていた。
ある時、行き掛かりの喧嘩でミューラーが父を殺害したのを機に、異常なまでにミューラーに懐くようになった。

関連イラスト

リヒャルト
リヒャルト


剣の王子さま
リヒャルト


関連タグ

幻想水滸伝5 幻想水滸伝V
剣王 剣士 突撃隊長 ミューラー
リチャード Richard

pixivに投稿された作品 pixivで「リヒャルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 140788

コメント