ピクシブ百科事典

レイド

れいど

『魔法陣グルグル』のキャラクター。
目次[非表示]

曖昧さ回避

オンラインゲームにおける特殊戦闘。⇒レイドバトル

概要

CV:鳥海勝美(1作目)/久保田恵(2作目)/岡本信彦(3作目)

グルグル暦1298年7月20日生まれのA型
自称「魔界のプリンス」。高名な魔族の御曹司で、魔王軍のなかでも高い地位にいるらしい。
カヤからは「坊ちゃま」と呼ばれており、実力はさておき立場は彼の方が上のようだ。

勇者達の前に何度となく立ちはだかるが、どこか間抜けで憎めない敵役である。
ククリの事を「ピンクボム」、ニケの事を「ラッキースター」と呼んでいる。
「ピンクボム」とは、ピンクは女の子だからでボムはグルグルの威力を爆弾に例えたらしく、「ラッキースター」はその爆弾を手に入れた幸運の星という意味らしい。

息をするようにキザな台詞や臭いポエムを吐くため、ギップルとは非常に相性が悪い。

最初はニケククリを始末しようとしていたが、やがてククリに恋心を抱き、彼女を魔族に引き入れるため、しばしばニケ達の前に現れる。

強力な魔力の持ち主だが、使ってる魔法がかっこわるいものばかりで三枚目くさい。魔法以外にも魔学にも精通しており、あらゆる魔法道具を自作している。その一面から魔技師であるトマから一方的にライバル視されるも、本人は全く意に介していない。それどころか「ただの民間人の工夫」「夏休みの工作」と馬鹿にしたこともある。

重度のナルシストで大物ぶって格好つけてる割にはヘタレの臆病者であり、部下からも若干呆れられている。その辺りが災いしてか、同じく宿敵ポジションのカヤに比べていまいち真面目なイベントに恵まれない。原作における最後の出番が「登場に失敗してパンツ一丁で魔物に追いかけられて逃走」だったのは現在でも語り草となっている。

一方でアニメ第1作目(アニメオリジナルストーリー)の最後の出番は、第44話(最終回手前)でククリを賭けて光魔法キラキラを持つニケに闇魔法で生み出した剣で一対一の決闘を繰り広げるというライバルに相応しい見せ場が用意されていた。ちなみに勝負の結末は、レイドが劣勢になり追い詰められるも油断したニケの隙をついて形勢逆転、勝つ寸前まで追い詰めたもののククリがニケを庇う形で割って入ったので、レイドが武器を捨てて降参するという流れになった。


アニメ第3作目(2017年版)においても、23話(こちらも最終回手前)にてギリの城でククリを賭けた決闘をニケと繰り広げており、所々に第1作目のオマージュと思われる場面が見受けられる。火の剣と地の剣を駆使するニケをこれまで作中で披露した闇魔法を総動員して互角の勝負を展開するが最後の切り札である「闇の剣」(キラキラの闇魔法版といえる剣)で決着をつけようとするが、ニケ尻から火の剣を使うという奇策の前に敗北する。その後のカヤ戦でのやりとりでニケとククリの絆の強さを見せつけられ、何かを悟ってククリ魔王ギリの居場所を教える。その直後、ククリから「お友達になりましょう。」と言われて、それを受け入れて和解する。そして、ニケククリを絶対に守れと言い残して、ニケ達と別れる。(その際、初めてククリを本名で呼んだ。)

その後、ククリ達の前では気丈に振舞っていたが決闘にも恋にも敗れて心身共にボロボロになっており、カヤから「よく我慢なされましたな」と称賛の言葉を貰うとその場で泣き崩したのだった。

【グルアニ3期】感想落書き【第23章】





魔法陣グルグル2』でも再び登場。こちらは原作の内容に準じている(すなわち、前述の和解はしていない)ので相変わらず面倒くさい悪役(というか半ばククリストーカー)として現れるも、デキルコに惚れられて以来追いかけ回されている。


関連タグ

魔法陣グルグル 魔王ギリ
カヤ タテジワネズミ
ククリ ニケ キタキタおやじ トマ ギップル
レイクク

グラジオ:アニメ版では中の人が同じ。キザな中二病キャラという点が共通。

pixivに投稿された作品 pixivで「レイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 212857

コメント