ピクシブ百科事典

レオ・シルバ

れおしるば

レオ・シルバとは鹿島アントラーズに所属するサッカー選手である。ポジションはMF。
目次[非表示]

プロフィール

本名ウーゴ・レオナルド・シウヴァ・セレージョ
国籍ブラジル
出身地サンルイス
身長181cm
体重76kg
ポジションMF
所属クラブクルセイド-イパチンガ-ボタフォゴ-グアラチンゲタ-ポルトゥゲーザ-アルビレックス新潟-鹿島アントラーズ
通算成績(ブラジル)130試合5得点
通算成績(日本)122試合16得点

概要

豊富な運動量とボール奪取能力、そして高い展開力が彼の持ち味である
2013年から2016年まで所属していたアルビレックス新潟ではチームの心臓として活躍しプレー内外の礼儀正しさでファン、地域、新潟にとって無くてはならない存在となっていく。
...もっともチームは彼に頼り過ぎたのだけれども。

ハッピーターン

そんな彼の大好物は亀田製菓ハッピーターンである。
そのハッピーターン愛はチームの垣根を超え彼がTV番組で亀田製菓の工場見学へ行った際は他チームのファンまでもが美味しそうに出来立てのハッピーターンに頬張る彼を見るのだから...

アルビレックス新潟時代

レオ・シルバ選手が日本にやって来たのは2013年、この年加入するやいなやその瞬く間にチームに欠かせない存在となりアルビレックス新潟から「降格」の二文字を取り払う。
実際2013年彼やFWも含めた全ての選手が前線から強烈なプレスを掛け続け、相手DFからボール奪取することをいとわずにダッシュとチェイスを繰り返す、戦術名「レオ・シルバ」で前年度の15位から7位に躍進し翌年も彼の八面六臂の活躍により12位で中位に滑り込む事に成功する。
そんな戦術レオ・シルバで残留していたチームは2015年、彼の病気帰国で窮地に立たされることになる。なんせ誰も彼の穴を埋められない、空いたスペースの対応が1歩どころか3歩も4歩も遅れる、J1どころかJ2以下のチームとして敗戦を重ね、彼の後継者である小泉慶選手がそれに見合った動きができるまでのたうちまわる事になる。
その翌年はさらにひどくチームが慣れないポゼッションを主戦術に据えた結果いらん場面でもやたらめったら彼にパスしたせいで攻撃が遅れ得点力は落ち、彼への対応策が浸透したこともありチームは最低残留勝ち点記録を大きく更新する勝ち点30での残留となる。
まあチームに彼以上にミスをせずボールをキープしチャンスにつなげる能力に長けた選手は無いからこそ起こってしまった依存症ではあるけど。
そして、運命の2016年12月30日。Jリーグを代表するボランチ、レオ・シルバは「タイトル獲得」という自身の夢のために鹿島アントラーズへと旅立つ。

関連タグ

アルビレックス新潟 鹿島アントラーズ ボランチ ハッピーターン

pixivに投稿された作品 pixivで「レオ・シルバ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12

コメント