ピクシブ百科事典

ローランド・ラファ・ホルファート

ろーらんどらふぁほるふぁーと

ローランド・ラファ・ホルファートとは、小説『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

ホルファート王国国王でユリウスの父。
ゲーム1作目では主人公リビアにとって物分かりの良い舅のポジションで、彼女の窮地に現れる謎の人物「仮面の騎士」の正体。一国の王であるがその実像は若い子好きのエロ親父である。

人物

国王ではあるが、王の座を叔父に押し付けられる形で即位させられて、「自由がない罰ゲームみたいな椅子が欲しい奴らの気が知れない」と考えており王位を嫌っている。王妃であるミレーヌとの仲は政略結婚である為、結婚を「人生の墓場」と言い切るほどに冷めており、あくまでも有能な人材として彼女に国政を任せている。反面、国王としての見せ場を欲しており、ファンオース公国戦でリオンを総司令官に任命する際に目立とうと計画するも、リオンの方が目立つような返しをして失敗し、その所為で彼を嫌っているが、その一方で実力は認めており、国王の権威を使った強引な出世と、国家運営の仕事を押し付けるやり方で嫌がらせを行い続けた。
普段からおちゃらけた言動が多く、臣下からの人望は皆無に近い。
ミレーヌが100点の才能なら普段の彼は70点位の凡王だが、数々の有能な人物を使う才能や他人の性格を見抜く能力、そしてそれを思惑通りに利用する奸計に長けていて、王家の危機に直面した際とリオンへの復讐という点でその才を発揮している。但し、その方法は騎士道の概念からはかけ離れており、国内の不穏分子や敵国の侵攻など、国王として対処しなければいけない重責をリオンに丸投げした形で解決する。
王妃や貴族たちが忙しく働いている時に愛人達と遊ぶ事情が多く、(主にリオンによって)危機的状況にならないと自ら働かない為、王国関係者を怒らせていた。

人間関係

正妻であるミレーヌの他に、好みの女性を見つける度に声を掛けて落としているためか、多数の側室がいる。その結果、嫉妬し合う側室たちに刺されてしまう事もあるほど。
リビアのような若い女性がストライクゾーン。ゲームにおいて彼女の窮地に登場するのもそういう部分があるらしく、パーティを抜け出してリオンを探そうとしたら迷子になったリビアに甘い声を掛けて、そのままベッドに連れ込もうとした現場をミレーヌに見られてしまい未遂に終わる(この時、 リオンはゲームでの彼がリビアの味方だった理由を悟り、辟易している )。
それ故か王家の船の絆採点では政略結婚時でも40点以下で公国戦の時は25点だった。
この女性の好みもあって、クーデター騒動の際には「淑女の森」の刺客として自分に近づいたメルセのハニートラップにも引っ掛からず逆に利用して欺き、まんまと掌で転がした末に反乱分子そのものを破滅に追いやっている。
この様にひん曲がった人となりだがローランドなりの情愛と気遣いは持ち合わせており、ミレーヌに対しては上述の通り絆採点の点数こそ低いが全く情が無いと言う訳でも無く、離縁が決まった時には彼なりの気遣いを見せており、別に悪人というわけでは無い。
最終的にリオンに全てを押し付けたのも彼への嫌がらせであると同時に、「自分が直接やるよりはリオンがやった方が上手くいく」という事実を理解しているが為であり、ある意味、自分という人間をよく解っている男である

関連タグ

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です













ネタバレ注意




















web版ではリオンの本当の実力が判明した後、ミレーヌ王妃がエリカをリオンの嫁に出した時は駄々をこねたが、王妃に解決策を聞かれたら王妃以上の策はないとすぐに諦めた事で王妃に呆れられた。
神聖魔法帝国戦前から王位を明け渡す準備を整えており、リオンを新しい王に立てようとするアンジェの行動は願ったり叶ったりだった。
王位をリオンに渡した後はクレアーレと個別に交渉して鎧をもらい仮面の騎士として戦場に向かった。
退位後はローランドを本気で思う側室や愛人たち数人と田舎に引きこもった。この時に、同時に退位したミレーヌから離れたいため一方的に離縁しリオンの元へ送り出すが、彼女は自分よりもリオンと共に居る方が良いこととリオンの女性関係に一石を投じて一泡吹かせられると考えての行動である。
要領の良さとそこそこの頭脳と引き換えに、リオンから良心と不器用さを取り除いたような性格だが、他人を助け続けて苦労したリオンと違って、ローランドは自分の為に要領よくずる賢く生きる事でリオンが望んだ理想の生活をほぼ手に入れたといえ、知り合いの宮廷医からは本人を前にこんなのが王だったことが恐ろしいと言わしめる。

関連記事

親記事

ホルファート王国 ほるふぁーとおうこく

兄弟記事

コメント