ピクシブ百科事典

エリカ・ラファ・ホルファート

えりからふぁほるふぁーと

エリカ・ラファ・ホルファートとは、小説『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』の登場人物である。

概要

ホルファート王国王女殿下。ゲーム3作目の悪役令嬢ならぬ悪役王女。
その正体は前世でのマリエの娘にしてリオンの姪が転生した存在。
前世では駄目なマリエに任せるのを良しとしない祖父母(リオンの前世両親)に引き取られ、幸いにも健全に育った。
ゲームでは猫被りの上手い悪女で、国際問題を起こして追放される役割だったが、転生者の記憶によって中身が本来とは別人に変貌していた。前世の人生を若くして途中退場した伯父や母とは違い、60歳くらいまで生きており、そうした経験の長さから思慮深く、王家の人間に相応しい品格とオーラを得ている。今世の両親であるローランドミレーヌからは溺愛されているが、兄弟のジェイクとは折り合いが悪い。

web版では基本的に異世界無干渉派で王妃である母ミレーヌの言いなりだが、エリヤの性根を入れかえる程度の影響を与えていた。アルゼル共和国で真の実力を出したリオンを取り込みたいミレーヌ王妃によってエリヤとの婚約を破棄され、リオンとの婚約をさせられる。そのことでエリヤが決闘を起こすほどの騒ぎになるが、私情よりも国家を優先する為、リオンとマリエが説得に苦労した。
前世で我慢してまともな人生を送った反動なのか、今世ではマリエに言われて行動したまではよかったが、身体の弱いミアと友達になり、その境遇に同情した事で国際問題以上の致命的ミスを犯してしまった。

関連タグ

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です

関連記事

親記事

ホルファート王国 ほるふぁーとおうこく

兄弟記事

コメント