ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

エリカ・ラファ・ホルファート

えりからふぁほるふぁーと

エリカ・ラファ・ホルファートとは、小説『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』の登場人物である。
目次 [非表示]

概要編集

ホルファート王国王女殿下。『アルトリーベ』3作目の悪役令嬢ならぬ悪役王女。

ローランド・ラファ・ホルファートミレーヌ・ラファ・ホルファートの間に生まれ、ユリウス・ラファ・ホルファートの同腹の妹に当たる。

ゲームの『本来のエリカ』は猫被りの上手い悪女で、3作目主人公のミリアリス・ルクス・エルツベルガーと敵対。3作目ラスボスであるファンオース公国公女ヘルトラウダ・セラ・ファンオースとも諍いを起こし、それによって新たな戦争への火種を撒くなど、様々な事件の元凶となる人物。

最後はそれらの国際問題を起こした責任で追放される役割だったが…。


本編における彼女の正体は、マリエ・フォウ・ラーファンの前世の娘にして、リオン・フォウ・バルトファルトの前世の姪が転生した存在


前世では、兄を酷使して死なせる事態を招く程の駄目なマリエに任せるのを良しとしない祖父母(リオン前世両親)に引き取られ、幸いにも健全に育った。

前世の人生を若くして途中退場した伯父や母とは違い、育ての親である母方祖父母の臨終を看取った後は、やや苦労しながらも60歳くらいまで平穏に生きており、リオンからは前世両親が彼女を育てる事を決めたのは正しかったと断言されている。


転生者の記憶によって中身が本来とは別人に変貌し、リオンやマリエ以上に前世での経験の長さから、思慮深く王家の人間に相応しい品格とオーラを得ている(前世と今世での時間を合せれば、70代後半の人間の精神を持っている事になる)。

その為、数々の問題行為から廃嫡された上で半ば見限られてしまった兄のユリウスと異なって、人望があり、政治的に警戒されてはいるが概ね好評価で、今世の両親であるローランドとミレーヌの双方からは溺愛されており、癖の強い兄達ともなんだかんだで良好な関係を築いている。


web版では基本的に異世界無干渉派で、王妃である母ミレーヌの言いなりであったが、エリヤの性根を良い方向に入れかえる程度の影響を与えていた。

しかし、アルゼル共和国で真の実力を出したリオンを取り込みたいミレーヌ王妃によってエリヤとの婚約を破棄され、リオンとの婚約をさせられる事になるが、その事でエリヤが決闘を起こすほどの騒ぎになってしまい、私情よりも国家を優先する為、リオンとマリエが説得に苦労している。(尤も王族である以上は個人より国を優先するのは当たり前であり、国が崩壊しかけてる状況で実力も権威も忠誠心も無いフレーザー家のエリヤとの婚約は破棄されて当然であった。ローランドとミレーヌも国を優先した政略結婚である。)

前世で我慢してまともな人生を送った反動なのか、今世ではマリエに言われて行動したまではよかったが、身体の弱いミアと友達になり、その境遇に同情した事で国際問題以上の致命的ミスを犯してしまった。ミアを助ける手段がリオン達やホルファート王国にとっては最悪の手段でもあった。ただ性格が良いだけでは政治家としては無能であり、本来のエリカがやらかす国際問題を起こすゲームの修正力には抗えなかった所か、戦争というより最悪な形となった。

どう動いても解決手段がない以上、状況悪化しないよう静観せざる得なかったのかもしれない。


関連タグ編集

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 転生者











ネタバレ余談編集

別に悪人でも敵役でも無いのだが、国際問題所か、結果的に旧人類vs新人類の代理戦争を引き起こしたにもかかわらず、婚約者のエリヤ共々大した苦労もせずに幸せになった事もあってか、web版の読者からの評価は極めて悪い(ミアは自害する覚悟だったが、リオンとエリヤによって戦争終結まで眠らされ阻止された)。ゲーム知識を元に行動するも、友達の命を救う為にアルカディアが帝国の手に渡り、戦争が勃発する原因となってしまった(リオンに知られるとミアがリオンとルクシオンに消される可能性もあったので黙っていた)。戦争終結後のラストでリオンに3作目以降のアルトリーベ作品の存在を伝えるも、結果的にこの行動でリオンが世界の破滅を阻止する為に結婚したアンジェ・リビア・ノエル達とその間に出来た子供達や妻達と過ごす時間を減少させるオチになった事で、マリエやレリアと同じ「傍迷惑なやらかし」枠と見られている。またマリエやレリアは作中でも明確にやらかした悪意のあった人間として描かれてある程度断罪されたのに対して転生エリカは常識人としか描かれておらず、作中人物と読者の認識の乖離も評価が悪い原因である。

転生兄リオンに多大な迷惑をかけるという意味で転生娘エリカはやはり転生妹マリエの娘なのかもしれない。


本当に主人公に対して悪気はないが、結果的にお人好しな主人公が不幸になったweb版と書籍版で物語が分岐した要因がweb版での評判の悪さとも言われている。

表向き処刑されたはずのミアがリオンの浮島で軟禁されてもルクシオンとクレアーレの発明により生き残りに成功した事で結局戦争で亡くなった犠牲者が余計な犠牲で終わり、マリエのように汚名返上の機会を与えられなかったのもよくなかったのだろう。

関連記事

親記事

ホルファート王国 ほるふぁーとおうこく

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました