2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

赤い服と帽子を着た妖精
マリオ達をサポートする世話好きな性格である。
初登場は『マリオとワリオ』。
『マリオとワリオ』では、ワリオによって被り物をかぶらされたマリオ達を導くため、マリオに杖を叩いて方向転換させたり、邪魔する敵キャラを倒してサポートする。
その為、『マリオとワリオ』の真の主人公である。
スマブラSPにてスピリッツとして登場したことがある。

漫画版

スーパーマリオくんでのワンダ

『マリオとワリオ編』と『ワリオの森編』に登場。
『マリオとワリオ編』では、ワンダはクッパに潰され同化してしまったため、 ワンダとしての出番は少なかった。
ワリオとの最終決戦においてクッパの地元の空気で
分離して元の姿に戻り、!ブロックからできた「ブロックバスター」でマリオの勝利に 貢献した。
『ワリオの森編』にも登場し爆弾を出す力「ボムパワー」でマリオ達をサポートした。
基本的に生真面目だが、『ワリオの森編』でのワリオとの最終決戦で「ボケ役がいない」という 理由で、わざとボケる面もみせるというオチャメな一面も持っている。
『スーパーマリオ64編』7周年記念の回にもちょっとだけ登場。
こちらもマリオ達をサポートする活躍をみせた。

本山一城版スーパーマリオでのワンダ

『マリオとワリオ』では、マリオたちと初対面した時にはマリオは「美少女」、ピーチ姫は「美少年」と言い争っていたが、実質的には女性の妖精である。『スーパーマリオくん』よりも出番が多く、ブロックを出現させるだけではなく、ワンダパワーでファイアフラワーを出現させたり、凶暴なヨッシーザウルスに食われそうになるピーチ姫の鼻をマリオやルイージの同一の鼻に変える魔法を使ってマリオたちのピンチを切り抜けたり、ピーチ姫と一緒にワリオを攻撃する一面も見せた。

『スーパーマリオ ワリオの森』にも登場。こちらでは平和の森に住む未熟者の妖精として登場し、人間と同じ位の大きさになれる薬を作っていたが、間違って爆弾の薬を作ってしまう。
マリオを「憧れの美少年」として慕っていたが、小さいためマリオに気づかれず踏みつぶされてしまった(その際に大股開きでパンモロを晒している。白パンツと思われるが構図が残念過ぎて全然エロくない)。
「スーパーマリオくん」の『ワリオの森編』よりもボケた一面もあり、関西弁も披露している。ガガンボ扱いにされるとキレていた。少年時代のマリオと出会ってマリオに一目ぼれしたが、ピーチ姫との言い争いで敗北したものの、マリオと共にワリオに拉致されたピーチ姫の救助し、ワリオを撃破。数十年後、モンスターたちの封印が解かれ、再びマリオ達と共にワリオに挑む。デビルイージとの最終決戦の最中で念願の「大きくなれる薬」で巨大化し、デビルイージを圧倒するも、ワリオによって妖精名鑑で動けなくなってしまうが、一滴の涙でマリオをデビルイージとほぼ同じに巨大化させている。

関連イラスト

妖精のワンダ
森の妖精



関連タグ

マリオシリーズ スーパーマリオ 妖精 ワリオ
マリオとワリオ ワリオの森

フェアリン ようせい姫:マリオシリーズに於ける妖精キャラ繋がり。

関連記事

親記事

マリオとワリオ まりおとわりお

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ワンダ(マリオシリーズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15203

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました