ピクシブ百科事典

一総

かずそう

アニメ『蒼穹のファフナー』の真壁一騎×皆城総士のカップリング。
目次[非表示]

概要

アニメ『蒼穹のファフナー』の真壁一騎×皆城総士のカップリング。
同じ島で生まれ育ち、物心がつく前からそばにいた幼馴染にして親友。アニメ2期公式サイトでは「絶対的な信頼」と説明されている他、公式で「ピュアラブ」と言及されたこともある。


『 飛べるさ、俺とお前なら。そうだろ 』




1期

幼い頃に起きた事件で二人は中学まで互いの気持ちがすれ違ったままだった。
「あいつが見ているものを俺も見たい」という思いが芽生え、一騎は島を出ることを決めた。しかしそこで総士の言っていたこと見ていたものを目の当たりにし、彼の過去を見ることで一騎は総士のことを真の意味で理解することが出来た。また、総士に代わって一騎を迎えに行った真矢と溝口の会話では「本当に来て欲しい人は私じゃない」という切ない台詞もある。
和解後には、風呂場ではしゃいだり祭りにも一緒に行ったりと年相応な面が見られるようになった。

物語後半、敵の側へと攫われた総士を救出する一騎だったが、「いつか必ず帰る。お前のいる場所に」と最後の言葉を告げ、やがて結晶と化して砕け散ってしまう。一騎の涙と悲痛な叫びが空に響き渡った。


ドラマCD

ドラマCDも本編に沿ったシリアスなものになっており、総士を神様だと思っていることが分かる台詞や、総士を失った絶望感と自分の身体に迫る負荷とで焦燥に駆られ父親に怒りをぶつけてしまうシーンがあった。


HEAVEN AND EARTH(劇場版)

1期から約2年後の物語となっている。一騎はこの間まで無意識下に総士とクロッシング状態にあったとされる。クロッシングの中で総士(精神体)は「お前のいる場所へ帰る、必ず」と背後から抱きしめ、それに対し一騎は「待っている、俺はずっと」と答えた。敵が襲来したのを総士が帰ってきたと思った一騎は再び機体に乗りいち早く出撃したものの、彼ではなくフェストゥムだったことに怒りを顕にする。
交渉相手である来主操との戦いと交渉を終え島の平和を取り戻し、さらに同化現象により失っていた視力をも取り戻した一騎の瞳に映ったのは約束を果たした皆城総士だった。総士は自分の帰る場所である島を守ってくれたことに感謝し、また一騎も再び瞳に映し出すことが出来た総士の姿に涙し、固く手を取り合った。

劇場版のイメージソングであるangelaの『FORTUNES』は総士を失った時期の一騎の心情を歌ったものになっている。また、主題歌である同じくangelaの『蒼穹』は総士が語りかけるような歌詞になっており、前者のブラッシュアップ版だと語られた。

また公式ビジュアルでは、総士にしがみつく一騎と、それを受け止める総士のイラストが描かれている。また別のイラストでは目を閉じている総士の肩を穏やかな表情で抱く一騎が描かれた。





その他コンテンツ等

スーパーロボット大戦UX

様々な作品とクロスオーバーしながら1期~劇場版までの物語が忠実に描かれている。
終盤では二人の女子にアプローチを受けるも、意図に気付かずに総士も誘い出してしまう恋愛に疎い一騎が見られる。



また本編の総士との和解後、すれ違いの反動からか過剰な程に総士に信頼を寄せる一騎の行動や言動があったことから、この頃の一騎の総士への依存ぶりをファンから「総士病」などと揶揄されることもあった。





関連イラスト

春コミの新刊になったらいいな
かずそう



関連タグ

蒼穹のファフナー 真壁一騎 皆城総士 蒼穹のファフナーのグループ・カップリング一覧

関連記事

親記事

蒼穹のファフナーのグループ・カップリング一覧 そうきゅうのふぁふなーのぐるーぷかっぷりんぐいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「一総」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2817033

コメント