ピクシブ百科事典

織芹

おりせり

アニメ『蒼穹のファフナーEXODUS』の皆城織姫×立上芹のGLカップリング。
目次[非表示]

アニメ蒼穹のファフナーに登場するキャラクター皆城織姫立上芹カップリングである。
織姫のほうが14歳年下だが、彼女は生まれてから約5年後に成長した姿で目覚めたため、実年齢ほど外見年齢に差はない。

作中でのかかわり

芹はアニメ1期(無印)で竜宮島のコアにして島の女神に等しい少女・皆城乙姫と友達になり、花のように短い命の最期を見届けた。そして劇場版では彼女の生まれ変わりである2代目コアの負担を軽減するために、命の危険を承知でコアの機能の代替者となるなど、島のコアと深い関係を持っていた。戦闘時も「乙姫(つばき)ちゃんの島を」と叫ぶなど、その様子は一部のファンから「ツバキチ」と称されるほどであった。

2期EXODUSにおいて18歳の芹は、家業の巫女や幼馴染の手伝いをする傍ら、島のコアを守るために特殊医療を学び研究に励んでいた。目覚めたコアは乙姫と同じ姿でありながら、彼女とは異なり芹を呼び捨てにする上に厳しい物言いが多く、芹や周囲を困惑させていた。だが、一方で芹に(目覚めた直後で上手く歩けないために)抱っこしてと命令し、彼女の首に腕を絡めて「やっと会えた」と愛しそうに(公式ブックレットの記述)優しい声でそっと芹につぶやいたり、名付け親に芹を指名して「(七夕に目覚めたから織姫だなんて)単純な人」と言いながらも満更でもない様子だったりと、いわゆるツンデレであった。

織姫が立上家にて、ご飯もお風呂も時にはベッドも芹と共にしていた日々も束の間、芹が新同化現象に悩まされ、日常生活を満足に送れなくなった際には、「島を生き残らせるためよ」などと言いながら、同化を抑えるためにあーんしたり外出中にずっと手を繋いだままだったりと、織姫の優しさが見られた。

EXODUS最終話において

最終話において、織姫は島民に竜宮島からの脱出を指示し、島に命を返すことを決意。プランデルタが発令された瞬間、芹は「織姫ちゃん?!」と叫び、指揮官の制止も聞かずに、未来を知る織姫の以前の言いつけにも背いて、輸送機で移動する距離にあった竜宮島まで走って行った。そして単身織姫を傷つけたアルタイルに攻撃したものの、反撃されて瀕死に陥る。何をしているのと織姫に問いただされた芹は、「織姫ちゃんいつも一人で泣いてた」「私が織姫ちゃんを守るよ」と答え、「やだよ、芹ちゃんは生きてよ」と今まで決して涙を見せないようにしていた織姫を号泣させた。視聴者も号泣した。
芹は島で次のコアやアルタイルと共に眠る存在となり、海中に没した竜宮島で目覚めの時を待っている。

芹は何よりも、「一人の女の子」を守ることを選んだのである。

関連イラスト

芹ちゃんと織姫ちゃんまとめ
織姫ちゃんの夏休み



関連タグ

蒼穹のファフナー 蒼穹のファフナーEXODUS 蒼穹のファフナーのグループ・カップリング一覧
立上芹 皆城織姫
人外×人間 主従 身長差 歳の差 寿命差 年下×年上 ロリおね おねロリ

pixivに投稿された作品 pixivで「織芹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66329

コメント