ピクシブ百科事典

一見さんお断り

いちげんさんおことわり

特定の商店に訪れた人に使われるフレーズ、もしくはその店に貼られる注意書き。

概要

既成概念的には京都にあるような茶屋料亭に使われるようなフレーズであり、その店と面識がある人からの紹介がなければ入店できない、という意味である。また、「一見さんお断りの商品」なるものも存在する。

「一見さんお断り」と言われて「何だ、こん畜生!」とキレる、腹を立てる人もいると思われるが、実は合理的なビジネスである。

その理由は、一見さんお断りの店は、その客を楽しませるための食事代や、芸者などの依頼料、果てには帰宅するまでの交通費までその店が立て替えているのである。請求するのはその一か月後であり、何人もの客がその店に入ると立て替えきれず破産してしまうからである。

「一見さんお断り」がネタにされた作品

さよなら絶望先生 - 糸色望が京都を下見に行った際、ある店に「一見さんお断り」と言われて「一見ではなく、百見なら…」といったネタが出ている。
・『MAIKOHAAAAAN』 - 映画。「一見さんお断りの真実」が、作中終盤で明らかにされる。

コメント