ピクシブ百科事典

三十六計逃げるに如かず

さんじゅうろっけいにげるにしかず

三十六計逃げるに如かずとは、故事の一つである。

概要

中国史の魏晋南北朝時代において編まれた兵法書である『兵法三十六計』の最後にある、「走為上(走るを上と為す)」が語源となっており、これには「逃げるのが最善の策」という意味がある。

兵法書の編者は、

勝ち目がないと判断したときは、全力をあげて撤退する。損害を最小限に抑えて戦いを回避できるのは、指揮官が判断力を失っていないからである

これ以上戦えないというときは、『降伏』か『停戦』か『撤退』かのいずれかであるが、降伏は完全な敗北であり、不利な条件での停戦も敗北に近い。しかし戦力を温存したままでの撤退は、いつでも形成挽回が可能である

と語っているという。

関連タグ

故事 名言
故事成語

pixivに投稿された作品 pixivで「三十六計逃げるに如かず」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42

コメント