ピクシブ百科事典

概要

源頼朝に属した事で知られる相模国の三浦党の党首三浦義澄の九男で、鎌倉幕府の御家人として兄の義村に従い畠山重忠の乱や和田合戦で活躍し、その後は検非違使判官として在京する。

妻はかつて2代将軍源頼家の愛妾であった経歴があり、男子の禅暁を産んでいたが公暁による源実朝暗殺事件に連座して禅暁が北条氏の意向で殺害された事もあってか反北条氏の立ち位置にあり、在京している際に後鳥羽上皇による鎌倉幕府打倒の計画に加わり承久の乱にて朝廷側の主力武将として活動した。

胤義は幕府の有力御家人である兄の義村を朝廷側に抱き込もうとしたが失敗に終わり、京都で義村の軍勢に攻められる中自害した。

関連タグ

鎌倉時代 鎌倉幕府
武士

関連記事

親記事

鎌倉時代 かまくらじだい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「三浦胤義」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2

コメント