ピクシブ百科事典

上田次郎

うえだじろう

上田次郎とは、ドラマ『TRICK』の登場人物である。
目次[非表示]

演:阿部寛

ばんなそかな

概要

日本科学技術大学で物理学を教える大学教授。自称IQ240。
座右の銘は「なぜベストを尽くさないのか

事件の依頼が来るとすぐに山田奈緒子に頼り、一緒に調査しに行こうと誘う。
断られても金や食べ物で釣ったりして断れない状況に追い込む。
こうして彼の粘り強い交渉(?)の末、奈緒子は事件に巻き込まれていく。

人物像

  • 通信教育で空手や柔道等の体術を会得しており、かなり腕が立つ。しかしかなりの臆病者で不可思議な現象に遭遇するとすぐに失神する。
  • 奈緒子のことは「山田」「YOU」と呼んでいる。また、見栄を張る時には「○番助手」(○に当てはまる数字はだんだん増え、現在は3776(富士山かby山田)番)、他にも「奉公人」「付き人(世話人)」 「ストーカー」と呼ぶ事もある。だが彼女の母・里見の前では「奈緒子さん」と一転する。
  • 超常現象などのオカルトを否定しているが、頭が固いせいか自称霊能力者が見せる手の混んだトリックはおろか、山田の行うちょっとした奇術の類でもすぐに騙される。依頼でオカルトの原因究明を頼まれるもそのトリックを見抜けず、困った挙げ句に山田を引っ張り出して事件に巻き込むのが毎度お約束の展開となっている。
  • オカルト絡みの問題には疎いものの、物理学者だけあって数学的な問題やパズル的要素の強い謎解きにはめっぽう強い。その手の内容であれば山田が答えに窮するような謎や難解な計算も瞬時に解くことができる。
  • 「先祖は天狗」「かつてタイムスリップして平賀源内にエレキテルを教えた」「カール・ルイスに陸上を教えていた」などなど、虚言・妄言と取れるようなことをよく自称する。レパートリーが非常に多い上に本当のこと(空手を習っていたことや謎解きの解説)を交えて語るので、本気で言っているのかジョークのつもりなのかはイマイチわからない。
  • 「なぜベストを尽くさないのか」と自分に言い聞かせると、超人的な力を発揮する。一度叫べば素手で縄を引きちぎり、服が破れて吹き飛ぶ。人呼んでベストマン
  • 黒門島絡みで奈緒子が離れていった時、危険を顧みず単身助けに行くなど、彼女に対して特別な感情を抱いている節もある。劇場版で危機的状況の際、奈緒子に何かを伝えようとしたりと時にはそれらしい態度を取るが、本心は定かではない。
  • ちなみに相当ご立派なモノをぶら下げている。不意にスイッチがONになると「ズボンに棍棒を隠し持っている」と言われるほどの大きさゆえに女性にドン引きされることも多く、コンプレックスにしている。なお、同性が見た場合も戦意喪失するほどサイズであり、その御蔭で窮地を脱する場面も何度かある。


関連タグ

TRICK 山田奈緒子
上田と山田 なぜベストを尽くさないのか

関連記事

親記事

TRICK とりっく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「上田次郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 587413

コメント